Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

倶利迦羅紋紋

0519マークローザ



マークローザ帰還

 自転車をビアンキからブリジストンのマークローザに買い換えたのは、調べてみると、2012年まで遡る。大学公立化の年である。福建省の武夷山や福州を訪ね、初めてブータンを訪れた6年前。55歳だった。
 肝心のマークローザにはあまり乗らなかったので、公立1期生のヤマショに貸与した。赤崎から通う貧乏学生の市内交通手段として有効活用してくれると思ったからだ。その自転車を昨日、大学の駐輪場で発見した。簡単にはみつからないだろうと予想していたが、用を足している間に院生があっさり探しだした。ただし、タイヤの空気は抜けているし、チェーンも錆びている。
 大学近くの旧コンビニ敷地に開店しているヨネザワという自転車ショップにもっていき、一日預けてオーバーホールしてもらった。今日再訪すると、タイヤもチェーンもライトもほとんど問題なく、修理代は千円で済んだ。もちろん家まで乗って帰ったが、風が強く、下り坂が多い割に体力的にはきつかった。十分疲れたので、3日連続のジムはやめることにした。

 マークローザ購入のころ、しばしばこの自転車で弥生町に通った。飛鳥はもちろんのこと紋紋も健在。いまはともに店を畳み、紋紋の遺伝子を引き継いだ迦羅も6月9日で閉店する。いや、まだ蹴球酒場があるか。下宿から歩くと30分以上かかるが、自転車なら15分だし、なにより&’&(=)&%$#・・・
 さて、すでに鮎殿には別れを告げました。火曜日、ジムに行こうと着替えを終えたところに連絡あり、呼びつけられて行ってみると、カウンターに常連客がずらりと肩を並べている。まるでバースデーウィークやバレンタインではないか。寿閉店を経営の向上に結び付けたい気持ちはわかるけれども、こういう場合、ひっそり消えていくほうが、運気があがるような気がして少し心配になった。じっさい、みな祝福しているようで、心の底では半ば呆れているのか、一時間もすれば続々と引潮のように席を立っていった。わたしもしばらくして店を出た。
 閉店までまだ3週間あるけれども、さよならは一度だけでいい。男は引き際が肝心だからね。しかししかし、寅さんを袖にしたマドンナたちは、そう遠くない将来、再び訳ありの美女として、再び寅さんの前に現れるのであります。そんなことにならないように、つつましくひそやかで平凡な家庭を築きあげてほしい。日常こそがいちばんの幸福なんだから。二度と夜の街に戻ってきちゃいけねぇぜ・・・

 餞の一曲は、梨花ホールで聴いた30周年コンサートラストの曲にします。このコンサートも2012年。なんだか因縁めいている。

 

15年間お世話になりました。感謝7割・・・というところです。

スポンサーサイト
  1. 2018/05/19(土) 21:15:50|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ディキシーチキン

 第1回ようなし会の後、ひとりタクシーに乗り、オルチャンの店へ。客は少なく、一人しかいない。その客もまもなく消えてしまった。わたしはカーリングの話がしたくて仕方ない。しかし、オルチャンは自分以外のオルチャンを好まない。藤沢五月の体重が58キロもあると知っていて、信じられな~い、という顔をしてみせた。
 カーリング娘たちがれんちゃんの指導のもと毎日北見市のジムで筋トレしている姿は何度かテレビでも映し出された。40キロのバーベルをもって屈伸などするわけで、そこそこの体重があるのは筋肉増強の証にほかならない。
 マーンリー・カーリングという用語があることを知った。「男子のような力強いカーリング」のことであり、最初にこれを標榜したのは藤沢がいたころの、つまり日本選手権を4連覇したころの中部電力であったという。その流れを受け継ごうとしたのが北海道銀行であり、ソチ五輪で予選敗退した後、苫米地と吉田姉を解雇して、吉村(札幌国際大)と近江谷(チーム青森)を補強したのはマーンリー・カーリングに移行するためというのが理由らしい。しかし、結果としてみれば、小柄なLS北見のなかでも最も小柄な吉田妹と鈴木がクレイジーな男勝りのブラッシングを身につけ、藤沢はパワーのあるショットを安定させた。小柄のチームが筋トレによりマーンリー・カーリングを実践しているところが逆説的でおもしろい。いろんなチームの四番打者を集めた巨人軍がどうなったのか、逆にV9時代の巨人がどのような選手構成だったのか。こうした視点からみても、LSが道銀を上回っている理由を読み取れるような気がする。

 藤沢五月の側に立って必死に体重58キロの弁明をしていると、ひとりのお客が入ってきてカウンターの近い場所に腰かけた。入れ替わり帰るべく一曲だけカラオケすることにした。久しぶりに高田渡の「スキンシップ・ブルース」を歌った。短い歌である。歌い終わると、その客は

   「リトル・フィートみたいな演奏でしたね」

と感想を述べた。驚いた。ロックバンドでドラムスを担当している人だとオルチャンが紹介する。四十台後半。たしかに「スキンシップ・ブルース」の演奏はリトルフィートの「ディキシー・チキン」とよく似ている。編曲は、このたび「アウトレイジ最終章」で日本アカデミー賞音楽賞を受賞した鈴木慶一のはず。
 リトルフィートははっぴいえんど(とくに鈴木茂)やサザン・オールスターズに多大な影響を与えた西海岸のロックバンドで、とくにニューオリンズなど南部色の強い音楽性はザ・バンドと双璧とされる。リトルフィートといえば、ローウェル・ジョージのボーカルとスライドギターがただちに連想されるが、ジョージは麻薬中毒であっさり亡くなり、その後活動は停止したものと思っていた。調べてみると、まだやってんですね。オルチャンはカラオケに入ってるんじゃないか、というので探してみたが・・・ない。

  「ありますよ」

とオルチャン切り返す。英語専用の検索ボタンがあるんだ。信じがたいと思いつつ、「ディキシー・チキン」を初めて歌った。




[ディキシーチキン]の続きを読む
  1. 2018/03/04(日) 03:49:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鶴岡雅義 レキント・ギター

鶴岡雅義


鶴岡雅義とアントニオ古賀

 「小樽のひとよ」にすっかりはまって、ついにはカラオケまでやってしまいましてね。これが結構あいそうなんだな。情熱的ではなく、淡々と歌うのがいい・・・あな恥ずかし、じつは「鶴岡雅義 レキント・ギター」なるCDも取り寄せてしまったの。なにせ「小樽のひとよ」のフレーズはずばぬけてますからね。三条正人のボーカルと鶴岡雅義のレキントの組み合わせは無双です。歌謡史に残るイントロ~伴奏~間奏ではないでしょうか。もっと言うと、歌い手を活かすギタリストとしては鶴岡雅義の右にでる人はいないんじゃないか。しかし、ボーカルのないギターだけのCDはイマイチでした。名曲がずらりと並んでいますが、1曲ごとに歌手を変えて伴奏すればおもしろかったのにね。やはりギターは歌伴の楽器なのかな、とつくづく思います。
 ユーチューブに初期の名演が残っていて動画を貼り付けたかったんですが、「リクエストによる埋め込み無効」になっているので、下のサイトに飛んでください。草創期の若々しいロマンチカですね。生バンドの匂いがぷんぷん残っている。

https://www.youtube.com/watch?v=u3KOzcINmUM

 以下は晩年の映像ですが、レキントの音色がおかしいと思いませんか。初期の鶴岡はサムピックと他の4本の指で弦を奏でていた。指が痛くて仕方なかったそうです。結果、晩年は三角ピックで弾いているんですね。やはりナイロン弦にピックはあわない。ミストーンのように聞こえる部分が少なからずあり、残念です。




[鶴岡雅義 レキント・ギター]の続きを読む
  1. 2018/01/31(水) 02:47:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

渡良瀬橋

 こちら からの続きです。




↑このカバーにもひっくりかえりました・・・アイドル恐るべし!

  1. 2017/11/03(金) 23:49:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

塩谷写真記念館演奏会

 久しぶりに人前でギターを弾くことになりました。お誘いを受け、感謝しています。
 9月25日午後、会場は赤碕の塩谷写真記念館です。2年前に演奏したところですね。当時まだ57歳で、還暦まで余裕があった。たしか2番手だったな。「ハウ・ディープ・イズ・ヨー・ラブ?」「ゴールデン・スランバー」「イッツ・オンリ・ペイパームーン」を弾いて、最後の方ではリクエストに応えて「旅人よ/夕陽赤く」を歌ったんだ。
 塩谷写真記念館はあのころまだ文化財ではなかった。いまは国の登録有形文化財である。会場にお集まりの方は人生の先輩ばかり。昭和の歌謡曲で育った方々であるが、ビートルズをリクエストされる方もいた。そういう歌謡曲/ポップス/フォークの世代であり、「みんなが知っている曲」を所望された記憶がある。
 自己満足のために、難曲に挑んでも意味がないわけです。ナベサダの教えを守りたい。上手いか下手かではなくて、良いか悪いか。聴衆のハートを射抜くほどの力量はないけれども、琴線に触れるような演奏を心がけようと思います。
 22日にはリハーサルもあるそうです。行ければ、行きます。作日のちちんぷいぷいによれば、大阪における「行ければ、行くわ」は「行かない」、他の地域では「できるだけ行く」の含意だそうです。おそらく50代最後のパフォーマンスになるでしょう。


 
 
  1. 2016/09/14(水) 02:29:38|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
次のページ

asa

05 | 2018/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。