Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

アウトレイジ 卑弥呼

 男どもが権力闘争にあけくれている俗世に卑弥呼があらわれ倭に和平をもたらした。魏志倭人伝のような構図が、少し前まで見え隠れしていた。

   其国本亦以男子為王 住七八十年 倭国乱相攻伐歴年 乃共立一女子為王
   名曰卑弥呼 事鬼道能惑衆 年已長大無夫婿・・・

 ところが、年すでに長大にして夫婿のいない女が徐々に馬脚をあらわす。厚い化粧をはがしてみると、その素顔は鬼道を事とし能く大衆を惑わすアウトレイジであり、倭国は再び大きく乱れ始めている。
 四面楚歌となった項羽は次に何をするか。司馬氏を主犯指名するつもりなのだろうと大方は予想し、指名された司馬氏はこれを迷惑至極だと忌み嫌っているが、もともとそういう筋書きで動いていたにちがいない。恋泉、恋池、長倭、司馬氏らは結託して、娃屁王朝を瓦解させようと企てていたのだろうと思うのである。
 しかし、このたびに限っては小細工が過ぎたようだ。排除の論理で生まれた新しい組織は花林糖よりもさらに右よりであり、保守勢力を二分しかねない状況を招いている。立憲糖と希望糖が票を分けるのではなく、花林糖と希望糖が票を奪い合う結果、むしろ左より勢力に人気が集中する可能性すら生まれている。左より集団が政権を担うことなどありえないわけだが、しかし、もりかけ騒動を追及する勢力が必要なことを国衆は分かっている。選挙の勝敗にかかわらず慎之助の余命は長くない。慎之助が権力を失ってしまえば、花林糖と希望糖は麦芽糖のようにねばねば状態になり、司馬氏の主犯指名が現実味をおびてくるだろう。そし司馬氏もまた若桜や保園や舞原のように切り捨てられていくだろう。一時期の長倭によく似ている。
 卑弥呼は決して二大政党制などをめざしていたわけではない。希望糖はタカ派の第2花林糖であり、その女王になることで花林糖をも支配し、司馬氏を経由して自らが主将になろうとしているとしか考えようがなかろう。

 ところで、北がまた長距離ロケットを発射するという情報がロシア筋から流れてきている。北米西海岸まで届く弾道弾の実験だという。国内で権力闘争している場合ではないのだ。戦争に巻き込まれることだけは絶対に回避しなければならない。本物の卑弥呼はどこにいるのだろうか。


 

  1. 2017/10/09(月) 02:49:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

渡良瀬橋

 こちら からの続きです。




↑このカバーにもひっくりかえりました・・・アイドル恐るべし!

  1. 2017/09/19(火) 02:42:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

男はつらいよ-寅さんの風景(16)

風景になる役者

 笹野高史(1948-)が若いタレントを引き連れぶらぶらする番組をみた。ロケ地はバス停の前。そこで笹野さんはしみじみ呟く。

  「バス停で思い出すのは、男はつらいよ、だよな~」

 続けておっしゃる。

  「山田監督(1931-)に言われたもんだよ。ほら、ごらんなさい。渥美さん(1928-96)
  は風景になる役者さんだ。あぁいう役者になってください、って」

 「寅さんの風景」というプロジェクトを企画したのは間違いではなかったと思う。バス停といえば、「寅次郎の告白」(1991・鳥取篇)の出会橋以上のシーンはないだろう。寅さん・女将・泉ちゃんの3人は見事な風景になっている。 


[男はつらいよ-寅さんの風景(16)]の続きを読む
  1. 2017/08/19(土) 12:39:53|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

游ゴシック

 1年生たちがいま「寅さんの風景」のパワポを必死で作っている。そのイントロを担当した大阪出身の学生はスキルが異常に高く、突出したレベルのスライドを数枚スクリーンに映し出し、わたしたちを驚かせた。しかし、学生からのちに送信されてきたパワポデータをダウンロードし自分のWindows7で開いてみると、文字列に乱れが生じてる。
 少し調べてみると、おそらくフォントに「游ゴシック」という聞いたことのないフォントを使っているからであろうと思うに至る。わたしは游ゴシックを「特殊なフォント」として捉え、「MSPゴシック」に変換してくれないか、とお願いしていたのだが、大阪出身の学生はプライドをもって以下のように返信してきた。 

  まず,游ゴシックは,MSゴシックより美しいフォントです。ただし,この点については個人差
  がありますので,いちがいには言えないでしょう。
  次に,游ゴシックの互換性についてです。Windows8.1以降に関していえば,游ゴシックは
  MSゴシックより優れています。MSゴシックは,“MS”という名の通りMicrosoftにしかあり
  ません。しかし,游ゴシックはMacでも使用できます。游ゴシックというフォントは,Windows8.1
  以降にのみ標準搭載されているフォントです。しかし,Windows7等でインストールされていない
  場合は,Microsoft社よりダウンロードすることができます。
  (こちら→ https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=49116
  したがって,游ゴシックはMSゴシックと同等以上の互換性を有していると言ってもよいでしょう。
  さらに,游ゴシックには複数のウエイトが用意されていますので,太字でも読みやすいです。
  MSゴシックで「B」を押して太字にする方法がありますが,これは擬似ボールドと言って,無理やり
  太くさせているにすぎません。ですから,字がつぶれてしまったりして,到底読みやすいとは言えません。
  スライドでは,游ゴシックやメイリオなど,専用の太字が用意されているフォントを使うべきだと考えます。
  最後に,游ゴシックは等幅フォント,MSPゴシックはプロポーショナルフォントであり,游ゴシックでは
  読みづらいという声もあるかもしれません。しかし,この点は自身でカーニングを行えば解決されます。
  面倒かもしれませんが,游ゴシックを使うことはそれ以上の見返りが得られるでしょう。

 いやはや、畏れ入りました。MS明朝、MSゴシックの時代は終わろうとしてるんですね・・・

  1. 2017/07/17(月) 14:42:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イラク戦タラレバ評

 先発メンバーと4-2-3-1の陣形および人員配置にも驚いたが、後半のベンチワークには呆然とした。
 なんのためにシリア戦で4-3-3を試したのか。守備的な作戦でいくのなら、アンカー+ボランチ(インナーハーフ)2枚のほうが安定感があり、前線の3名は左から乾-大迫-久保がベストチョイスであろう。4-2-3-1を強行したいのなら、香川・清武不在の現状においては、南野を招聘するしかないのに、その兆しもない。
 いちばんがっくりきたのは、酒井宏アウトの際にゴートクを入れたこと。ゴートク投入で引き分け狙いが敵味方に周知されてしまった。わたしなら3バックにして、乾か浅野を入れた。システムは3-6-1。吉田、昌司に加えてボランチの遠藤をレッズのポジション(CB)で使えばいい。ボランチは今野と本田。ウィングバックは長友と倉田、2シャドウは乾(浅野)と久保、1トップに大迫。この布陣ならば、まだ点をとりにいける。
 リオ五輪のアジア予選では、後半30分まで耐えに耐え、最後の15分に勝ち越す戦いを繰り返した。その立役者であった浅野、シリア戦で躍動した乾の両方を使わない。アクシデント絡みだからでは済まされない不用意な選手交替だった。
 8月末、東京でオーストラリアに勝ちきるかもしれない。そうなれば6回連続のW杯出場となるが、この、ボスニア人の監督に本戦を任せるのは如何なものか。WOWOWあたりで評論家まがいの解説でもしておいていただくのが適材適所かと?
 代表監督は日本人でいいと思います。 
 
  1. 2017/06/16(金) 04:11:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

asa

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search