FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

大阪のバール

 98年のフランスW杯では、幽霊チケット問題で日本全体が震撼した。わたしも、被害者の一人だった。東急観光のツアーに参加し、バルセロナ経由でトゥールーズに乗り込んで、日本対アルゼンチン戦のチケット抽選会に臨んだのだが、もののみごとに敗北。河岸の大きなスクリーンで、日本のW杯初試合を観戦したのであった。で、今回、フランスはどうでもいい。問題はバルセロナである。
 バルセロナはシエスタ(昼寝)とバール(Bar)の都市(まち)である。バールというのは居酒屋だが、まず椅子はない。みんな立ったままカウンターで酒を飲み、お惣菜を食べる。仕事を終えたスペイン人たちは少なくとも3~5軒のバールをまわって、ようやく深夜のディナーを迎える。わたしもまた5軒のバールをはしごし、さんざん美味しい前菜を食べて酔っぱらった後、地中海に臨むレストランで海鮮料理を味わった。ワインもカバもサングリアもシェリーも、ともかくなんでもかんでも美味いから、飲み過ぎてしまって、最後は道路に顔を埋めて眠ってしまい、ひんしゅくの嵐。以来、バルセロナは忘れがたい都市になった。
 じつは、大阪にもバールがある。経営者は「バールって何?」と知らんぷりするかもしれないが、わたしのタイポロジーでは、まぎれもなく、バールである。要するに、立ち呑みの居酒屋なのだが、これがまた、たまらない。大阪経由で鳥取に帰るときの楽しみは、立ち呑み居酒屋のはしごだ。スーパーはくとや高速バスを待つ短い時間に、少なくとも2軒はまわりたい。最近の店は酒や料理の品揃えが豊富だ。まさに居酒屋の縮小版。写真上の店がこの典型なのだが、この店に入ると、まずブラックニッカのハイボールを注文する。これが200円。あまりに美味いので、家に帰って、ブラックニッカに炭酸水を混ぜてみたのだけれども、どうしてもこの店の味にならない。不思議だと思う。この前の記録では、ハイボールのほかに、そら豆、ジャコおろし、冷や奴を頼んで、総額1050円。それから串カツ屋に寄った(写真下)。こちらは古典的な立ち呑み居酒屋で、カウンターに、お客さん共用のキャベツの箱とソースの箱をおいているのだが、そこに厳格なルールがある。
  「串カツにソースを浸すのは一度だけ。」
一度、口に含んだカツは二度とソースに浸せない、という規則であって、衛生上、きわめて合理的だから、文句をいう客はいない。ただ、はじめての客は、どうしても、ソースを浸けすぎる。この前の記録では、焼酎の水割に串カツ7~8本で1040円だったから、「安いねぇ」と呟いたら、となりで飲んでいたおっちゃん曰く、
  「高い、たかいて! チューハイ300円を150円にせぇ、言うとんのや。」
とのご意見でした。
 

20050712230244.jpg



20050712230255.jpg


[大阪のバール]の続きを読む
  1. 2005/07/12(火) 22:59:28|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第2回大社造シンポジウム

miscサーバー不調につき、研究室ホームページの更新ができない状態になっていますので、ここに第2回大社造シンポジウムの詳細を公開いたします。わずかですが、オブザーバーに余裕がありますので、希望者はasax*kankyo-u.ac.jpまでご連絡ください。

◆鳥取環境大学(浅川科研費)・島根県古代文化センター共催

1.日 時   2005年9月20日(火)~21日(水)
2.会 場  タウンプラザしまね 6階大会議室
      (島根県市町村振興センター ℡0852-28-4850)
       〒690-0087 松江市殿町8番地3(県博南向かい)
3.参加者   討論者+オブザーバー =約30名前後  
4.発表者、内容、シンポ、日程、次第(以下、敬称略。題目はすべて仮題)
  ◎総合司会進行、コーディネーター 浅川滋男・松本岩雄 


9月20日(火)

 09:00 開会挨拶: 松本岩雄(島根県古代文化センター)
     趣旨説明: 浅川滋男(鳥取環境大学) 

Session01 大社の創建と大社造の成立をめぐって
 09:10-09:40 錦田 剛志(島根県古代文化センター)
   「『神社』の成立をめぐる研究視座」
09:40-10:10 林 一馬(長崎総合科学大学)
   「記紀にみる神社の創立伝承と出雲の特殊性」
10:10-10:40 松尾 充晶(島根県埋蔵文化財センター)
   「古代における出雲大社境内遺跡とその周辺」
 10:40-10:55 Coffee Break
 10:55-11:55 Comment & Discussion

Session02 考古学からみた山陰の掘立柱建物跡
12:55-13:25 高田 健一(鳥取大学)
総論Ⅰ「古墳時代までの9本柱遺構」
13:25-13:50 岩橋 孝典(島根県古代文化センター)
総論Ⅱ「島根県の古墳時代末~鎌倉時代の掘立柱建物跡集成」
13:50-14:15 中原 斉(鳥取県教育委員会)
  総論Ⅲ「鳥取県の古墳時代末~鎌倉時代の掘立柱建物跡集成」
14:15-14:30 Coffee Break
14:30-14:50 椿 真治(島根県埋蔵文化財センター)
   各論Ⅰ「渋山池遺跡」  
14:50-15:10 熱田 貴保(島根県埋蔵文化財センター)
   各論Ⅱ「三田谷Ⅰ遺跡」
15:10-15:30 宍道 年弘(斐川町教育委員会)
   各論Ⅲ「杉沢Ⅲ遺跡」
15:30-16:00 今岡 一三・松尾 充晶(島根県埋蔵文化財センター)
各論Ⅳ「青木遺跡」
16:00-16:15 Coffee Break
16:15-17:15 Comment & Discussion


9月21日(水)

Session03 出雲大社境内遺跡出土本殿遺構の復元
09:00-09:20 石原 聡(出雲市教育委員会) 
    出雲大社境内遺跡Ⅰ「大型本殿跡の建築的基礎情報」
09:20-09:45 藤澤 彰(芝浦工業大学)「復元案A」
09:45-10:10 浅川 滋男(鳥取環境大学)「復元案B」
10:10-10:35 三浦 正幸(広島大学)「復元案C」
 10:35-10:50 Coffee Break
10:50-11:50 Comment & Discussion


Session04 中近世の杵築大社造営をめぐって
 12:50-13:10 石原 聡(大社町教育委員会)
出雲大社境内遺跡Ⅱ「室町~江戸時代の遺構変遷」
13:10-13:40 目次 謙一(島根県古代文化センター)
  「文献にみる中近世の遷宮と造替」
13:40-14:10 西山 和宏(文化庁建造物課)
   「延享造営録と出雲大社本殿」
14:10-15:00 Comment & Discussion
 15:00-15:20

Session04 総合討論

17:00 閉会挨拶(松本岩雄)
17:15 全日程終了 解散

[第2回大社造シンポジウム]の続きを読む
  1. 2005/07/12(火) 01:03:30|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search