FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

録画でみた東アジア選手権

 北朝鮮戦のあと、日本代表の試合をみるのはやめようと決めた。ジーコが、宮本を中心とするレギュラー・メンバーを替えるはずもないだろうから、わざわざ学生の下宿に押しかけて2時間以上も無為な時間を過ごすべきではない、と判断したのである。一言でいうと、初戦の日本代表は、ライヴでみるに値しないチームであった。
 さて、3週間ぶりに奈良に戻ってきて、中国戦と韓国戦のビデオをみた。
 いや、恐れ入りました。ジーコは、たぶん、おそらく、ものすごく腹がたっていたのだろう。北朝鮮戦の不甲斐ない戦いぶりに立腹し、悔しくなって、レギュラー組にペナルティを与えようとしたのではないか。それにしても、11人総取っ替えとは!? 
 小泉純一郎の郵政解散に匹敵する大英断である。

 中国戦は2点を先取されたが、試合を通して日本がボールを支配していた。巻、田中達也、本山の三角形で組織する攻撃にはリズム感があり、前線とボランチの距離も適度に縮まった。今野と阿部の動きは機敏で、守備に締まりがある。サッカーはボランチなんです。ボランチができる選手は、スウィーパー、ストッパー、ゲームメーカー、ストライカーなんでもできる。韓国のユ・サンチョルがこういうタイプのオールラウンダーなのだが、いまの日本でこれに匹敵するのは中田英しか思い浮かばない。中国戦における今野と阿部のコンビは、少なくとも福西と遠藤のコンビより機能的で、これに中田英が加わる場合、ボランチは中田と今野、リベロに阿部を配するのもおもしろいだろう。
 第2戦で考えさせられたのは選手交替である。後半の途中で、本山と巻に替えて玉田と大黒を投入した。発想じたいは悪くないのだが、如何せん、玉田と大黒は走りまわる同型のストライカーで、相性が良くない。村井に替えて入ったアレックスはいつもの通り。足下にボールをとめて、判断を躊躇し、相手に時間を与えてしまう。この3人を投入したために、試合のテンポは北朝鮮戦に逆戻りし、同点に追いつくのは不可能かとも思われた。田中達也の個人技がそれを救ったのである。
 韓国戦でジーコは、この選手起用をみごとに修正してきた。故障の田中達也に替えて、玉田を先発で起用して巻とツートップを組ませ、大黒は切り札として玉田と交替させた。巻というターゲットを固定し、玉田と大黒を併用しない方式である。アレックスも最後まで使わなかった。村井は体格でアレックスに劣るが、球離れが早く、判断が速い。結果、北朝鮮戦のようなリズムの悪さは消え失せた。
 韓国戦後、川淵キャプテンは「イラン戦はやはり北朝鮮戦のメンバーが中心になるのだろうが、若手を一人でもたくさん使ってほしい」とコメントしている。冗談ではない。ジーコの哲学では、「勝っているチームをさわる必要はない」のであり、韓国戦終了時点でのメンバーこそが次の試合のベースとなるべきであろう。但し、大黒はあくまで切り札として取っておきたい。先発のFWは巻と田中達也。ともかくイラン戦では、川口も宮本もアレックスも加治も福西もいない日本代表を、もう一度みてみたい。
 ビデオを見終わって思った。東アジア選手権の中国戦と韓国戦は、コンフェデ以上に重要な意味をもつ試合として、後世、語りつがれることになるのではないか。コンフェデの日本代表では、W杯に通用しない。若手が台頭して、中田英、中村、中沢らと融合し、川口、宮本、アレックス、加治、福西らが控え組としてベンチに座っている日本代表に生まれ変われば、日本は再びW杯の予選リーグを突破できるかもしれない。

 data 東アジアサッカー選手権
      日本2-2中国   日本1-0韓国
  1. 2005/08/09(火) 22:56:35|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

青谷上寺地遺跡出土建築部材検討会

 青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡と言えば、弥生人の脳で全国を席巻した低湿地遺跡である。この遺跡では、約12000点の木器・木製品も出土していて、そのうち6412点が建築部材の可能性があるとされ、この整理・分析が待望されていた。ようやく、この日、そのスタート地点に立つことができた。検討会の委員は、わたしのほか、工楽善通さん(大阪府立狭山池博物館長、元奈文研センター長)、渡邉晶さん(竹中大工道具館学芸部長)の3人。このほか県市の文化財関係者が13名出席した。会場は県埋蔵文化財センター秋里分室。出土部材を目の前においての検討会である。
 わたし自身は、今回会議室と収蔵庫に陳列していただいた木製品の大半をすでにみている。部材を同定できる材は、約半数。他の遺跡にくらべれば多いほうだろう。
 報告書の刊行は、平成21(2009)年度末が予定されている。6412点という数量から考えて、古典的な報告書のスタイルでは、全貌を捉えきれない、というのがわたしの意見である。現在、進めているデータベース化の作業(画像含む)を整理・分析のために限定せず、そのまま公開資料とするのがよいと考える。まず『青谷上寺地遺跡出土建築部材目録』をできるだけ早く刊行したい。その目録には、挨拶文、例言、一覧表のみ印刷し、6000点を超える部材データベースはDVDRに収録して、報告書に添付する。こうしておくと、たとえば「垂木」のデータが必要な場合、「垂木」で検索すれば、すべての部材を短時間でチェックできる。これをホームページ経由で公開するのもよいだろう。
 従来の報告書とはかなり異なったスタイルだから反発もあるかもしれないが、膨大なデータ処理と省エネルギー(時間・労力・印刷費)に有効で、時代にみあった情報公開のシステムではありませんか? これを第1段階として、つぎに優品300点程度を選んで実測データを示し、さらに復原研究などを含む『青谷上寺地遺跡出土建築部材 実測資料・考察篇』を刊行する。
 もちろん、以上は私案にすぎない。

20050809202642.jpg

↑さて、この板材は何でしょう?

20050809202701.jpg

↑この棒状の長い材(7m以上)は??



[青谷上寺地遺跡出土建築部材検討会]の続きを読む
  1. 2005/08/08(月) 23:59:36|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

のびたそば

 日曜日にしかやっていない蕎麦屋が国府町にあるという情報を教えてくれたのは、またしてもノビタである。最後にひむろ蕎麦を食べてから、もう一月近くたっていて、本格的な蕎麦の味に飢えていたから、ともかく、その蕎麦屋を探しにいこう、と決心した。しかし、それは蕎麦屋ではなかった。吉野という集落にある公民館のような施設で、日曜日だけ村人が土地のそば粉で手打ち麺を作ってくれるのだ。メニューはただ一つ、「天ざる」のみ。ざる蕎麦と天ぷらのほか、家庭料理風のお惣菜がずらりと並ぶ。これで一人前、1000円。普段は日曜日だけだが、お盆休みは何日か続けて営業するそうです。

20050807152129.jpg

20050807152136.jpg

  1. 2005/08/07(日) 15:19:37|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

清水タクオ 見参!

 この3月まで、ゼミのスーパーエースだった清水タクオが、昨夜10時半にあらわれた。但馬の藤原工務店で働くタクオは、週末になると、よく帰ってきていたらしいのだが、わたしのほうが週末は奈良なので、昨夜まで再会する機会がもてなかったのである。今回は、オープンキャンパスと重なってスケジュールがなんとか一致した。タクオが卒業論文として取り組んだ河本家住宅調査の報告書をわたすことができて、なによりほっとしている。
 卒業のころには腹がではじめていたのに、就職してから4キロも減ったということで、ごらんのようにガリガリになっている。飯も食っていないというから、ノビタを運転手に弥生町にくりだした(オデキを切ったノビタは抗生物質服用中)。居酒屋(兼うどん屋)→MOM→屋台と3軒まわった。MOMはとうとう全員浴衣になっていた(週末のみ)。I子さんにひとこと言っておくとですね、浴衣にフリルはちょっと問題というか、・・・思わせぶりすぎるというか、・・・もっと清楚で素朴なままでいいのではないか、というのが3名からのメッセージということで、どうせこんなブログ読まないだろうけど、書いておこうかな。
 タクオは早朝、茶室をみてから、サッカーの試合のために竹野まで戻るんだそうだ。若いから大丈夫だろうけど、体には気をつけて!

20050807150853.jpg

昨年度の成果報告書をもって(左から覆屋、河本家、GPS・加藤家)。
新しいIXY(700万画素)で撮影した最初の1枚です。
[清水タクオ 見参!]の続きを読む
  1. 2005/08/07(日) 15:13:15|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サシガネを使って -オープンキャンパス盛況

 今年のオープンキャンパスは、大阪・岡山方面に長距離バスを手配したからだろうか、例年にない活況を呈した。わたしが担当したミニ講義「サシガネを使って大工さんになろう」でも、受講生が多く、入試広報課の用意した鉛筆&消しゴムが足りなくなってしまった。講義では、サシガネの由来と特徴(表目:裏目=1:√2)についてまず簡単に説明し、それから課題をだした。課題は「サシガネを使って正八角形を描いてみよう」で、これは毎年おなじ。課題1が「直径3寸(約9㎝)の円に内接する正八角形」、課題2が「1辺2寸(約6㎝)の正八角形」。みんな熱心に取り組んでくれた。

20050806202452.jpg

20050806202507.jpg


 公開した茶室は、メイン会場から遠い裏山に立地するが、40名程度の来客があった。昨日、大丸で買った抹茶は、新緑の若葉のように瑞々しく、味も爽やか。先日の「廃材抹茶」は色が灰緑に退色し、粉が固まりとなっていて、茶筅でかき回してもなかなかお湯に溶けなかった。まぁ、下痢・嘔吐などの被害届けはなかったから、不味いだけで、毒素に化していたわけではないのだろう。昨日作っておいた「水だし玉露」も上々の出来映え。女子高校生が美味しそうに飲んでいた。いま、吉田から「片づけが終わりました」という連絡が入った。さて、打ち上げを始めるわけだが、「車なんで、ビールは飲みたくない人ばっかり」なんだそうである。今年の4年はこういう人たちばっかり。
 酒を付きあわないやつに、大事なことは教えません。

20050806202802.jpg

20050806202809.jpg

 太鼓襖用のアーチ型リンテル?が付いたことに気づいてますか。

[サシガネを使って -オープンキャンパス盛況]の続きを読む
  1. 2005/08/06(土) 16:39:25|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

買い物と公開準備に追われた一日

 じつは英国行きが近づいていて、今年も国際運転免許証を取りに行ってきた。顔写真はいっぱい持っているのに、国際免許証用の4㎝×5㎝のサイズがなくて、近くの書店にまで撮影に行かなければならなかった。昨年の教訓が活かされていない。つぎに大丸に移動。明日のオープンキャンパスで催す茶室公開(受験生・市民向け)のために、ちょっと高めの抹茶を買った。この前みたいに、「抹茶も廃材ですよ」というわけにはいかないから。もうひとつ、水出しの玉露茶も買った。さっそく作って、さぁ、明日の公開までに、うまく出ているかどうか。
 ついで、文具屋を2軒はしご。ファイル類を買いあさり、それからDEODEOでデジカメとメディア類を購入。デジカメは、このまえ無くしたIXYの最新バージョン(700万画粗)。さらに、100円ショップにも寄って、午後3時すぎに、ようやく大学の修復建築スタジオへ。2年の吉田Mさんと前住Sさんが、ツリーハウス公開の準備を手伝ってくれた。二人とも昨年の前期、プロジェクト研究でツリーハウスを作ったメンバーである。猛暑だが、夕立の小降りが反復して、森の中は湿気が充満。竈に火入れして、虫をおいはらおうとするも、なかなか着火せず苦労した。
 下は、8月4日付けの朝日新聞。明日もこのようにしてお接待致します。

20050805213823.jpg



[買い物と公開準備に追われた一日]の続きを読む
  1. 2005/08/05(金) 21:24:56|
  2. リサイクル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

割れていた唐破風 -池田家墓所光仲墓

 鳥取の夜は涼しいから、サッシを開けて網戸だけ閉め、扇風機をまわしていれば、結構すごしやすい。だから、夜更かししてしまうのだが、明け方になると、猛暑の熱気で目が覚める。結果、睡眠不足で体調が芳しくない。研究者というのは、一般的に夜行性動物で、午前中に活動することが少ないのだが、今朝は9時から池田家墓所で光仲墓の石造唐破風を鉄骨から取り外す作業をするという。研究室からはピエールを派遣しておいたこともあり、わたしも顔をだしてみることにした。
 昨日のご機嫌斜めが原因で、10時すぎに現場に到着しても、誰ひとりとして歓迎する気配もなく、し~~んとした殺気があたりを支配した。まぁ、そんなことはどうでもよいのだが、驚いたことに、ごらんのとおり、唐破風がまっぷたつに割れている。まっぷたつに割れていることが、本日の作業によってあきらかになったのである。割れ目の部分をみると、グスグスのセメントを裏込めにして、表面側をモルタルで化粧している。したがって、唐破風は昭和49年修理の段階で、すでに完全に断裂しており、それをセメントとモルタルで接着しながら、下側から鉄骨で支えたということになる。
 これは大事件である。とんでもない大事件だ。長さ3メートル近い唐破風は一塊の石材だという前提で、工事を発注しているわけだから、これがほぼ中心部分において断裂しているとなると、発注の仕様そのものを変えなければならない。なにより、どうしたらこれほど大きな石材をくっつけて当初に近い姿に復原できるのか。玉石垣の柱や笠石なら重さもしれているが、唐破風全体の重さは尋常ではない。接着技術もそうだが、構造力学的な対処がさらに困難になった。光仲墓築造当初の建材であることはほぼ間違いなく、単体としての文化財価値が高いので、安易な修理に流れてはいけない。
 とりあえず、実測・観察しかない、と判断した。家で眠っている宮本を呼び出し、ピエールとともに1/10の実測図を作成してもらうことにしたのである。わたしはデジカメとF4を使って、断裂部分の写真を撮影した。期末試験の補助監督の仕事が入っていたので、わたしだけ昼に現場を去った。あまりの猛暑に、残された二人が熱射病になるのではないか、という不安にかられながら。

20050804155756.jpg

20050804155747.jpg


[割れていた唐破風 -池田家墓所光仲墓]の続きを読む
  1. 2005/08/04(木) 15:26:15|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ハマダバダ

 今日は午後3時から濱田、午後5時から濱が来室。濱は近代和風総合調査の件。パワーポイントを作ってきた、というので、見せてもらったが、・・・・もう少しスキルを磨きなさいな。濱田は池田家墓所の件。じつは、今日の私、ご機嫌ナナメ。濱田は理由を知ってるだろうが、同行した白兎設計のスタッフたちは、「あぁ、また出た、癇癪」と呆れているだろう。
 なぜ、腹がたったのか。言うのはよそう、ハマダバダ。
  1. 2005/08/03(水) 19:26:55|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

消えたIXY

 奈文研時代に同じ釜の飯を食べた、2年先輩の本中眞さんが来鳥。県市の文化財関係者にとっては大事件である。本中さんは、文化庁記念物課整備部門の主任文化財調査官で、現在の担当は「名勝」だが、実質上「整備」についても権限をもっており、世界遺産登録にも手腕をふるっている。昨年、文化財保護法に「重要文化的景観」の条項を追加したのも、本中さんの仕事である。昼の飛行機で鳥取着、午後一で竹内市長と面談し、国史跡「鳥取城跡」の整備について、意見を交換された。
 午後2時半から「第1回 史跡鳥取城跡附太閤ヶ平天球丸石垣修復工事に関する検討委員会」。委員は鳥大の錦織先生、石垣の権威・北垣先生とわたし。両先生を押しのけ、わたしが互選で委員長に選ばれた。もちろん根回しはあったが、儀式的に一回固辞したあと、受諾した。本中さんと県の中原・濱田両氏がオブザーバー。まずは、みんなで天球丸の現場を視察した。委員をはじめ全員が、今回みつかった下層の石垣の重要性をよく認識している。北垣先生は石の積み方や裏込めの出土物から、慶長期以前の築造であろうと言われる。同行を許されたノビタは、本物の北垣先生を目の当たりにして感激している。

20050802235557.jpg


 午後4時から、市庁舎に戻って会議を始めた。この委員会は、国史跡である鳥取城の調査と整備が、あまりにも杜撰に進められていたことの反省をふまえて発足したものである。右方下がりだった軌道を上方修正する契機として開催された、という言い方をしてもよいかもしれない。まず第1の問題は、調査はもちろんのこと、天球丸に関する基礎研究が大きく欠落している点で、絵図・文献等の分析と遺構の調査成果をあわせて10月中旬に記者発表、現地説明会を催すことが決まった。この段階で、第2回の委員会を開催し、修復整備の基本方針となる叩き台を事務局から呈示していただくことにもなった。また、30年以上におよぶ石垣整備の成果報告書が未刊行なので、できれば年報を公刊し、年度ごとの調査成果と整備事業を報告し続けてほし旨、お願いした。
 市の担当者にとっては、辛いつらい一日だったであろうが、鳥取市の文化財保護行政は、こういう大なたを振るわざるをえないところまで来ている。城跡整備以外にも、取り組むべき課題はあり余っており、文化財室の体制が増員・強化されることを願ってやまない。竹内市長の英断しだいである。

20050802235615.jpg


 本中さんは午後7時50分の飛行機で日帰りされたが、会議が終わったあと、小一時間ほどみんなで喉を潤す時間がとれた。ラーメン屋で「ほろ酔いセット」を注文した。生ビール2杯とおつまみ2種で980円。このラーメン屋を出て、本中さんを見送りし、市役所の駐車場にとめていた自転車に乗るところまでは良かった。ここから、わたしの人生が暗転する。
 うどんが食べたくなったのである。ラーメン屋にずっといたのに、ビールばかり飲んで、ラーメンを食べなかったことが心残りだったのだろう。でんぷんが足りないと思い、29号線沿いのうどん屋に入って、ざるうどんを注文した瞬間、あることに気がついた。ベルトに付けていたデジカメケースがだぼだぼで、中にカメラが入っていない。もう6~7年も使っているCANONのIXY、ナカタのIXYである。会議を出たあと、ベルトのケースに入れた記憶がうっすらと残っている。リュックサックやポケットをすべて探してみたが、やはりない。ラーメン屋と市役所に電話して探してもらったが、やはりない。家に戻って、県警に電話し、遺失物届けをだした後、ノビタがやってきたので、フィッツに乗って道路をまわってみたが、やはりない。
 なぜないのか、その理由だけがあきらかになった。カメラケースの側面が割けていたのである。IXYはここから落ちたのだ。おそらく自転車の立ち漕ぎをしていたとき、路面に落ちたのだろう。
 警察に届くかどうか。届いても、壊れているだろうが。

[消えたIXY]の続きを読む
  1. 2005/08/02(火) 22:43:17|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

倉吉町並み調査:腕木編

 現在、倉吉町並み報告書を編集中ですが、これに腕木による年代判定についての節を設けています。いまのところ年代が確定している腕木は4つ。これらを基準資料として、他の町家の腕木を観察し、その年代を推定しようという「編年」の試みです。
 岡野と吉田で、年代の確定している腕木の撮影をするため、倉吉へ行きました。酒屋の淀瀬家[1858/棟札:西町]と酒蔵の高田家[1843/棟札:西仲町]の腕木です。高田家の腕木は旧牧田家[腕木=1838:東岩倉町]の形式と近似しています。
 こののち、琴浦町の河本家と教育委員会を伺い、『河本家住宅-建造物報告書』をお渡ししてから、倉吉市内に戻り、堂計画室へと赴き、生田さんから旧本桑田家(現本内家:オークランド)[腕木=1889:魚町]の腕木拓本をお預かりしました。
 これら資料を元に、腕木による年代判定についての考察を早急に詰めていく予定です。(岡野)

↓旧牧田家住宅の腕木拓本
20050807210859.jpg

↓淀瀬家住宅の腕木
2005_0802AF.jpg

  1. 2005/08/02(火) 18:27:14|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

のびたうどん

 ノビタが乗り換えたばかりの新車フィッツに颯爽と乗り込み、利蔵と3人で、オープンキャンパスの買い出しに出かけた。今夏のオープンキャンパスは、8月6日(土)・7日(日)の両日で、わたしは6日の担当。以下のイベントを予定している。
 1)15:00~15:30 ミニ講義「大工さんになってサシガネを使おう」
 2)10:00~15:30 ツリーハウス&茶室の公開
今日の買い出しは、2)の公開のためのもので、お茶、ジュース、お菓子をたくさん買ってきた。学内外のお客さまのご来場をお待ちしております。
 さて、買い出しのあと、9号線沿いにある「ちよ志」という手打ちうどんの店に行った。ここは究極のセルフ型ファーストフードのうどん屋さんなのだが、じつに安くて、おいしい。まず店に入ると、向かって左にうどん束を入れたどんぶりの並ぶ棚がある。並は155円、大盛りは260円。
U6Lsh0098.jpg


好きなほうを手にとって、湯晒し場へ進む。ここで、うどんを篭に移し、10秒から20秒軽くゆでる。
TERsh0096.jpg


うどんをどんぶりに戻し、つぎにトッピング棚に行くと、いろんな天ぷらが並んでいる。食べたい天ぷらをうどんの上にのせる。
TESsh0097.jpg


 トッピング棚に接する会計カウンターで、支払いを済ませ、最後におつゆをどんぶりに注ぎこむ。おつゆには「やや辛口」と「やや甘口」の2種類があって、好きなほうを注いでもいいし、両者を適当にミックスするのも悪くない。
 この店に行くと、だいたいこの動きを2回転する。今日のわたしを例にとると、まず、夏季限定のざるうどんを注文した。セルフではなくて、従業員の手間がかかるから、ちょっと高くて350円ぐらいだった。腰があって、うまいざるうどんである。2回目は並どんぶりに、ちくわと玉葱の天ぷらをトッピングして、おつゆは甘口と辛口を半々に混ぜた。いや、うどんもスープも最高にうまい。
 しかし、ノビタに言わせると、こういう食べ方は、邪道なのである。この店では、ともかく「素うどん」が最高。カウンターにおいてある油かすときざみネギを、山のようにもりもり盛り上げてから、おつゆを注ぐ。これで並椀なら、税込み160円なり。かつて岡野は、さらに通を貫き、おつゆ無しで、生卵と生醤油を手打ちうどんにかけるだけ。香川で食べた讃岐うどんが、そういう食べ方で、ものすごくおいしかったからだそうだが、
 「うまいのかい?」
と尋ねると、
 「レモン汁が足りませんね」
と言って、渋い顔をしている。
 「レモンはないんですか?」
と店員に聞けないところが、岡野の岡野らしいところである。
[のびたうどん]の続きを読む
  1. 2005/08/01(月) 21:13:36|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
前のページ

asa

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search