Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

座談会「民族建築その後」(その6+)


大給(おおたび)の旅

 大給  ASALABに在籍していた2008-09年度、県環境学術研究費の助成をうけて「文化的景観の解釈と応用による地域保全手法の検討-伝統的建造物群および史跡・名勝・天然記念物との相補性をめぐって-」という調査研究が進められていました。
 浅川  科研のハロン湾調査の裏で、同時期に国内の文化的景観研究に取り組んでいたんです。おもな主題は二つあった。一つは「限界集落と文化的景観」、もう一つは「山岳信仰と文化的景観」です。
 大給  わたしは後者のほうと係わっていましたが、「岩窟/絶壁型の懸造仏堂」の系譜が主題でして、文化的景観は今城さん(現在は岡垣さんの奥さん)が修士研究で「山岳信仰と文化的景観」に取り組まれていました。わたしはその後、3年間、民間の会社で働いて、社会人入試で筑波大学大学院修士課程に進学し、文化的景観を専門とされる教授に指導を受けることになりました。筑波に行って感じたのは、世界遺産の文化的景観と、日本の文化的景観というのはちょっと質が違うなということです。
 浅川  それについては、岡野も今城も研究していたし、講義できっちり教えていますよ。
 大給  はい。修論の調査で、「石見銀山遺跡とその文化的景観」の中核である大森とか温泉津を見ていくと、日本の文化的景観は人の営みが見えることを重要視していると思いました。大森の人はその営みを見せて積極的に来訪者に発信しています。地元企業も町並み保全に理解があり、若者が大森に魅力を感じていきいきと働く姿を目にしました。銀山の産業遺産としての文化・景観を伝えていきたいという住民の気運の高さがありました。一方、温泉津は、人口減少に悩まされていますが、鄙びた温泉街が大きく変化することなく、町並みの歴史を伝えています。同じ世界遺産内の重伝建でも多少異なるようですが、日本の文化的景観は、やはり生活・生業に価値を見出している。世界遺産条約でも「文化的景観」が謳われていますが、こちらは自然との共生、生物多様性、無形遺産に着目した側面ももっています。もちろんワイン農園とか人間の活動によって「継続する景観」もありますし、日本でも文化的景観として共通して価値を認識され始めているのではと感じているところです。
 浅川  採用するか否か悩むコメントですねぇ。日本の文化的景観は、世界遺産の「継続する景観」に相当するんですよ。それ以外のカテゴリーは「名勝」や「史跡」でカバーできる。今のが筑波での修士論文の内容なの?少し大きい文字
 大給  「近現代における大森銀山の景観の変遷」が修論の題目でした・・・
 浅川  ・・・・・・
 栗原  筑波大の世界遺産コースでは海外調査にも参加されたんでしょう?
 大給  修論とは別なんですが、カンボジアのサンボー・プレイ・クック遺跡群周辺の調査に参加し、GPS受信機を用いて、村の全体配置図を作成する班に配属されました。まだ地図もできていない集落なのですが、GPSを使用して、各私有地の端点を測位して敷地境界線を明らかにしながら、現在に至る集落の形成プロセスをヒアリングしたのです。それをもう延々と何日も繰り返してデータを集めました。世界文化遺産登録をめざす構想範囲に入っている集落でしたので、今後の遺跡マネージメントに情報を活用できるようになれば、というのが目的の一つです。
 栗原  カンボジア以外では?
 大給  インドネシアでボロブドゥール遺跡の挙動観測に加わりました。写真測量変位プレートという鉄板を遺跡の各所に貼りつけて温度の日変化を記録するのです。それが熱とか地震とかで動いた状態を、写真と温度測定器でサンプル採取します。日本に持ち帰って、石材の動きを過去のデータと照らし合わせ解析するのです。
 浅川  保存工学だね、むしろ。 
 大給  測量もやりました。トラバース測量して、各基準点から測位し、前回調査からどのぐらい動いたかのか確かめるんです。
 浅川  筑波大の世界遺産コースともなれば、トータルステーションなど大がかりな器材を日本からもちこんで測量するんでしょ?
 大給  そのときはまだ予算がなかったみたいで、器材をもちこんではいません。現地スタッフとともに日本の測量手法を学ぼうということで、つまり一種の研修教育なのですが、現地機関が所有する1930年代製造のセオドライト(トランシット)を使用して測量しました。 【続】


スポンサーサイト
  1. 2016/05/07(土) 21:19:51|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Have a great new year !

2016賀状01



 あけましておめでとうございます。

 あるゆる国・地域でテロが頻発しつつあります。とりわけ盲点となっているのがマレーシア。穏健なイスラム国家ですが、穏健さを仮面にして過激なテロリストが集まっている。かれらはクリスマスを目の敵にしていることが昨年判明しました。
 テロに屈しない社会を築きましょう!!



1231sauna02_2016010123420668c.jpg 「蝶野正洋特別仕様のサウナスーツ」を検索したところ、2010年の賀状がヒットしました。6年前から真っ黒なサウナスーツで走り続けてきたわけですが、昨秋、請われるままにSugarのサウナスーツを注文。その途端にヘルニアを発症してしまった・・・
 昨日、つまり大晦日、だからつまり、59歳の誕生日、この銀色のスーツを着て1時間スロージョギングしました。一月半ぶりのジョギングです(じつは1年半ぶりに髭も剃ってます)。走ったり歩いたりしてもなんともありません。腰掛けると痛みが走る。ぼちぼち直していきます。いずれ、テロリストにワンツーから、得意の左フック!!


 
  1. 2016/01/01(金) 23:16:35|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ごあいさつ

 ご無沙汰しております。ASALAB第1期卒業生の清水拓生(タクヲ)です。
 今回はご報告があり、LABLOGの場をお借りして、このような投稿をさせていただきました。
 私ごとではありますが、今年度4月より大田市職員に正式に採用され、石見銀山課配属の文化財技師として勤務することになりましたのでお知らせします。
 このブログでの最後の投稿は、遡ること2年前。「退職のご挨拶」にて、大学職員の退職並びに大学院修了の報告をしていましたが、その後の2年間は島根県庁に勤務し、このたび世界遺産と2つの重伝建地区を有する島根県大田市で、それらに関わる仕事を得た次第です。
 採用の情報を得たのが昨年末。そこから、ある人物との雌雄を決する対決を経て、内定通知をいただいたのが2月下旬ということで、2015年にはいってから慌ただしい日々を過ごしておりました。今、こうして大田市の職員として文化財行政に携わることができるのも、公募の情報を提供いただいた教授、会長のお陰と思っております。また、転職に際しては、前職場の方々にもご理解をいただきました、この場をもって、厚く御礼申し上げます。


 新しい職場でもより一層の情熱をもって望む所存ですので、今後とも変わらぬご指導、お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。お近くにお越しの際は、ぜひ大田市へもお立ち寄りください。
 それでは、短い挨拶で恐縮ではありますが、転職のご報告とさせていただきます。(タクヲ)

  1. 2015/04/22(水) 20:09:24|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2015 謹賀新年

201412312341332a3.jpg



  新年あけましておめでとうございます!
 
  ことしもたまにはこちらに記事を書きます。
  こういうサブ・サイトは結構役に立つものですね。
  あんまり人が読んでいないようで、そうでもないのがこのサイトです。
  というか、今でもアクセス数は、LABLOGがLABLOG 2Gを上回ってます。 

  今年もよろしくお願い申し上げます。


20150101014115.jpg

  1. 2015/01/01(木) 00:49:07|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

転居のお知らせ

長年のご愛顧、ありがとうございました

 突然のお知らせですが、本日をもって、このサイトを終了します。原則として、今後、記事の更新はありません(何かの例外でこちらにアップすることもないとはいえませんが)。2005年の4月に始まったLABLOGは、まる7年の歳月を経て、画像容量がリミットに近づいております。どこかで転居せざるをえない状況に追い込まれておりました。
 この7年間に書いたブログ記事の総数は2955本に及びます(一部削除しています)。総アクセス数は不明ですが、日々のアクセスから推算するに100万アクセスは超えているはずです。また、「拍手」の総数は10223に達しております。当初は記事の総計3000本での転居が踏ん切り良いだろうと計画していたのですが、なにぶん容量は限界に達しており、猶予はありません。この問題を解決すべく、昨年末より2期生のホカノ君と11期生の匠くんが新しいサイトの立ち上げに尽力しておりました。
 そのサイトは、LABLOG 2G と二人が独断で命名し、4月初旬に仮オープンしたのですが・・・・レイアウト等のデザインが気にくわない。教師が納得できないわけです。いろいろ注文をつけました。結構ほったらかしの時期もありましたが、催促すると改善してくれました。結果、課題の約70%をクリアできましたので、正式の引っ越しを決意した次第です。
 新しいサイトは以下のとおりです。

  LABLOG 2G  http://asaxlablog.blog.fc2.com/

 明日以降、研究室の活動記録はLABLOG 2Gに掲載されます。LABLOGを長年ご愛読いただきまして、まことにありがとうございました。
 今後はLABLOG 2Gをお引き立ていただきますよう、研究室一同お願い申し上げます。


so long

[転居のお知らせ]の続きを読む
  1. 2012/05/13(日) 00:00:53|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ

asa

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。