FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

禅密参詣

 大徳寺から龍安寺、仁和寺をまわった。当初、仁和寺は予定に含まれていなかった。ただ、禅院の建築と庭園をみようと思っていたからである。大徳寺では、龍源院と大仙院に詣でた。龍源院の滹沱底、一枝坦、龍吟庭を以下に並べる。

20060104224719.jpg

20060104224742.jpg

20060104224800.jpg


 龍安寺は石庭周辺が修理中で、がっくりきた。通常非公開の「西の庭」を代わりに公開していたが、これでは修学旅行(特別研究)のコースには使えないな。仕方ないから、急いで、仁和寺に足を進めた。

20060104225850.jpg


 仁和寺の創建は平安時代にさかのぼる。第58代光孝天皇が西山御願寺として着工し、仁和四年(888)、宇多天皇が先帝の意志を継いで仁和寺を完成させた。宇多天皇は退位後、出家して仁和寺を住坊とし、三十余年、真言密教の修行に励んだ。以来、皇子皇孫が仁和寺の門跡を務め、寺は真言宗御室派の総本山となった。金堂は寛永年間の伽藍再興の際、京都御所の紫宸殿を移築したものであり、経蔵には清涼殿の古材を再利用していて、皇室とのつながりの強さを示す。

20060104233418.jpg


 仁王門の西脇には「御殿」とよばれる一画があり、建築は明治~大正の再建だが、様式は復古的で、御所の格式を圧縮しつつ誇示している。五重塔や仁王門を借景に取り込んだ御殿の作庭が秀逸。

20060104232817.jpg

20060104232832.jpg


[禅密参詣]の続きを読む
  1. 2006/01/04(水) 23:29:15|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2006/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search