FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

東アジアサッカー選手権始まる

 「鳥取は日本でない」と思ったことがある。たしか3年ほど前、おそらくキリンカップの試合で、相手はメキシコだったはずである。詳細は抜きにして、要するに、日本代表の試合があるというから、夕方、車を飛ばして帰宅したのだが、どのチャンネルをまわしても、サッカーをやっていない。奈良に電話すると、ワイフは「いまやってるよ、6チャンネル!」というから、またしても、チャンネルをぐるぐるまわすのだが、やはり、結果は同じだった。
 こんなはずはない、と思った。この世の中に、自国代表のゲームがみられない地域があるなんて。よくよく考えてみると、鳥取ではニュース・ステーションをみることができない・・・・とすれば、答えは一つしかない。朝日放送(ABC)が試合の放映権をもっていて、鳥取には系列局がないから、試合がみれないのではないか。それでも、おかしい、と思った。なぜかというと、それは、その試合が日本代表の試合だからである。ものすごい視聴率を誇る日本代表の試合なのだから、チャンネル数の少ない地方では、他系列局がせめて深夜にでも放映するのがあたり前だろう。しかし、鳥取のどの局も、深夜に録画放映すらしない。
 あのとき「鳥取は日本じゃない」と心底思った。こんなところには長く住めない。住んではいけない、と心に秘めた?のであった。
 その翌年、大阪ABCのディレクターたちと一緒に中国を旅したとき、この問題について聞いてみた。
 「鳥取には、なぜおたくの系列局がないんですか?」
答えは簡単。
 「鳥取と島根に支局を設置しても、赤字になっちゃうんですよ」

 さて、今日から韓国で東アジア選手権が始まった。放映権をもっているのは、くだんの朝日放送である。コンフェデをフジ&TBSにさらわれたリベンジなのだろうが、世界水泳選手権と抱きあわせで、民放とは思えないほどスポーツばっかし流している(それにもうすぐ甲子園でしょ!?)。で、今日は、朝からいろいろ画策した。ノビタのほか、心あたりにケータイしまくり、なんとか録画の手配だけは完了させた。
 時は流れて、夕方6時半。大学の演習室にいるゼミ生たちに、
 「お~ぃ、だれかケーブルTVもってない?」
と聞いたら、桂木のアパートに住む岡野とピエールがしぶしぶ手をあげた。で、じゃんけんに負けたのは岡野。結果、岡野の部屋で東アジア選手権の初戦をみることになったのである。観戦者はあわせて7名。わたし以外、サッカーに興味のある者はゼロなので、退屈だろうから、食い物と飲み物をあてがった。
 さてさて、問題の北朝鮮戦だが、まともに論評する気にもならないほど凡庸な試合であった。要するに、中田と中村がいないジーコJAPANはこれほど弱い、という現実を素直に受け入れなければならない。まず第一にボランチと小笠原(トップ下)の距離が空きすぎている。これについては、宮本が自らディフェンス・ラインを押し上げ、もっと中盤に指示をださなければいけない。ブラジル戦のコメントでも触れたが、日本はもっと意識してコンパクトなゾーンに3ラインを形成しないと、今日の試合でみたように、ボランチと前線のあいだに大きなゾーンができ、敵の中盤がなだれ込んでくる。普段ならここに中田がいる。中田は敵の攻撃の芽を摘み取り、前線への縦のフィードをいつでも狙っているのだが、今日の日本は横パスをのらりくらり繋ぐばかりで、敵の守備陣形をまったく崩せなかった。小笠原も大黒も不調。中田・中村あっての存在でしかない、と酷評されても仕方ない試合であろう。
 勝ち続けている限り、メンバーを変えないというのがジーコの哲学だが、これでコンフェデ以降、1勝1分2敗の負け越し。メンバーを入れ替えるしかないのではありませんか!?

 
  1. 2005/07/31(日) 23:17:25|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木造住宅推進協議会講演@妻木晩田遺跡

 昨日(30日)、鳥取県木造住宅推進協議会(木推協 http:/www.tottoriken-mokuzo.com/)西部支部の依頼により米子市の白鳳の里「淀江ゆめ温泉」大広間で、「古代建築の復元」と題する講演をおこなった。天気予報では雨のはずだったのに、空は晴々、気温は上昇、午後2時からの妻木晩田遺跡の視察を終えた段階で、すでに熱射病に近いグロッキー状態となってしまった。そのまま白鳳の里「淀江ゆめ温泉」で、ゆららぁ~の湯ぅ~、といきたいところだったのだが、そんな願いが叶うはずもなく、大山乳業の優品「かぼちゃアイス」を食して気力をふりしぼり、講演にのぞんだ。
 わたしと木推協との交流は、今年の3月5日からはじまった。中部支部長・倉恒さんの熱心なお誘いにより、倉吉で「歴史的建造物の修理」という短い講演させていただいたのである。このときは、古材をできる限り再利用する文化財建造物の修理についてしゃべったのだが、今回は、オーセンティシティやらラスキンやらなにやら持ち出して、むしろ建造物・遺跡の修復整備に関する理論的側面を強調する講演となった。
 言いたかったことは何かというと、要するに、遺跡のオーセンティシティは「遺跡」そのもの、あるいはそれをはぐくんだ「地形」、あるいは遺跡や地形が生み出した「景観」にあるから、大切にまもらなければならないのは遺跡と地形と景観である、それに対して、復元建物にはオーセンティシティがないので、まったく不要だとは言わないけれども、遺跡整備の主役に躍り出てはいけない、あくまで脇役に徹するものでなければならない、ということである。昨年度、わたしたちがイングランドにまで出かけて遺構露出展示の手法を視察し、覆屋の設計に取り組んできたのも、以上のような認識を背景にしているからである(『仮設構法による巨大露出展示空間の創造』2005)。
 米子の「がいな祭り」と日程が重なり、聴講者の数は多くなかったが、松江からは古建築に造詣が深い山村さん(中国ジェクト)、鳥取市河原町の林業試験場からは大平さんが来場された。じつを言うと、次の講演は日本木材学会中国・四国支部2005年度研究発表会の公開シンポジウム(9月9日@鳥取県民文化会館)で、その事務局を務める大平さんが予備視察に来られたのである。シンポジウムの詳細については、後日、ホームページとブログの両方で報告します。

20050731165733.jpg


この素晴らしい景観をまもるためにも、復元建物の数を抑制する必要がある。
20050731165719.jpg

[木造住宅推進協議会講演@妻木晩田遺跡]の続きを読む
  1. 2005/07/31(日) 15:51:43|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search