FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第1回「魔法の山」 -谷口ジローの風景-

 昨年度後期のプロジェクト研究2&4「歩け、あるけ、アルケオロジー」は「とっとり知の財産活用推進事業」と連動し、各方面で好評を博しましたが、今年度前期は10日からプロジェクト研究1&3「魔法の山 -谷口ジローの風景-」という1・2年生の3学科合同演習が始まりました。
 トマトさんが卒業論文でとりあげた『父の暦』と『はるかな町へ』に引き続き、谷口ジローが昭和の鳥取を描く最新作『魔法の山』を手がかりに、鳥取城跡を探索しようとする演習です。
 メンバーは1年生5名、2年生5名の計10名。全員が1位志望で、なによりでした。これを4年生・院生5名がサポートします

 以下、シラバスの講義概要を転載します。
--------------------------------
鳥取城の城跡がある久松山(きゅうしょうざん)には戦国時代に掘られた秘密のトンネル(抜け道)があちこちめぐっているのですが、いまはその入口がどこにあるのかもよく分かっていません。その迷路のようなトンネルを深く進んでいくと、山の中心部に聖水の湧く泉があり、山の精霊が棲んでいるんですよ!? その精霊は、ときに山の外まで遊びにでてきます。山の外にでると、精霊はオオサンショウウオに姿を変えてしまいます。ひょっとすると、県立博物館の水槽に飼われて展示されているオオサンショウウオも「山の精」なのかもしれませんね。だとすれば、早く泉に返してやらないと・・・

以上は鳥取出身の漫画家、谷口ジローがヤングジャンプ誌に連載した「魔法の山」(フランス語訳されてヨーロッパでは単行本になっています)のストーリーの一部を示したものです。今回のプロジェクト研究では、谷口ジローの漫画に導かれながら、久松山を駆けめぐり、その秘密の世界に忍び込んでみましょう。
--------------------------------
 つい先日のべたように、わたしはこれまで意識的に鳥取城跡を避けてきたところもあり、いままで天守跡のある山頂にすら上っていません。しかし、このプロジェクトを進めるからには城跡を歩きまわらねばならないと観念しています。ちょうどいま、鳥取市は久松山の中世城郭遺構の踏査も進めており、そういう事業に貢献できれば嬉しいかぎりです。市の関係者のみなさんや石垣修復現場のみなさんには、いろいろご支援をお願いするかもしれませんが、なにとぞよろしくお願いいたします。

 あっ、そうだ、伸太もいた! 
 そちも参加せい!!



[第1回「魔法の山」 -谷口ジローの風景-]の続きを読む
  1. 2008/04/11(金) 00:34:29|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ニェッピ -ウブド通信(Ⅰ)

ホテル01遠景01

 一日中、ホテルにいた。今日はバリのお正月で、全島で外出が禁止されている。町をぶらぶらしようものなら、警察に訊問され、家に連れ戻されるという一日なのである。
 昨夜デンパサール空港に降り立ったのが23時半(日本時間の0時半)。およそ1時間後に出国手続きを終え、迎えのミニバスに乗った途端、パスポートが手元にないことに気が付いた。換金所に置き忘れたに違いなく、きびすを返して取りに戻ると、税関の役人が待ちかまえていた。これはラッキーだ、だれかに盗られていたら、調査も観光もあったもんじゃない、と胸をなでおろしていたところに、ガイドが言う。

   「あしたはバリのニェッピだからね。どこにもでられなませんよ。町をじゃらん
   じゃらんしているだけで、警察に捕まりますから、ホテルのなかで大人しく
   していてください。」

 そんなバナナ。ライステラス(棚田)か、キンタマーニ火山か、ブギス寺院か、さぁどこから攻めよう、と思案をめぐらしていたところに先制パンチを頂戴してしまったのだから、あいた口がふさがらない。

ホテル02池01

 バリと言えば南国の楽園でのビーチリゾートと羨ましがられるかもしれないが、今回わたしがめざしたのは北部の山岳地帯で、国立公園クラスの自然名勝地、ヒンドゥ教総本山を初めとする多くの山岳寺院、棚田などの文化的景観が集中するエリアであり、ウブドはその観光拠点ともよぶべき田舎町である。小さな島なのに、空港から1時間もかかる。
 深夜の2時にホテルについた。バンガロー形式の質素なホテルである。
 部屋に入ると、テレビもなく、むろんインターネットなど使えるはずもない。テーブルの上にマネージャーが全客室に配布した英文の置き手紙を発見した。そのタイトルを示す。

    Nyepi (ニェッピ)
      a Balinese New Year (バリの新年)
      a day of absolute stillness  (絶対的静寂の一日)

 日本に新暦(太陽暦)と旧暦(太陰暦)があるように、バリにはサカ暦とウク暦があり、今年は3月7日がサカ暦の元旦だというから、わたしはよほど恵まれた人物なのかもしれない。大晦日は悪霊を追い出すためにオゴオゴと呼ばれる山車が島中を駆けめぐり、ゴンやシンバルの音楽で大騒ぎになる。とすれば、わたしが到着する直前までバリは喧噪なフェスティバルで賑わっていたわけだ。
 年があけて、島は静寂に包まれる。この日、すなわち新年の初日には、まず火を使ってはならない。灯をともしてもいけない。働いてはいけないし、家の中にいなければいけない。だから、島中の町と村がゴーストタウンのように閑まりかえる。

ゴーストタウン01
↑ホテル周辺はゴーストタウンのよう


[ニェッピ -ウブド通信(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2008/03/07(金) 23:54:17|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ウブド通信(プロローグ)

 さきほど関空から飛びたちました。

 出国前日、髪を切って医者に行ったの。海外に出る前には必ず医者に寄って「抗菌剤」を頂戴する。抗生物質の強力なやつでして、食中毒なんかに即効性があるんです。向こうで、疲れたと思ったら、たっぷりのお湯で抗菌剤を飲んでから寝るのね。抵抗力が弱っているから、雑菌に冒されやすい体を守ってくれます。
 さてさて、血圧を計っていただいたら高くなっていて驚いた。はたして夕食後、頭が痛くなり、頓服を飲んでソファに横になった。準備ができない。仕方ないから、漫画を読んだ。横山光輝の戦記物や忍者物はほぼ読み終え、何かおもしろい作品はないものかと注文したのが『ウィグル無頼』(1972)と『クィーン・フェニックス』(1975)。いや、恐れ入りました。傑作だね。たんなる描き手ではなく、原作者としての質の高さを存分に味わえる短編2作です。前者は中国西域の戦記物。主人公はゴルゴ13を彷彿とさせる一匹狼で、行く先々で女にもてる。羨ましい。後者はSF傑作選シリーズの一つだが、素材は古代エジプトにある。読んでいて、「インディ・ジョーンズ」と「スターウォーズⅢ」と「火の鳥」の記憶が少しずつ蘇った。初期の横山作品は画風・作風ともに手塚治虫の影響を鮮明に読み取れる。ただ、手塚よりもはるかに大人の世界を描こうとしており、男女の愛と性描写も見応えがある。

 2週間ほどまえ、ユースケ・サンタマリアのクイズ番組で、横山光輝の戦記物にでてくる「姫」かとみまがう女御を発見した。こういう異性が視界に納まることはまずないので驚いた。その女性は大変聡明で、みごとクイズ番組で1位に輝き、ニュージーランド短期留学を勝ち取った。血眼になってパネルをおい、名前が「皆藤愛子」だと知った。家族に訊くが、だれも知らない。
 ネットで検索したところ、「めざましテレビ」のお天気お姉さんで、気象予報士女性部門では3年連続人気投票№1なのだという。早稲田大学第1文学部在籍中から、この仕事をしていたらしい。大学4年のとき大手TV局のアナウンサー試験を受けたのだが、最終面接で落選。現在は、小林麻央らを抱えるセントフォースというタレント事務所に所属している。
 さて、皆藤さんは正室か側室かといえば、側室でしょうね。政略結婚で押しつけられた正室に嫌気がさした殿が溺愛する側室で、正室からはさんざん妬まれいじめられる役回り。正室のいじめがあんまりひどいので、殿はとうとう側室の皆藤さんを別の城に移し、自らもその城に入り浸りになって、皆藤さんのいる城が執政の場に変わってしまったりするのだれど、殿の出陣中に正室の手がまわり毒殺されるという美人薄命の哀れな側室・・・
 あくまでイメージですからね。ただ、大河ドラマなどに出てほしいかと言えば、そうでもない。あんまり和服が似合いそうでもないしね・・・ならば、なぜ横山漫画の「姫」だと感じたのか。全体の雰囲気というかたたずまいというか、そういうものでしょうね。
 所詮、男性側からの一方的なイメージだから、この記事を読んだ皆藤さんは「馬鹿じゃないの」と笑うだけかもしれない。



  1. 2008/03/06(木) 21:00:37|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search