FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

大学院受験に係る問題

 3月13日(土)、一般入試後期の業務を終えた後、ある近しい人物から本学大学院の社会人入学に関する質問を受けた。はるか昔、大学院研究科長をやっていた時期があったので、だいたいのことはわかっているつもりだが、少し調べ直したのでメモを残しておく。大学院修士課程の入学条件に係る本学と文科省のサイトは以下の通りである。

公立鳥取環境大学
https://www.kankyo-u.ac.jp/exam/r3/in/

文科省
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shikaku/07111316.htm

 大学院受験以前に計16年の修学履歴があれば、何も問題はないが、たとえば大学を出ていない社会人が大学院修士課程を受験する場合、環境大学の6および文科省の10の条件をクリアする必要がある。環境大学の6には以下のように記載されている。

 6 本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、令和3年(次年度の場合、4年)3月31日までに22歳に達する者
 ※なお、上記6により出願する場合は、あらかじめ資格審査を実施しますので、各期の出願締切日の1ヶ月前までに入試広報課へお問い合わせください。

 入試のスケジュールは、今年度の場合、以下のようになっている(すでに終了)

【出願期間】
令和3年1月12日(火)~1月21日(木)
【試験日】
令和3年2月9日(火)

 次年度以降もこれに近い日程になると思われる。

[大学院受験に係る問題]の続きを読む
  1. 2021/03/15(月) 04:14:45|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コロナ賛歌(1)

0923ガイダンス001



後期ガイダンス

 9月23日(水)、後期ガイダンスが始まりました。みてください、この「密」な状況・・・あれだけ学生たちには「三密を避けよ」と指導していた大学当局が用意した部屋がこれです。1学年130名以上の学生と教員数十名が一つの部屋に集合させられたのです。
 公立鳥取環境大学は、後期から原則「開講」に踏み切ることとなりました。全国では15~20%の大学がこういう判断を下したようですが、同じ県東部にある鳥取大学は原則「オンライン」です。私は何度も全面的な授業開講に反対の意を唱えてきました。本学では、前期後半のコロナ第一波収束時(6月後半~7月)から一部の授業を対面型に移行してきており、その継続ならば理解できないでもありませんが、後期開始時は県外に帰省していた学生が一同に会する危険なタイミングであり、2週間~1ヶ月のオンライン授業を挟みながら、状況を観察しつつ再び対面型へ漸次移行すべきというのが適切な対応と考えていたのです。とりわけ9月11日以降、米子・鳥取・境港で13名のクラスターが発生し、陽性反応者の大半が県外者であったことから、後期開始ガイダンス時に対する懸念は増す一方でした。しかし、原則「開講」の方針が変更されることはありませんでした。

 1コマめのガイダンス(1年生)で教員は全学年の成績表を受け取り、その後、研究室に分かれて担任学生に成績表を手渡しました。ともかく「密」な状態が気になったので、学生に問うたところ、「学生間の距離は1mない」とみな口を揃えます。机一つ分の隙間があるだけなので、50~60㎝のディスタンスでしょうね。最近、小学校のディスタンスが1.5m以上から1.0m以上に変更されたばかりですが、大学生の扱いはそれ以下であります。
 2コマめ(3年生)のガイダンスは密を避けるため研究室で待機していました。1時間以上経って、ようやくゼミ生が研究室に集まってきました。「なぜこんなに長かったのか? 1年はこの半分の時間だったのに」と問うたところ、「○○先生のスピーチが長くて・・・」とのこと。県外者が一同に会する後期開始の、最も危険なタイミングに、あれだけ「密」の教室で長話する。コロナに対する危機意識が高いとはお世辞にも言えませんね。

 それにしても「コロナ賛歌」の「賛歌」ってなんや? 狂言か?? そう言われても仕方ありません。当て字です。参加、酸化、産科、傘下、惨禍、参稼・・・どの漢字がふさわしいか、しばらく様子をみましょう。

 
0923ガイダンス002


  1. 2020/09/24(木) 03:13:26|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

修士論文アブストラクト

Comparative study on the stupas of the Middle esoteric Buddhism and Tibetan Buddhism
-Basic consideration about their structure and placement -
                                    OKAZAKI Kohei

 Abstract  Esoteric Buddhism is the final form of Mahayana which was concurrently established with the rise of Hinduism in India. It developed and divided into three stages; early, middle and late, and spread to the neighboring countries. The Shin-gon sect founded by Kukai in the early 9th century inherited the middle-aged Esoteric Buddhism that had been introduced from India to China in 7th century and matured in China through 8th century. On the other hand, Tibetan and Bhutanese Buddhism, which is the object of our recent investigation, is a metamorphosis of the late-aged Esoteric Buddhism established in India at 7th century and preached there after the late 8th century. It is generally considered to hardly have the relation with Middle Esoteric Buddhism in Japan. This report aims at comparing Japanese stupas(〝Hoto〟and〝Tahoto〟) as the symbol of Esoteric Buddhism with the Tibetan Buddhism heritages never noticed before, and trying to close up the relativity of their history and characteristics. According to the chapter of Treasure Pagoda(〝Hoto〟) in the Lotus Sutra, the original meaning of Treasure Pagoda is "the beautiful great Tower where Prabhutaratna lives", and there was no strict distinction between〝Hoto〟(one-storied stupa) and〝Tahoto〟(two- storied stupa). In Japanese Esoteric Buddhism after 9th century, 〝Hoto〟is not the pagoda for Buddha's ashes, but the pagoda for enshrining the images of Vairocana, Prabhutaratna and so on. The Tibetan stupa is also not for Buddha's ashes, but a kind of〝Hoto〟where various deities are worshiped. In the case of Japan, such〝Hoto〟as the buildings only have remained after the Momoyama period(16 th century). Besides〝Tahoto〟 as the buildings only after the Kamakura period(12 th century).
 Hence it is not possible to know the ancient appearance before and after the Esoteric Buddhism transmission. However, there are still some miniatures of 〝Hoto〟on the palm of the Vaisravana images before and through Heian period(9-12 th century). The oldest example is the one with Vaisravana image in the Golden Hall of Horyu-ji Buddhist monasteries dating back to the Mid 7th century. The five metal pinnacles on the roof make us remind of Mahabodi great pagoda(5th or 6th century) in Buttagaya where Sakyamuni had enlightened. Small stupa with Vaisravana images after 9th century is certainly a〝Hoto〟type. But a lot of them have bulging walls and present the shape of the urn (Buddha's bones container). It might be presumed to have gradually gotten the architectural details. By the way, ancient India's Vaisravana did not have a pagoda on their palm. When Mahayana was preached on the way from India to China, it is supposed that stupa was placed on his palm around the Kingdom of Khotan. And such figures were drawn in the mural paintings of some Grottoes during the period of Northern and Southern Dynasties. According to Chinese literature in 7th century, there is Buddha’s ashes inside the stupa on the palm of Vaisravana . So, it could be understood that stupa with Vaisravana was the pagoda for Buddha's ashes. And author can not but agree to the idea that as the〝Hoto〟with Vaisravana in the Heian period is Buddha's bones container, it was similar to the shape of the urn, but the total figure presenting the shape of 〝Hoto〟shuoud be considered to have received the influence from esoteric Buddhism.
 In the case of Japan, 〝Hoto〟is the dome-shaped one story pagoda set up on the low foundation, and〝Tahoto〟is the two-story pagoda attaching the pent roof to the wall of〝Hoto〟. On the other hand, Tibetan stupa is two-storied brick-masonry building of “Upper-round / Lower- square”, in which the lower terrace are piled high like the ordination platform, and upper stupa is built up on the lower terraces. The structural principle of both Japan and Tibet is different at all. Paying attention to the structural principle, Japanese“Hokyoin-to”, which is the translated term of the pagoda for Guhyadhatu-karandamudra dharani-sutra and is the small stone-built pagoda imitating the stupas of King Asoka, resembles the Tibetan stupa. “Hokyoin-to” is an extremely minor entity in the academia of Japanese architectural history. However, as there are not a little common points between it and ancient Chinese and Tibetan stupas, author recognizes it as the architectural heritage that should be re-evaluated from Asian perspective.
 Finally, Author re-considers the time when the Middle esoteric Buddhism was introduced to Japan. As the climax of it in China was the 8th century, envoy monks to the Tang Dynasty would have heard the information of it before Kukai. Such knowledge, of course, should have been given to Japan during the Nara period (8th century), it is possible the great Buddha image built in the Golden hall of Todaiji-monasteries as the head of Avatamska denomination received the proper influence from its information. It is estimated from the fact that the principal image of both Avatamska and Shin-gon sect is Vairocana. Zuto-site located at the place about 1km south from South gate of Todai-ji precinct could be reconstructed to such large stupa as three-dimensional mandala found in some districts in Tibet. Besides, the placement that stupa was built away in front of the precinct may have been the two-dimensional representation of the far-off distance of the vertical direction to the Pure Land.

 Keyword  Esoteric Buddhism Tibetan Stupa 〝Hoto〟〝Tahoto〟〝Hokyoin-to〟
        Three-dimensional Mandala Vaisravana

[修士論文アブストラクト]の続きを読む
  1. 2020/03/27(金) 02:11:03|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020恭贺新年

20191111羅徳啓先生(上海)00モノクロ01


大家、新年快乐!

去年三次访问了中国,写了三篇中文论文,在中国的学会两次讲演了。
对中国茶的爱是加深的一方面。
今年打算和学生们一起访问上海的母校。现在开始快乐。

祈求各位的幸福!

令和二年元旦


20191111羅徳啓先生(上海)01料理 20191111羅徳啓先生(上海)

↑2019年11月11日(一)、在上海浦东大众机场宾馆和羅徳啓先生夫妻拍纪念照。

20191128片寄先生、浅川先生 2020賀状(寅)_01

↑2019年11月28日(四)、在蕎麦切"髙屋"和片寄俊英先生一起拍纪念照。中桥文男先生拍摄。


  1. 2020/01/01(水) 10:37:40|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

囍来登記(5)外伝

0101上海01同大01 0101上海01同大11



新年快楽 萬事如意


 新年あけましておめでとうございます。
 LABLOGは今年も月一度のペースで記事をアップしていきます。
 LABLOG 2Gともどもよろしくお願い申し上げます。

                     平成31年 元旦


0101上海01同大10 0101上海01同大04sam縦



母校訪問

 元旦に母校を訪問した。同済大学で学んだのは1983~84年のことである。帰国後も指導教官の陳従周先生をよくたずねたが、とりわけ本職に異動後、上海を訪れる機会が少なくなった。たぶん約30年ぶりの訪問になると思う。
 もちろん校舎は大変わりしている。留学生楼は木造2階建だったし、ほかにも木造の建物がいくつかあった。いまはもう一面がRCになっている。ただ、窮屈な感じはない。ごらんのように、プラタナスの並木がひろがる緑豊かなキャンパスにはゆとりがある。

 毛主席の像は以前と変わっていないはずだ。いまや文化財である。懐かしくなって何枚か記念撮影した。あとはトイレを探した。この年末年始の江南は寒いのなんの、ジャージとダウンベストでは全然足りなくなって、無錫のスーパーで3Lのジャンパーを5,000円で仕入れて、毎日5~6枚の重ね着をした。ともかく寒いので厠も近くなる。門衛さんにたずねると、いちばん近い棟の2階にあるということなので、駆け上がって用を足した次第です。


0101上海01同大12 0101上海01同大02sam


 
雪辱-奈良のオールブラックス

 1月2日(水)、帰国翌日でふらふらしていたが、たまたま大学ラグビー準決勝の天理 vs.帝京の試合でチャンネルがとまった。因縁の対決である。7年前の決勝(2011)で両チームは相対した。帝京が勝てば同志社の3連覇に並び、天理が勝てば、同志社以来27年ぶりの関西勢優勝となる因縁の対決であった。両チームにはキーマンがいた。天理はスタンドオフの立川(現クボタ)、帝京はスクラムハーフの流(現サントリー)である。試合は終了間際まで両校相譲らず、12-12で引き分けると思われたが、ラストプレーで帝京がPGを決めて辛勝し、帝京は同志社以来の大学選手権3連覇を成し遂げたのである。当時、流は1年生であり、4年に至るまで勝ち続け、さらにその後も帝京は3年連続で優勝し、9連覇を成し遂げた。今シーズンは10連覇のかかる重大な区切りの歳なのだが、再び奈良のオールブラックスが立ちはだかった。
 結果は、29―7で天理の圧勝。体重の劣る天理のFW戦が帝京を押しまくり、バックスも7年前と同じくトンガ留学生が躍動してトライを重ねた。かくして帝京の10連覇は露と消えたが、天理にはまだ明治との決勝が残っている。
 ちなみに流が主将を務めるサントリーは、昨年末の全国社会人選手権で、ダン・カーターの神戸製鋼に惨敗し、三連覇を逃している。神鋼に続き、天理に勝ってほしい。同志社以来34年ぶりの関西勢大学制覇を心から祈っている。


0101上海01同大13 0101上海01同大10縦


  1. 2019/01/03(木) 23:54:44|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

本家魯班13世

03 | 2021/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search