FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

囍来登記(5)外伝

0101上海01同大01 0101上海01同大11



新年快楽 萬事如意


 新年あけましておめでとうございます。
 LABLOGは今年も月一度のペースで記事をアップしていきます。
 LABLOG 2Gともどもよろしくお願い申し上げます。

                     平成31年 元旦


0101上海01同大10 0101上海01同大04sam縦



母校訪問

 元旦に母校を訪問した。同済大学で学んだのは1983~84年のことである。帰国後も指導教官の陳従周先生をよくたずねたが、とりわけ本職に異動後、上海を訪れる機会が少なくなった。たぶん約30年ぶりの訪問になると思う。
 もちろん校舎は大変わりしている。留学生楼は木造2階建だったし、ほかにも木造の建物がいくつかあった。いまはもう一面がRCになっている。ただ、窮屈な感じはない。ごらんのように、プラタナスの並木がひろがる緑豊かなキャンパスにはゆとりがある。

 毛主席の像は以前と変わっていないはずだ。いまや文化財である。懐かしくなって何枚か記念撮影した。あとはトイレを探した。この年末年始の江南は寒いのなんの、ジャージとダウンベストでは全然足りなくなって、無錫のスーパーで3Lのジャンパーを5,000円で仕入れて、毎日5~6枚の重ね着をした。ともかく寒いので厠も近くなる。門衛さんにたずねると、いちばん近い棟の2階にあるということなので、駆け上がって用を足した次第です。


0101上海01同大12 0101上海01同大02sam


 
雪辱-奈良のオールブラックス

 1月2日(水)、帰国翌日でふらふらしていたが、たまたま大学ラグビー準決勝の天理 vs.帝京の試合でチャンネルがとまった。因縁の対決である。7年前の決勝(2011)で両チームは相対した。帝京が勝てば同志社の3連覇に並び、天理が勝てば、同志社以来27年ぶりの関西勢優勝となる因縁の対決であった。両チームにはキーマンがいた。天理はスタンドオフの立川(現クボタ)、帝京はスクラムハーフの流(現サントリー)である。試合は終了間際まで両校相譲らず、12-12で引き分けると思われたが、ラストプレーで帝京がPGを決めて辛勝し、帝京は同志社以来の大学選手権3連覇を成し遂げたのである。当時、流は1年生であり、4年に至るまで勝ち続け、さらにその後も帝京は3年連続で優勝し、9連覇を成し遂げた。今シーズンは10連覇のかかる重大な区切りの歳なのだが、再び奈良のオールブラックスが立ちはだかった。
 結果は、29―7で天理の圧勝。体重の劣る天理のFW戦が帝京を押しまくり、バックスも7年前と同じくトンガ留学生が躍動してトライを重ねた。かくして帝京の10連覇は露と消えたが、天理にはまだ明治との決勝が残っている。
 ちなみに流が主将を務めるサントリーは、昨年末の全国社会人選手権で、ダン・カーターの神戸製鋼に惨敗し、三連覇を逃している。神鋼に続き、天理に勝ってほしい。同志社以来34年ぶりの関西勢大学制覇を心から祈っている。


0101上海01同大13 0101上海01同大10縦


  1. 2019/01/03(木) 23:54:44|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

同窓会

2018卒業生飲み会


 7月13日(金)。今年のASALAB卒業生である、OK牧場・みひろ・ぱでぃ・きびたろうの4人でちょっとした同窓会を開催しました。今春、和歌山に就職したみひろが鳥取に遊びに来るということで、卒業した今も鳥取に住むゼミ生が集まったというわけです。兵庫のかっきーさんは残念ながら仕事で来られず、松江のだっしょにいたっては酒乱きびたろうを恐れて同窓会自体を拒絶してしまいました・・・
 3人とは久々に再会しましたが、皆たいして変わった様子もありませんでした。社会人になった今でも、あいかわらず嵐やらJ Soul Brothersやらを追っかけ回しているらしく、3人の将来がやや不安になりましたが、元気そうだったのでなによりです。
 会場はとっとり屋です。私はまだ学生のため社会人の3人が気前よくおごってくれるのを若干期待していましたが、残念ながらきっちり割り勘でした。今度飲み会するときは、焼肉でもおごってくれることを期待しています。(OK牧場)


  1. 2018/07/26(木) 16:14:36|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

2018謹賀新年

1228和平01 1228和平02 1229よえん06
 

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い申し上げます。
 年末年始の上海スナップのうち娘が撮影したものをアップしておきます。
 ご笑覧ください。

平成30年元旦


1229よえん02豫園


1229よえん01上海老飯店(豫園)
 

1229よえん03春風得意楼(豫園)
 

1229よえん04孔雀(新天地)
 

1229よえん05アンダz(新天地)
 

1231六角101ラピスラズリ
 
[2018謹賀新年]の続きを読む
  1. 2018/01/01(月) 23:27:33|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

座談会「民族建築その後」(その6+)


大給(おおたび)の旅

 大給  ASALABに在籍していた2008-09年度、県環境学術研究費の助成をうけて「文化的景観の解釈と応用による地域保全手法の検討-伝統的建造物群および史跡・名勝・天然記念物との相補性をめぐって-」という調査研究が進められていました。
 浅川  科研のハロン湾調査の裏で、同時期に国内の文化的景観研究に取り組んでいたんです。おもな主題は二つあった。一つは「限界集落と文化的景観」、もう一つは「山岳信仰と文化的景観」です。
 大給  わたしは後者のほうと係わっていましたが、「岩窟/絶壁型の懸造仏堂」の系譜が主題でして、文化的景観は今城さん(現在は岡垣さんの奥さん)が修士研究で「山岳信仰と文化的景観」に取り組まれていました。わたしはその後、3年間、民間の会社で働いて、社会人入試で筑波大学大学院修士課程に進学し、文化的景観を専門とされる教授に指導を受けることになりました。筑波に行って感じたのは、世界遺産の文化的景観と、日本の文化的景観というのはちょっと質が違うなということです。
 浅川  それについては、岡野も今城も研究していたし、講義できっちり教えていますよ。
 大給  はい。修論の調査で、「石見銀山遺跡とその文化的景観」の中核である大森とか温泉津を見ていくと、日本の文化的景観は人の営みが見えることを重要視していると思いました。大森の人はその営みを見せて積極的に来訪者に発信しています。地元企業も町並み保全に理解があり、若者が大森に魅力を感じていきいきと働く姿を目にしました。銀山の産業遺産としての文化・景観を伝えていきたいという住民の気運の高さがありました。一方、温泉津は、人口減少に悩まされていますが、鄙びた温泉街が大きく変化することなく、町並みの歴史を伝えています。同じ世界遺産内の重伝建でも多少異なるようですが、日本の文化的景観は、やはり生活・生業に価値を見出している。世界遺産条約でも「文化的景観」が謳われていますが、こちらは自然との共生、生物多様性、無形遺産に着目した側面ももっています。もちろんワイン農園とか人間の活動によって「継続する景観」もありますし、日本でも文化的景観として共通して価値を認識され始めているのではと感じているところです。
 浅川  採用するか否か悩むコメントですねぇ。日本の文化的景観は、世界遺産の「継続する景観」に相当するんですよ。それ以外のカテゴリーは「名勝」や「史跡」でカバーできる。今のが筑波での修士論文の内容なの?少し大きい文字
 大給  「近現代における大森銀山の景観の変遷」が修論の題目でした・・・
 浅川  ・・・・・・
 栗原  筑波大の世界遺産コースでは海外調査にも参加されたんでしょう?
 大給  修論とは別なんですが、カンボジアのサンボー・プレイ・クック遺跡群周辺の調査に参加し、GPS受信機を用いて、村の全体配置図を作成する班に配属されました。まだ地図もできていない集落なのですが、GPSを使用して、各私有地の端点を測位して敷地境界線を明らかにしながら、現在に至る集落の形成プロセスをヒアリングしたのです。それをもう延々と何日も繰り返してデータを集めました。世界文化遺産登録をめざす構想範囲に入っている集落でしたので、今後の遺跡マネージメントに情報を活用できるようになれば、というのが目的の一つです。
 栗原  カンボジア以外では?
 大給  インドネシアでボロブドゥール遺跡の挙動観測に加わりました。写真測量変位プレートという鉄板を遺跡の各所に貼りつけて温度の日変化を記録するのです。それが熱とか地震とかで動いた状態を、写真と温度測定器でサンプル採取します。日本に持ち帰って、石材の動きを過去のデータと照らし合わせ解析するのです。
 浅川  保存工学だね、むしろ。 
 大給  測量もやりました。トラバース測量して、各基準点から測位し、前回調査からどのぐらい動いたかのか確かめるんです。
 浅川  筑波大の世界遺産コースともなれば、トータルステーションなど大がかりな器材を日本からもちこんで測量するんでしょ?
 大給  そのときはまだ予算がなかったみたいで、器材をもちこんではいません。現地スタッフとともに日本の測量手法を学ぼうということで、つまり一種の研修教育なのですが、現地機関が所有する1930年代製造のセオドライト(トランシット)を使用して測量しました。 【続】


  1. 2016/05/07(土) 21:19:51|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Have a great new year !

2016賀状01



 あけましておめでとうございます。

 あるゆる国・地域でテロが頻発しつつあります。とりわけ盲点となっているのがマレーシア。穏健なイスラム国家ですが、穏健さを仮面にして過激なテロリストが集まっている。かれらはクリスマスを目の敵にしていることが昨年判明しました。
 テロに屈しない社会を築きましょう!!



1231sauna02_2016010123420668c.jpg 「蝶野正洋特別仕様のサウナスーツ」を検索したところ、2010年の賀状がヒットしました。6年前から真っ黒なサウナスーツで走り続けてきたわけですが、昨秋、請われるままにSugarのサウナスーツを注文。その途端にヘルニアを発症してしまった・・・
 昨日、つまり大晦日、だからつまり、59歳の誕生日、この銀色のスーツを着て1時間スロージョギングしました。一月半ぶりのジョギングです(じつは1年半ぶりに髭も剃ってます)。走ったり歩いたりしてもなんともありません。腰掛けると痛みが走る。ぼちぼち直していきます。いずれ、テロリストにワンツーから、得意の左フック!!


 
  1. 2016/01/01(金) 23:16:35|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

asa

12 | 2019/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search