Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

游ゴシック

 1年生たちがいま「寅さんの風景」のパワポを必死で作っている。そのイントロを担当した大阪出身の学生はスキルが異常に高く、突出したレベルのスライドを数枚スクリーンに映し出し、わたしたちを驚かせた。しかし、学生からのちに送信されてきたパワポデータをダウンロードし自分のWindows7で開いてみると、文字列に乱れが生じてる。
 少し調べてみると、おそらくフォントに「游ゴシック」という聞いたことのないフォントを使っているからであろうと思うに至る。わたしは游ゴシックを「特殊なフォント」として捉え、「MSPゴシック」に変換してくれないか、とお願いしていたのだが、大阪出身の学生はプライドをもって以下のように返信してきた。 

  まず,游ゴシックは,MSゴシックより美しいフォントです。ただし,この点については個人差
  がありますので,いちがいには言えないでしょう。
  次に,游ゴシックの互換性についてです。Windows8.1以降に関していえば,游ゴシックは
  MSゴシックより優れています。MSゴシックは,“MS”という名の通りMicrosoftにしかあり
  ません。しかし,游ゴシックはMacでも使用できます。游ゴシックというフォントは,Windows8.1
  以降にのみ標準搭載されているフォントです。しかし,Windows7等でインストールされていない
  場合は,Microsoft社よりダウンロードすることができます。
  (こちら→ https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=49116
  したがって,游ゴシックはMSゴシックと同等以上の互換性を有していると言ってもよいでしょう。
  さらに,游ゴシックには複数のウエイトが用意されていますので,太字でも読みやすいです。
  MSゴシックで「B」を押して太字にする方法がありますが,これは擬似ボールドと言って,無理やり
  太くさせているにすぎません。ですから,字がつぶれてしまったりして,到底読みやすいとは言えません。
  スライドでは,游ゴシックやメイリオなど,専用の太字が用意されているフォントを使うべきだと考えます。
  最後に,游ゴシックは等幅フォント,MSPゴシックはプロポーショナルフォントであり,游ゴシックでは
  読みづらいという声もあるかもしれません。しかし,この点は自身でカーニングを行えば解決されます。
  面倒かもしれませんが,游ゴシックを使うことはそれ以上の見返りが得られるでしょう。

 いやはや、畏れ入りました。MS明朝、MSゴシックの時代は終わろうとしてるんですね・・・

スポンサーサイト
  1. 2017/07/17(月) 14:42:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イラク戦タラレバ評

 先発メンバーと4-2-3-1の陣形および人員配置にも驚いたが、後半のベンチワークには呆然とした。
 なんのためにシリア戦で4-3-3を試したのか。守備的な作戦でいくのなら、アンカー+ボランチ(インナーハーフ)2枚のほうが安定感があり、前線の3名は左から乾-大迫-久保がベストチョイスであろう。4-2-3-1を強行したいのなら、香川・清武不在の現状においては、南野を招聘するしかないのに、その兆しもない。
 いちばんがっくりきたのは、酒井宏アウトの際にゴートクを入れたこと。ゴートク投入で引き分け狙いが敵味方に周知されてしまった。わたしなら3バックにして、乾か浅野を入れた。システムは3-6-1。吉田、昌司に加えてボランチの遠藤をレッズのポジション(CB)で使えばいい。ボランチは今野と本田。ウィングバックは長友と倉田、2シャドウは乾(浅野)と久保、1トップに大迫。この布陣ならば、まだ点をとりにいける。
 リオ五輪のアジア予選では、後半30分まで耐えに耐え、最後の15分に勝ち越す戦いを繰り返した。その立役者であった浅野、シリア戦で躍動した乾の両方を使わない。アクシデント絡みだからでは済まされない不用意な選手交替だった。
 8月末、東京でオーストラリアに勝ちきるかもしれない。そうなれば6回連続のW杯出場となるが、この、ボスニア人の監督に本戦を任せるのは如何なものか。WOWOWあたりで評論家まがいの解説でもしておいていただくのが適材適所かと?
 代表監督は日本人でいいと思います。 
 
  1. 2017/06/16(金) 04:11:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寒中お見舞い申し上げます

kanchu2017_fbback_01.jpg

lablog 2g のオルタナティブ・バージョンです。

  1. 2017/01/15(日) 18:32:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やうつり

 我が家の世帯人数が一名増えました。92歳になる母親が11月末に入院して2ヶ月が経ち、1月末をもって特養を退園することになったのです。母は病院の集中治療室にいますが、現住所が我が家となったのです。いったい何年ぶりのことだろうか。
 症状に変化はありません。先日、喉を小さく切開して人工呼吸器をそこから気管支に通しました。口につっこまれたままよりも楽なようで、この前の見舞いでは薄目をあけていました。

 春日大社の御神籤で、「転居(やうつり)すべし」とありました。わたしは簡単に転居などできませんが、母が引っ越してきて、我が家はまた賑やかになった、ということにしておきましょう。

  1. 2016/02/03(水) 17:48:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メリークリスマス!

151207_184435.jpg


 ノエルなシーズンになりました。
 今年のクリスマスは長崎で、と思っていたのですが、とりあえず中止にしました。年賀状がだせるかどうか、微妙な状態です。昨日は少し好転していた。一方では、せっかちな動きもあったりして・・・まぁまぁちょっと落ち着いて、というメールをさきほど送信したところです。
 2回めの締切が今日でしてね、もう1回パスするしかないか。


  1. 2015/12/08(火) 14:00:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

asa

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。