FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

山田上ノ台遺跡の復元工事

 石垣委員会のおこなわれた金曜日、19:50の最終便で東京に飛んだ。ホテルは上野駅にほど近い入谷で、ちょっとだけ外出して、ちょっとだけ遊んで、疲れたから原稿を書くこともなく、深夜番組をみながら眠ってしまった。で、今朝は予定どおりの時間に上野駅に行って「はやて」の指定券を買おうとしたのだが、満席。なんとか「MAXやまびこ」のチケットが買えたので、1時間遅れの12時50分ころ仙台に着いた。TM社の谷原さんと中村さん、仙台市の吉岡さんの出迎えで、さっそく山田上ノ台の現場へ。縄文中期住居3棟の復元工事は順調に進んでいた。
 TM社は、賢明なことに、施工業者に一戸建設を使っていた。御所野の復元を手がけた一戸建設をまるごと仙台につれてきたのである。当然、仕事にそつはない。本日はサスの位置と本数の微調整をおこなった。監理側も施工側も、仕事がよくわかっている。わたしがいなくても、おそらく大丈夫だろう。
 山田上ノ台は国や自治体が指定する「史跡」ではない。仙台市が史跡に指定することなく、市単費で整備を進める遺跡である。史跡指定するにこしたことはないのだけれど、指定されていないと聞くと、じつは少し気分が楽になる。文化財として史跡指定されている遺跡の復元建物では、こだわらなければならない要素が多すぎるから、どうしても神経を使う。この要素を多少減らしたとしても、処罰や批判の対象となるわけではないから、ついつい
 「まぁ、史跡に指定されてるわけじゃありませんから」
という言葉が口から出てしまうのだが、「史跡に指定されているわけじゃありませんけど、ここはこだわったほうがいいですよ」という気持ちがないと、やっぱりいい仕事にはならないだろうな。

20051023132225.jpg


20051023132333.jpg

[山田上ノ台遺跡の復元工事]の続きを読む
  1. 2005/10/22(土) 23:02:48|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2005/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search