fc2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅥ)

世界遺産条約からみた摩尼寺「奥の院」遺跡

 中橋教授が述べているように、法的な制度をもって摩尼山の保護を図る必要がある。ここでは原点に立ち返るしかない。われわれは文化的景観の研究から出発し、ここまで辿り着いた。摩尼山、あるいは摩尼寺「奥の院」遺跡は、はたして文化的景観としての保全が可能であろうか。この問題については、すでに今城愛[2011]が検討している。その研究を要約しつつ、新たな視点を示してみよう。
 まずは世界遺産条約における「文化的景観」の定義と類型を振り返っておこう。「世界遺産条約履行のための作業指針」第47項によれば、「文化的景観は、文化的資産であって、条約第1条にいう『自然と人間の共同作品』に相当するものである。(後略)」。そして、世界遺産における「文化的景観」は以下の3領域4タイプに分類される。

   A.人間の設計意図の下に創造された景観で、庭園や公園など。
   B.有機的に進化してきた景観
     B-1.残存している(又は「化石化した」)景観
     B-2.継続している景観
   C.(自然要素の強力な宗教などと)関連する景観

 摩尼寺「奥の院」の場合、世界遺産の文化的景観の類型としてふさわしいのは「化石化した景観」であろう。人工的に形成された加工段、礎石、岩陰、岩窟などの遺構が、現在も周辺の豊かな自然地形や植生と複合化して、みごとな「自然と人間の共同作品」が生まれている。世界遺産の類例としてラオスの「ワット・プーと関連古代遺産群」をとりあげておこう。ワット・プーは「山寺」という意味であり、聖地である山の麓に建てられた寺院の遺跡である。化石化(遺跡化)したモニュメントと自然の融合景観だけでなく、いまなお「山」を信仰する人びとが遺跡を巡礼している。「化石化した景観」としての意義だけでなく、「関連する景観」としても意義のある遺跡なのである。
 このように、摩尼寺「奥の院」もまた「信仰」に係わる「関連する文化的景観」と評価することができる。平安時代後期以降、因幡の民の霊魂は極楽に昇天する前に、必ず摩尼寺「奥の院」に一旦滞留すると信じられてきた。山中他界の霊場として認知されており、因幡地域にとって最も重要な「聖なる山」であったし、いまも摩尼山に対する畏敬の念は薄れていない。摩尼山は強い信仰心によって因幡の民衆と結びつき、その「聖なる山」としての性格が地域性をもって継承されてきた。このような性格の世界遺産として、ニュージーランドの世界複合遺産「トンガリロ国立公園」が思い起こされよう。トンガリロ国立公園は世界自然遺産に登録された後、「山」がマオリ族の信仰の対象であることにより「関連する文化的景観」としても評価され、1993年に世界文化遺産に登録され、結果として世界複合遺産になった。物質としての「山」は自然である。しかし、マオリ族や世界中の多くの民族が「山」そのものを神霊もしくは聖域と認識している。そういう認識は「文化」的事象であって、山が「自然」と「文化」の両面から評価される所以である。このあたりの二重の価値は、摩尼山にもそのままあてはまるだろう。

[摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅥ)]の続きを読む
  1. 2012/02/24(金) 00:00:20|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅤ)

山のジオパーク

 ここで時間を昨年(2011)師走の17日に巻き戻す。同日、重要文化財「仁風閣」で「山林寺院の原像を求めて-栃本廃寺と摩尼寺『奥の院』遺跡-」と題するシンポジウムを開催した。文字通り、栃本廃寺と摩尼寺を中心に山林寺院の諸問題を論じたシンポジウムであるが、パネル・ディスカッションの最後に摩尼山の保全とグリーン・ツーリズムに関する討議をおこなった。ここで主役を務めたのは、鳥取環境大学の同僚、中橋文夫教授(ランドスケープ・デザイン専攻)である。中橋教授はシンポジウム資料集に「摩尼寺『奥の院』遺跡をグリーン・ツーリズム的視点から見た史跡公園・文化的景観の保全・活用・整備の方向性について」と題する論文を寄稿している。摩尼山が山陰海岸ジオパークに含まれることを強調し、これまで「山のジオパーク」が軽視されてきた経緯に注意を促しつつ、計画の方向性として以下の7点を指摘している。

  (1)山と海を繋ぐ歴史自然巡回廊の構築
  (2)豊かな自然を生かしたエコミュージアム構想
  (3)身近な生き物とふれあう生態回廊の構築
  (4)森の文化的景観を楽しむ、里山林整備計画の導入
  (5)「行」ができる歴史体験型庭園としての整備
  (6)摩尼山、久松山を拠点とするロ号国営公園の誘致
  (7)眠れる資源、坂谷神社の巨岩

 この内容は歳があけた1月9日の日本海新聞(19面)に「山のジオパーク『摩尼山・久松山』 里山歴史公園の視座」と題して掲載されている。「山のジオパーク」という視点はまったくの盲点であり、山陰海岸と摩尼山の一体化というアイデアに魅力を感じる。

国立公園か国営公園か

 上の提案は緑地景観保全計画の面ではまことに適切な指摘がなされているけれども、文化遺産の立場から一抹の不安を覚えたのは「ロ号国営公園の誘致」という提案である。ロ号国営公園の問題に焦点を絞って、中橋教授の当日の発言を引用しておこう。

  やはり法的ないろんな制度をもって、摩尼山をちゃんと都市計画で
  位置づけていく必要があります。たとえば、摩尼山は山陰海岸国立
  公園から(1.5kmしか離れていないのに)国立公園から外れています。
  環境省は、なぜ摩尼山を国立公園に入れなかったのでしょうか。
  それはそれで今後検討していくとして、摩尼山を国営公園にできない
  のかと思うのです。久松山と摩尼山を一体にとらえた国営公園です。
  国営公園は山陰地方にはありません。日本でないのはここだけです。
  これは国策としてちょっと具合が悪い。まもなく高速道路(鳥取道)
  も全面開通しますし、そういうことを機会にして、国営公園を誘致
  してはどうでしょうか。その場合、国営公園にはイ号とロ号があります。
  イ号は総合的なスポーツ・レクリエーションを目的とした公園で、ロ号
  は国家的歴史資産の保全活用を目的としています。吉野ヶ里遺跡、
  飛鳥歴史公園、平城宮跡がロ号国営公園の代表ですね。と言いながら、
  じつは、今からの時代はもう国営公園と違いますよ。鳥取県は近畿圏の
  広域連合に入っていますよね。そういう広域連合が考える広域利用の
  公園のあり方というのも、基本的に検討すべきだと思います。今後、
  それも地域主体でやっていくのですよ。もう国に任せたらだめだという
  意見も強いわけです。地域の方がボトムアップでやる。そういう自然参画系
  の公園はどうであるべきか、検討していく。(後略)


[摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅤ)]の続きを読む
  1. 2012/02/23(木) 00:00:01|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅣ)

冬の「奥の院」

 2011年度最後の調査は、歳を跨ぎ、正月17日におこなった。前年の年末年始、山陰海岸の漁船群を沈没させるほどの大雪が鳥取県を襲った。摩尼山の門前では約120㎝の積雪があり、元旦から停電になったと聞いている。それにひきかえ、2012年の正月は穏やかで、門前に雪はなく、不安な気持ちを抱えながらも、「奥の院」岩陰仏堂の石仏調査を敢行することにしたのである。ところが、山道に入るや根雪が増してゆき、その深さはまたたくまに30~40㎝に達して調査隊の行く手を阻んだ。なんとか「奥の院」に辿り着き、Ⅱ区の加工段を見渡すと一面銀世界ではあったが、その奥にみえる岩陰には雪がない。リーゼントヘアーのように張り出した巌(いわお)の陰に隠れた絶好の避難場所になっている。しかも、岩陰の内部が明るく写しだされている。いつもは薄暗く、仏像や岩肌が霞んでみえにくいのに、その日はそれらが浮かび上がるようにして眼前にあった。
 一つの原因は落葉である。岩陰を隠していた大樹・小木の枝から枯葉が落ち尽くして陽光が岩陰の奥に届いている。繁茂していた草も枯れ果てた。いまだ苔生してはいるけれども、巌を隠す植生は範囲を大きく狭めており、銀幕からの反射光で裸体になった岩肌が照らし出されている。そこで、わたしたちは新しい発見をした。岩陰(Ⅲ区)から岩窟(Ⅳ区)に直線的に上っていく石段を確認できたのである。それは巌を削りだして石段状に加工した刻み階段であった。すでに摩耗が激しく踏み石の姿は概形をとどめる程度だが、階段の痕跡であるのは間違いない。やはり、岩陰と岩窟は一体化した二階建の仏堂だったのであり、この遺構もまた『因幡民談記』にみえる二重仏堂の一部をなすものである。
 こうしてみると、巨巌・岩陰・岩窟を覆う雑木の伐採や除草は「奥の院」の歴史を知るための有力な調査手段であることが分かる。伐採すべき樹木のなかには「大樹」も含まれるが、ここにいう「大樹」にしても樹齢はせいぜい20~30年であって、「天然記念物」扱いできるようなものではない。雑木の親玉と言うべき樹木であり、その樹根が巌や地下遺構を破壊する源になっている。
 加工段と岩陰・岩窟を遮蔽するこれらの大樹・灌木を伐採し、丁寧に除草すれば、崇高なモニュメントたる巌が姿をあらわし、加工段と岩窟・岩陰の一体化した遺跡景観が恢復されるであろう。発掘調査に携わるスタッフ全員が、いつもそれを願い事のように考えていた。今回、冬の「奥の院」を訪問し、長い石段を発見したことで、その想いはいっそう強くなった。この伐採清掃作業は、いわば垂直的な発掘調査というべきものであり、今後できるだけ早いタイミングで実践しなければならないと考えている。その作業は「調査」であると同時に「整備」でもある。伐採清掃作業によってあらわになった巌・岩陰・岩窟と加工段が、木造建築部分を失った「奥の院」上層遺構の全体像を示すものであり、一般公開されるべき対象にほかならないからである。

木彫仏の保存処理

 今回の石仏調査では、岩陰下段の仏像群の種類だけでなく、上段北側に鎮座する虚空蔵菩薩が文化6年(1809)の寄進であることが背面刻字よりあきらかになった。また、石の彫りかたや風蝕からみて、岩陰の千手観音像や不動明王像も虚空蔵菩薩の制作年代に近いと思われる。一方、2010年度後期のプロジェクト研究2「歩け、あるけ、アルケオロジー」では、摩尼山で130体の石仏を調査しており、文化文政年間頃の寄進を少なからず確認できている。現境内から立岩の閻魔堂に至るルートが江戸時代後期以降の主たる参拝路であり、「奥の院」が廃絶していたその時期にあっても、「奥の院」に複数の石仏が寄進されている点は興味深い。廃墟となった「奥の院」はなお信仰の場として活きており、その伝統は現代に継承されている。岩陰の地蔵菩薩は近代の作(寄進)であり、賽銭箱に近いⅢ区の埋土からは戦後の貨幣が出土しており、なにより今もまた参拝の客がときおりみられる。

[摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅣ)]の続きを読む
  1. 2012/02/22(水) 00:00:22|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅢ)

オーガー・ボーリング調査                  

1.調査の目的
 摩尼寺「奥の院」遺跡の発掘調査(2010)では、Ⅰ区・Ⅱ区の加工段(平坦面)で地山(自然堆積層)を確認できなかった。2011年のボーリング調査は、前年未確認であった地山を確認し、摩尼寺「奥の院」遺跡の層位関係を見極めようとするものである。調査前に、いくつかの障壁に突きあたった。土壌の専門家を現場に案内し協議した結果、Ⅱ区の地山は斜面の傾斜からみて地表面下2.5m以上の深さと推定されるが、機械ボーリングの機材を山上に運び込むのは不可能であり(経費も尋常ではなく)、現実的にはハンドオーガー・ボーリング以外の手だてのないことが判明した。しかしながら、摩尼寺「奥の院」遺跡の下層整地土には多量の凝灰岩片を含み、地表面からの掘削はきわめて困難であろうという見込みが示されたのである。
 ボーリング調査は、本来地表面からなすべきものだが、地盤の固さや凝灰岩片の多さを考慮し、Ⅰ区・Ⅱ区の深掘トレンチの底面から掘削作業をおこなうこととした。機材はハンドオーガーとハサミスコップを併用した。ボーリングの方法は以下のとおりである。掘削前にレベル測量で掘削面(上面)の標高を確認。1回の掘削で深さ15~20㎝の土壌が得られる。その土壌を観察し、「色彩」「土質」「凝灰岩片の有無」などを記した土壌名と標高をラベルに記して、土壌とラベルをビニール袋に収める。この作業を掘削可能な深さまで反復し、土壌の変化を観察する。Ⅱ区における下層整地土の特徴として、①赤みがかった「赤褐土」であり、②粘性が比較的強く、③凝灰岩片・凝灰岩粉を含む、という3点を指摘できる。この3つの特色が薄くなればなるほど、地山層である可能性が高くなる。

2.Ⅱ区のボーリング調査
 Ⅱ区はB区北西隅の深掘りトレンチの埋め戻し土を取り上げた。この部分では、表土の下5㎝前後の位置で赤褐シルトの層を検出しており、これが上層遺構面である。地表面下15㎝の位置で凝灰岩片混じりの層があらわれ、地表面下50㎝はシルト層、その後70㎝まで凝灰岩片の混じる粘質土の層となっていた。以上は、下層遺構面から上層整地土の層である。ここまで2010年のトレンチ調査で判明しており、トレンチ底からボーリングをおこなった。ボーリングでは、地表面下約3m(トレンチ底から約230㎝)まで掘削に成功した。表1に示したように、掘削の回数は30回(№1~30)である。
 No.1からNo.3までは多くの凝灰岩片を含む茶灰色系の粘質土であった。2010年度の断面調査では、このレベルではすでに土壌は「赤褐土」系であったが、ボーリング調査では赤みが薄れていた。あるいは、発掘調査時に3ヶ月以上露天に晒したことで変色をきたしたのかもしれない。
 No.4から土層は「赤褐土」の色彩を取り戻し、標高が下がるにつれ、赤味は強くなっていく。いずれも粘質は強く、凝灰岩片を含むことが多い。No.12では粘質土に少量の砂質が混じり、No.13になると粘質層から砂質層へと変わる。No.16・No.17では土壌の赤味がとても強くなる。No.19になると、凝灰岩片は極微量の凝灰岩粉になり、No.20からは凝灰岩の要素は肉視では確認できない。No.23から下では土壌から赤味も消え、土壌は茶灰系の色に変わり、凝灰岩は含まれない。No.28から下の土壌はとても軟らかい砂質で、No.29でハンドオーガーが硬い何か(岩盤?)にあたり、No.30では空回りした。No.30土壌はサラサラした砂質であるため、ハンドオーガーで取上げることができなかった。
 以上を総括すると、凝灰岩粉が肉視で確認できるのは№19(地表面下2.32m)であり、土に微かな赤みを確認できるのは№27(地表面下2.88m)までである。この間の土質はすべて砂質系である。したがって、浅くみれば№20(地表面下2.38m)、深くみれば№28(地表面下2.88m)より下の層を地山とみることができる。ただし、岩盤の削平に伴う「削り屑」と推定される凝灰岩片・凝灰岩粉が遺物に近い要素であり、その要素の消える№20(地表面下2.38m)あたりを地山層の上面とみてよいのではないだろうか。
 なお、ハンドオーガーが空回りし、土壌の採取が難しくなったNo.29(地表面下3.04m)あたりでほぼ岩盤に達していると推定される。

[摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅢ)]の続きを読む
  1. 2012/02/20(月) 05:14:41|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

摩尼寺「奥ノ院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅡ)

植生からみた「奥の院」の境内

 Ⅱ-A区とⅡ-B区のL字トレンチで、それぞれ上下層1ヶ所ずつ、計4ヶ所の土壌の花粉分析と植物珪酸体(プラント・オパール)分析をパリノ・サーヴェイ社に依頼した。土壌試料は、以下の4点である。なお、A005などの番号はパリノ・サーヴェイ社の分析番号、それに続く( )内のNo.002などの番号は発掘調査現場における土壌採取の通し番号を示す。

   Ⅱ-A区L字トレンチ: A005(No.002/上層) A009(No.006/下層)
   Ⅱ-B区L字トレンチ: B002(No.018/上層) B007(No.023/下層)

 A区・B区とも、下層の土壌サンプル(No.006、No.023)は花粉化石の産状が壊滅的な状態であり、下層の植生復元は不可能である。上層についても、花粉化石の保存状態は良好といえないが、No.018では計460の花粉・胞子を検出した。分解に強い花粉が選択的に多く残されている可能性があり、当時の周辺植生を正確に反映していない可能性もあるが、パリノ・サーヴェイ社は以下のように分析している。

    木本類をみると、マツ属が優占する。このうち亜属まで同定できたものは、
   全てマツ属複維管束亜属であった。マツ属複維管束亜属(いわゆるニヨウマツ類)
   は生育の適応範囲が広く、尾根筋や湿地周辺、海岸砂丘上など他の広葉樹の
   生育に不適な立地にも生育が可能である。また、極端な陽樹であり、やせた
   裸地などでもよく発芽し生育することから、伐採された土地などに最初に進入
   する二次林の代表的な種類でもある。このことから、当時の遺跡周辺でも、
   二次林や植林としてマツ属が存在していたと推測される。また、ツガ属、
   スギ属等の針葉樹、クマシデ属-アサダ属、コナラ属コナラ亜属等の落葉
   広葉樹、シイ属等の常緑広葉樹などが周辺の森林を構成しており、林内や林縁
   にはウコギ科、ミズキ属、タニウツギ属等も生育していたことが窺える。
    一方草本類では、少ないながらもイネ科、タデ属、カラマツソウ属、
   サツマイモ属-ルコウソウ属など、開けた明るい場所に生育する「人里植物」
   に属する分類群が認められ、カヤツリグサ科、アブラナ科、ヨモギ属、
   キク亜科、タンポポ亜科等も同様である。よって、これらは遺跡内やその周囲
   の草地植生に由来する可能性がある。
    植物珪酸体の産状の観察からは、(略)周辺において少なくともクマザサ属
   やメダケ属を含むタケ亜科の生育がうかがえる。

 この分析で特筆すべきはマツ属の多さである。現在の摩尼寺「奥の院」周辺は照葉樹と落葉広葉樹の混交した原生林に近い植生を示し、2次林であるところのマツはほとんどみられない。しかし、『因幡民談記』所載の喜見山摩尼寺図にマツと思われる樹木が多数描かれており、「奥の院」をはじめ建物の周辺に集中している。絵図の表現と花粉分析の結果を照合するならば、上層期(16~18世紀頃)では、周辺の原生林と境内を識別しうるマツが多く植えられていたことが分かる。神社の叢林(鎮守の森)が照葉樹を中心とする原生林的な植生を示すのに対して、仏教寺院は照葉樹ではなく、マツに代表される針葉樹をしばしば伽藍の境界に並木のように配する。上層期の「奥の院」においても、おそらく周辺の自然地形と「境内」を区画する境界として松(の並木?)が利用されていたのであろう。しかも、境内地には「人里植物」が生育していた。山頂に近く自然の豊かな「奥の院」にあっても、周辺の自然地と境内地を識別しうる人為的な植生がみられたことに注目したい。

  1. 2012/02/19(日) 01:57:45|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

本家魯班13世

01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search