FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

出雲大社本殿模型の制作工房

 5人の建築史家が、出雲大社境内遺跡で出土した巨大本殿跡の復元で競い合っている。平成19年春に開館する島根県立古代出雲歴史博物館に、5つの復元模型(1/50)が並列展示されるのである。この夏は、一人ひとりが中間検査をおこなっていて、わたしは5人のなかのラストバッターとして、本日、京都市右京区の株式会社さんけいを訪れた。島根県古代文化センターの錦田くん、丹青社東京の榛沢さんの立ち会いのもと、垂木までのった模型をみた。わたしたちの案の細部設計は、ほとんどキム・ドク(別名タイガー戸口)に任せていたのだが、キムは大学院受験の準備で鳥取に残ったまま。ときどき電話で連絡をとりながら、検査を進めた。制作は順調に進んでいる。扉口、高欄などの細部修正以外、とくにおおきな問題はなかった。
 出雲大社の場合、
  1)かつてはものすごく大きかったという総高48m説
  2)大きいことは大きかっただろうが、高さ40m前後にどまるだろうという説
  3)現状と同じ総高24m説
に分かれている。今回の模型では、1)と2)が2名、3)が1名で、わたしは2)の立場をとる。こういう仕事をしていると、奈文研時代を思い出す。奈文研で過ごした後半の7年間、平城宮跡の復元事業に明けくれていた。当時は、こうして複数の復元案を検討したあと、大勢で議論して一つの方向性に収斂させ、最終的には原寸大の建物を建てた。今回はあくまで5案併列である。
 他の4案も順調に制作が進んでいるので、じっくり拝見させていただいた。聞けば、みなさん自信満々なのだそうである。わたしも自信がないわけではない。裏返せば、みんな他の案はダメだと思っているのであろう。人間と同じで、他人のアラはみえても、自分のアラには気づかない。復元模型は、まさに作者の分身である。

20050816223348.jpg

20050816223403.jpg



[出雲大社本殿模型の制作工房]の続きを読む
  1. 2005/08/16(火) 21:46:21|
  2. 建築|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

asa

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search