FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅩⅠ)

02宝珠山岩屋神社06


宝珠山岩屋神社・熊野神社

 竹棚田は福岡県朝倉郡の宝珠山村にある。県境を越えれば、大分の日田皿山だ。棚田のすぐそばに宝珠山が聳える。その山が仏界であることを示す名称だが、そこにあるのは寺ではなく、神社であった。これを岩屋神社という。ただし、岩屋権現という別名ももっている。「権現」とは「(仏が)仮の姿で現れた」神であることを意味する。いわゆる本地垂迹思想による神仏習合のあり方を示すものである。
 宝珠山村は、九州修験道の中心地「英彦山」に近接することから、修験道と密接にかかわり、ほぼ全域が英彦山権現の神領とされていた。『岩屋神社来歴略記』によると、起源は継体天皇25年(531)にまで遡る。後魏の僧、善正が渡来して彦山を開創し、翌年、宝珠山で宝泉寺大宝院を開基したと伝える。また、役行者も岩屋に入峰したと記す。六郷満山と同様、神仏習合が著しく進んでおり、宝珠山という「仏界」に岩屋神社(岩屋権現)がある。そこには権現岩、熊野岩、重ね岩、貝吹岩、鳥帽子岩、見晴岩、馬の首根岩と呼ばれる7つの「大岩」が聳え、その一部に社殿が付随する。

02宝珠山岩屋神社02


 山麓の鳥居をくぐり石段を上がるとまずは天然記念物の「岩屋の大椿」があり、さらに上がると琴平宮に至る。巨巌に穿つ隧道(トンネル↑)をぬけて、またしばらく上がると、権現岩の岩陰に建つ岩屋神社本殿(重要文化財)に至る。岩屋神社本殿は元禄11年(1689)の再建で、茅杉皮重ね葺き一重(ひとえ)入母屋造の外殿と厚板葺き片流見世棚造の内殿からなる。内殿の前には薦(こも)で包まれたご神体の宝珠石が祀られているという。
 岩屋神社から左上手の熊野崖の中間あたりに熊野神社(重要文化財)がみえる。伝承によれば、そこは天狗が蹴って穴をあけた熊野岩のくぼみであるという。貞享3年(1686)に村民が建立した板葺き三間社流見世棚造の社殿は、まるで「小型の投入堂」のようにみえる懸造の建物である。彦山は養和元年(1181)、京都の新熊野社(いまくまのしゃ)の荘園として後白河法皇によって寄進され、以後、熊野修験道の影響下に入った。岩壁や岩盤には柱穴などの部材を納める痕跡と思われるピットが複数残っており、中世の熊野社は現在よりもはるかに大きかったと推察されている。

02宝珠山岩屋神社08熊野神社
↑岩屋神社(右)と熊野神社(左)の全景。↓岩屋神社の外殿と内殿
02宝珠山岩屋神社04

[摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅩⅠ)]の続きを読む
  1. 2012/03/22(木) 12:23:07|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久留米の寺町

01いんやくしゃ01


 漢委奴國王印の出土地として知られる志賀島を初めて訪れた。丘の上に志賀海神社がある。三間社流造。参道の脇道に神明造の末社「印鑰社(いんやくしゃ)↑」があり、また本殿境内から外海をみる遙拝所は、神宮皇后三韓征伐を縁起としつつ、伊勢神宮を指向しているというから、よほど天照大神と結びつけたいのだろう。志賀海神社を支える安曇族は海民であり、近隣の宗像だけでなく、出雲、伊勢、住吉とも関係があるのかもしれない。
 祝宴の後、久留米に移動したら、夕方になっていた。アルコールを抜くために町をぶらぶら。自ずと、足は寺町にむく。本堂の刷新、とりわけコンクリート造への変身には驚いたが、山門や鐘楼は古い木造建築をよく残している。渦が細くて、まぁるい。これは江戸時代初期の絵様の特徴であり、そういうふうにみえる唐草紋が多いので、寺の由緒を記した看板に目をやると、慶長から元和の開基のものが圧倒的に多い。一国一城令(1615)のころまで遡る山門等が少なからずあり、元和7年(1621)の有馬氏転封にあわせて近世寺町が整備されたのだろう。絵様は少し派手になる宝暦以降(18世紀後半)のものもあり、さらに遅れて文化文政期以降(19世紀後半)のものもいくつかみられた。いちばん奥の遍照院には庭園があり、森蘊(もり おさむ)先生の設計であることが分かったが、アジャンタと同様、すでに閉門になって中に入れない。人はだれもいないから、ドル紙幣をばらまいても意味はない。日本は良い国である。


02久留米寺町01
↑久留米寺町の本泰寺。元和七年(1621)創建。山門は当初のものか。次頁上は真教寺山門。15世紀の創建だが、元和七年、寺町に寺地を拝領。本堂は寛政3年(1791)の再建といい、山門もこの年代に近いか。絵様のお勉強でした。
[久留米の寺町]の続きを読む
  1. 2012/03/18(日) 00:26:16|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅩ)

01アジャンタ02


天竺の窟院

 昨秋の新疆ウィグル自治区クチャの千仏洞から今回のインド三大石窟寺院に至るまで、1984年頃の中国留学生活に舞い戻ったかのような旅程を強いられている。苦行としか言いようがない。たとえば今回の場合、3月10日(土)早朝に家を出て関空から飛びたち、香港で7時間の待ち時間を凌いで、さらに7時間のフライトに耐え、ムンバイ(旧ボンベイ)空港に到着したのが深夜25時半、つまり11日の1時半(日本時間の5時)であった。出国手続きを終えて外にでると2時半になっていて、ようやく顔を合わせたガイドから「4時半起床」を告げられた。ホテルにチェックインする必要などないではないか。そして、6時40分発の列車に乗った。1時間遅れの列車に8時間揺られて、アウランガバードに到着したのが午後2時半すぎ。ガイドは謂う。「ここからアジャンタまで120キロです」。エローラなら約30キロの位置にあるのだが、日曜(11日)はエローラの休日であり、月曜(12日)はアジャンタの休日なので、このわずかな時間を逃すと、アジャンタの視察が不可能になる。わたしを乗せた車は午後5時10分に山麓の駐車場に辿り着いた。そこから、山上の窟院群までバスに乗る。遺跡に着いたとき5時半になろうとしており、「閉門!」の大声が響いた。ガイドの指示にしたがって「机の下」をばらまきまくり、なんとか手前の何窟かをレンズに納めたが、6時になって、ついにポリスが完全閉門に踏み切った。わたしたちは対岸に渡り、窟院群の遠景を撮影する以外に術がなかったが、まもなく日没がアジャンタとの接点を完全に断ち切った。

01アジャンタ01


 アジャンタからアウランガバードに戻る車のなかで、痺れるような疲弊に心身を抉られていた。それでも、残された力を振り絞り、「二度とあの列車に乗りたくない」ことをガイドに告げ、移動手段を飛行機に変えるよう依頼した。復路に列車を使うと、今度はエレファンタ島の窟院群を見逃すことにもなりかねない。それだけは、なんとしてでも避けなければならなかった。古本で取り寄せた『1Q84』の帯コピーが何度も頭をかけめぐる。

   「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは
   「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。

 わたしが1日早い9日(金)に出国していたならば、10日にエローラを2時間ばかり見学し、11日にアジャンタを思う存分堪能できたはずである。しかし現実は、そうではない暗い鏡に映し出されている。


02エローラ01
↑エローラの食堂(じきどう)
[摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅩ)]の続きを読む
  1. 2012/03/17(土) 01:18:29|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅧ)

五輪塔余話

 発掘調査で五輪塔片がいくつも出土し、岩陰の内側や周辺では今も石仏と並んで五輪塔が祭られています。五輪塔は落武者などの無縁仏を供養する墓標であり、霊感の強い方は塔の背後に「水をくれ、助けてくれ」と叫び苦しむ落武者の像がみえるとか? そんな「都市伝説」を知った学生たちは、発掘作業中に五輪塔片を足で踏んだり、調査具でこづいたりしたことをひどく気にかけ、次第に「祟り」を畏れるようになっていきました。そこで、先生が比叡山やスリランカやネパールで仕入れた線香を焚き、塔片に水をかけて供養するのが日課になっていったのです。ちょうど祖霊をお迎えし供養するお盆のころのことでした。

2012檜尾gorinntou 五輪塔は平安時代の中ごろ、日本で生まれ、全国に普及しました。文字通り、5つの「輪」によって構成されています。それは、古代インドにおいて宇宙を構成するとされた五大元素を表現したものです。五大元素とは「地(a)」「水(va)」「火(ra)」「風(ha)」「空(kha)」であり、五輪塔では、下から方形の「地輪」、円形の「水輪」、三角形(屋根形)の「火輪」、半月形の「風輪」、宝珠形の「空輪」が積み上げられています。このように五輪塔は仏教の宇宙観を表現する墓標・供養塔ですが、その形状は、密教とともに伝来した「宝塔」や「多宝塔」に似ています。宝塔は古代インドのストゥーパ(卒塔婆)が中国化したものであり、多宝塔は宝塔に裳階(もこし)をつけて「上円下方」を表現しています。ストゥーパは仏舎利(ブッダの遺骨)を埋納する墓であり、五輪塔は無縁仏を供養する卒塔婆だと言うことができるかもしれません。
 室町時代の後期以降、空輪から地輪までを一材とする「一石五輪塔」が造られるようになります。「奥ノ院」で出土した戦国時代~江戸時代の五輪塔片や一石五輪塔は、羽柴秀吉による鳥取城渇殺の犠牲者を弔うものとも考えられ、いま一度きちんと供養してから卒業しようと思っています。(ヒノッキー)

[摩尼寺「奥の院」遺跡の環境考古学的研究(ⅩⅧ)]の続きを読む
  1. 2012/03/10(土) 00:06:17|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

独眼龍の宮

0127大崎八幡宮04


権現造と大崎八幡宮

 本殿と拝殿を相の間(石の間)で繋ぎ、全体の平面を「工」字形にする社殿様式を権現造(ごんげんづくり)という。権現とは東照大権現、すなわち徳川家康の神号の略称であり、権現造の代表が日光東照宮(1617造営、1636造替)であるのは言うまでもなかろう。家康の没後、徳川家は日光に権現造の霊廟を築いたが、じつは豊臣秀吉の豊国廟(1599)がそれに先んじていた。意地悪な見方をするならば、徳川は秀吉の廟を壊して、同形式の廟を家康のために造営したと言ってよいかもしれない。ただ、権現造形式の霊廟の起源は平安時代に遡り、そのはしりは菅原道真を祀る北野天満宮だという。現在の拝殿・本殿等は慶長12年(1607)、豊臣秀頼が造営したものである。
 一方、仙台の大崎八幡宮は坂上田村麻呂が宇佐神宮を勧請したとの社伝があり、伊達政宗が慶長9年(1604年)に造替を始め、同12年(1607)に竣工した。八幡造から権現造への展開は、構造的にみて十分おこりうる進化であろう。それはさておき、わたしは慶長9年(1604年)を重視し、講義で「大崎八幡神社が権現造最古の遺構」と説明しているが、竣工年からみると、北野天満宮と同年である。いずれも「桃山様式」の代表作であり、朝鮮の影響がみとめられる。とくに、彩色に半島の特色が投影されていると言われる。東照宮よりも豊国廟に年代が近い点、気になるところだ。豊国廟もこういう色合いの建築だったのか、それとも秀吉の性格を反映して、東照宮に似たど派手なデザインだったのか・・・よく知らない。

0127大崎八幡宮01


 明治以降、大崎八幡神社と呼ばれていたのだが、近年(1997)、大崎八幡宮という旧名に復している。名称変更と言えば、鳥取市の樗谿神社(おうちだにじんじゃ)も「鳥取東照宮」に昨年改名された。江戸時代の社名は「因幡東照宮」であり、旧名に復したとは言えない。樗谿の樗(おうち)という植物には気品があり、文字は難しくて書きにくいが、「おうちだにじんじゃ」という呼び名を愛した市民も少なくなかろう。昨年の文化財保護審議会でも、近代史の専門家から文化財名称の変更に対する異義申し立てがあった。ちなみに、因幡東照宮(1650)は権現造になっていない。石の間がなく、本殿と拝殿・弊殿が棟を分けている。山陰の場合、権現造の代表例をあげるとすれば、出雲市の日御碕神社(の下社)であろう。

0127大崎八幡宮02

[独眼龍の宮]の続きを読む
  1. 2012/02/01(水) 00:00:01|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search