FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

書籍構成案 改訂頁

   能海寛と宇内一統宗教
 -明治の仏教グローカリズム-

前言(今枝) ▽伍
序論 能海寛の風景と思想 ▲㭭

第1章 能海寛の風景-山陰からチベットへ- ●肆拾伍
 1-1 仏教と欧米知識人
 1-2 能海寛と『世界に於ける仏教徒』 
 1-3 仏教 vs.キリスト教-明治京都の宗教対立
      (山田)▽㭭 
 1-4 チベット仏教憧憬-白い金色の浄土

第2章 能海寛の思想-『世界に於ける仏教徒』を読む ●㭭拾
 2-1 『世界に於ける仏教徒』口語訳
 2-2 『世界に於ける仏教徒』批評-新仏教構想と破耶論 
 2-3 明治維新と能海寛-廃仏毀釈から国粋仏教へ

第3章 仏教グローカリズムの諸相
 3-1 浄土真宗、近江から因伯へ-尾崎家仏間と安楽寺 ▲(真田)捌
 3-2 大雲院宝塔厨子と徳川将軍家墓所 ●(岡﨑+)拾弐
 3-3 天台宗安楽律のヘチマ加持     
      -比叡山律院から喜見山摩尼寺へ ▽陸
 3-4 仏ほっとけ-寅さんの墓参り ▽(中山)陸
 3-5 葬式仏教の経験(山口) ▽陸
 3-6 居住地の形成と宗教―マレーシア移民社会の事例
      (張)▽陸
 3-7 「起業家のバイブル」としての英訳経典
      -未来志向の生き方をめぐって (磯野)▽伍
 3-8 仏教と宇宙観-物理学の立場から
      (足利)▽陸
 3-9 業・回向・菩薩・無我・輪廻 (今枝)陸
      
跋文-奇跡の雪山 ●拾伍  
(付録-明治26年刊『世界に於ける仏教徒』原文転載 (●肆拾)

果たして神聖の結果や如何に?

[書籍構成案 改訂頁]の続きを読む
  1. 2020/05/15(金) 02:04:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

修士論文アブストラクト

Comparative study on the stupas of the Middle esoteric Buddhism and Tibetan Buddhism
-Basic consideration about their structure and placement -
                                    OKAZAKI Kohei

 Abstract  Esoteric Buddhism is the final form of Mahayana which was concurrently established with the rise of Hinduism in India. It developed and divided into three stages; early, middle and late, and spread to the neighboring countries. The Shin-gon sect founded by Kukai in the early 9th century inherited the middle-aged Esoteric Buddhism that had been introduced from India to China in 7th century and matured in China through 8th century. On the other hand, Tibetan and Bhutanese Buddhism, which is the object of our recent investigation, is a metamorphosis of the late-aged Esoteric Buddhism established in India at 7th century and preached there after the late 8th century. It is generally considered to hardly have the relation with Middle Esoteric Buddhism in Japan. This report aims at comparing Japanese stupas(〝Hoto〟and〝Tahoto〟) as the symbol of Esoteric Buddhism with the Tibetan Buddhism heritages never noticed before, and trying to close up the relativity of their history and characteristics. According to the chapter of Treasure Pagoda(〝Hoto〟) in the Lotus Sutra, the original meaning of Treasure Pagoda is "the beautiful great Tower where Prabhutaratna lives", and there was no strict distinction between〝Hoto〟(one-storied stupa) and〝Tahoto〟(two- storied stupa). In Japanese Esoteric Buddhism after 9th century, 〝Hoto〟is not the pagoda for Buddha's ashes, but the pagoda for enshrining the images of Vairocana, Prabhutaratna and so on. The Tibetan stupa is also not for Buddha's ashes, but a kind of〝Hoto〟where various deities are worshiped. In the case of Japan, such〝Hoto〟as the buildings only have remained after the Momoyama period(16 th century). Besides〝Tahoto〟 as the buildings only after the Kamakura period(12 th century).
 Hence it is not possible to know the ancient appearance before and after the Esoteric Buddhism transmission. However, there are still some miniatures of 〝Hoto〟on the palm of the Vaisravana images before and through Heian period(9-12 th century). The oldest example is the one with Vaisravana image in the Golden Hall of Horyu-ji Buddhist monasteries dating back to the Mid 7th century. The five metal pinnacles on the roof make us remind of Mahabodi great pagoda(5th or 6th century) in Buttagaya where Sakyamuni had enlightened. Small stupa with Vaisravana images after 9th century is certainly a〝Hoto〟type. But a lot of them have bulging walls and present the shape of the urn (Buddha's bones container). It might be presumed to have gradually gotten the architectural details. By the way, ancient India's Vaisravana did not have a pagoda on their palm. When Mahayana was preached on the way from India to China, it is supposed that stupa was placed on his palm around the Kingdom of Khotan. And such figures were drawn in the mural paintings of some Grottoes during the period of Northern and Southern Dynasties. According to Chinese literature in 7th century, there is Buddha’s ashes inside the stupa on the palm of Vaisravana . So, it could be understood that stupa with Vaisravana was the pagoda for Buddha's ashes. And author can not but agree to the idea that as the〝Hoto〟with Vaisravana in the Heian period is Buddha's bones container, it was similar to the shape of the urn, but the total figure presenting the shape of 〝Hoto〟shuoud be considered to have received the influence from esoteric Buddhism.
 In the case of Japan, 〝Hoto〟is the dome-shaped one story pagoda set up on the low foundation, and〝Tahoto〟is the two-story pagoda attaching the pent roof to the wall of〝Hoto〟. On the other hand, Tibetan stupa is two-storied brick-masonry building of “Upper-round / Lower- square”, in which the lower terrace are piled high like the ordination platform, and upper stupa is built up on the lower terraces. The structural principle of both Japan and Tibet is different at all. Paying attention to the structural principle, Japanese“Hokyoin-to”, which is the translated term of the pagoda for Guhyadhatu-karandamudra dharani-sutra and is the small stone-built pagoda imitating the stupas of King Asoka, resembles the Tibetan stupa. “Hokyoin-to” is an extremely minor entity in the academia of Japanese architectural history. However, as there are not a little common points between it and ancient Chinese and Tibetan stupas, author recognizes it as the architectural heritage that should be re-evaluated from Asian perspective.
 Finally, Author re-considers the time when the Middle esoteric Buddhism was introduced to Japan. As the climax of it in China was the 8th century, envoy monks to the Tang Dynasty would have heard the information of it before Kukai. Such knowledge, of course, should have been given to Japan during the Nara period (8th century), it is possible the great Buddha image built in the Golden hall of Todaiji-monasteries as the head of Avatamska denomination received the proper influence from its information. It is estimated from the fact that the principal image of both Avatamska and Shin-gon sect is Vairocana. Zuto-site located at the place about 1km south from South gate of Todai-ji precinct could be reconstructed to such large stupa as three-dimensional mandala found in some districts in Tibet. Besides, the placement that stupa was built away in front of the precinct may have been the two-dimensional representation of the far-off distance of the vertical direction to the Pure Land.

 Keyword  Esoteric Buddhism Tibetan Stupa 〝Hoto〟〝Tahoto〟〝Hokyoin-to〟
        Three-dimensional Mandala Vaisravana

[修士論文アブストラクト]の続きを読む
  1. 2020/03/27(金) 02:11:03|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロコソラーレ対中部電力

 久しぶりにカーリング批評といきますか。
 18日は卒論の提出日ですが、じつは修士論文の発表会が10時からあり、ここ3日ばかりパワポの校正にかかりっきりになっておりましてね。その勢いで「毘沙門天」展を奈良博まで見に行き、奈良公園で外国人とすれ違うたびにコロナのこと考えたりしていました。おかげで「毘沙門天の宝塔」は宝塔ではなく、舎利塔(というか骨壺)であることを確信したりして、とても勉強になったんだけど、パワポ校正は遅々として進まず、最終段階がカーリング日本選手権女子決勝とどんぴしゃ重なった。はらはらどきどきしながらパソコンとテレビの画面を視線が往復しておりました。
 正直な感想を述べると、スキルではすでに中電がロコソラーレをうわまわっていて、下手をすれば、道銀や富士通のように、一敗地に塗れる可能性も十分あったと思います。とくにリードとセカンドのビルドアップが中電は突出している。逆に、ロコはその部分が弱点だったわけですが、小さな二人がよくくらいついていった。サードは五分として、フォースも中電に分がある。あとで藤澤さんは「前夜一睡もできず、ストーンを投げたくなかった」と吐露してましたが、ドローもテイクもさっぱり打率はあがらず、打点がつかない。対して、北澤さんのほうは相変わらずのアイスドールぶりで顔色に変化なし。
 ロコはよく勝てたな、というのが率直な感想です。2年前の今頃は国民的ヒロインであった四人娘が二度と這い上がっていけないのかもしれないと昨年は心配していたものですが、とりあえずは良かった。次のオリンピックに関しては、ロコがでるべきか、中電がでるべきか、難しいところですね。藤澤さんのメンタルが元に戻らないなら、若い分だけ中電のほうがよいかもしれません。
 それにしても、また這い上がれなかったのは道銀です。解説者によれば、レアルマドリードのようなチームだそうですが、ようやくスキップが変わって上昇気流にのるかと思いきや、このていたらくですからねぇ。吉村さん、やつれてしまいましたね。リーグ戦で中電に1-8コンシード負けした後、監督は鬼になるべきだった。リードの船山さんとフォースの吉村さんを入れ替えるべきだったんじゃないかな。それくらいの刺激がないと、上の二強に近づけないわ。

 さて、新生中電が日本の覇者となった2018年度から麻雀界にも劇的な変化がおきました。Mリーグの誕生です。藤田某という麻雀狂の会社社長さんが構想したプロ〝スポーツ〟麻雀リーグ戦であり、顧問にご老体、川淵三郎を迎えて、オリンピック競技を目指すというのだから、正直呆れております。しかし、AbemaTVの断片をYoutubeでみる限り、おもしろいね。各団体のリーグ戦はさておくとしても、業界の看板であったモンド杯などはすでに過去の遺産となりつつあるかもしれません。
 麻雀とカーリングのどきどき感は少し似ている。一打一投で状況が入れ替わり、だれが(どっちが)勝つか分からないから実力伯仲の場合、目が離せません。
 というわけで、なんとか修士論文パワポの校正を終えたのでした。




  1. 2020/02/17(月) 00:42:16|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020恭贺新年

20191111羅徳啓先生(上海)00モノクロ01


大家、新年快乐!

去年三次访问了中国,写了三篇中文论文,在中国的学会两次讲演了。
对中国茶的爱是加深的一方面。
今年打算和学生们一起访问上海的母校。现在开始快乐。

祈求各位的幸福!

令和二年元旦


20191111羅徳啓先生(上海)01料理 20191111羅徳啓先生(上海)

↑2019年11月11日(一)、在上海浦东大众机场宾馆和羅徳啓先生夫妻拍纪念照。

20191128片寄先生、浅川先生 2020賀状(寅)_01

↑2019年11月28日(四)、在蕎麦切"髙屋"和片寄俊英先生一起拍纪念照。中桥文男先生拍摄。


  1. 2020/01/01(水) 10:37:40|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

黄昏を照らす拝殿の灯-美保神社

1113 美保神社 ①
 


 11月13日(水)、民家調査の終わりになって絶妙に時間が残っていたため、諦めかけていた美保神社を訪れました。境港と島根半島を結ぶ橋を渡り、島根県に上陸。三年生の中には初島根県という人もいました。海沿いを走り、美保神社に到着、だいぶ日が暮れていましたが、参拝客は多かったです。
 美保神社は「比翼大社造」もしくは「美保造」という二殿の大社造本殿の間を「装束の間」でつないだ特殊な構造をしています。向かって右の左殿(大御前)には三穂津姫命、向かって左の右殿(二御前)には事代主神を祀っています。


1113 美保神社②


 三穂津姫命は大国主命の御后神であり、五穀豊穣や夫婦和合、安産、歌舞音曲などの守護神として祀られています。事代主神はえびすさまとしても有名です。大国主命の第一の御子神であり、海上安全、商売繁盛、歌舞音曲などの守護神です。どちらも音楽の守護神のためか、拝殿では神楽をおこなうと思われる空間が広くとられており、周囲の山が良い音響効果をもたらすそうです。実際に鳴物を好まれる御祭神に音楽の奉納もよくおこなわれています。
 私は比翼大社造を初めて見ました。拝殿も含め、とにかく社殿が大きくその存在感に圧倒されました。薄暗い黄昏を拝殿の灯があたたかく照らしており、幻想的な雰囲気でした。周囲の山なみも美しく、また明るい時間に来てみたいです。そして、なんとまだ社務所が開いており、御朱印を集めている三年生2人は無事に頂くことができました。八木部長はお守りも買われていました。時間もなかったので参拝後すぐに帰路につきましたが、美保神社を訪ねることができて良かったです。(お嬢)


1113 美保神社③

  1. 2019/11/27(水) 18:25:25|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search