FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

構造補強か景観か-池田家墓所整備検討委員会

20060316013037.jpg


 旧加藤家から池田家墓所まで車を飛ばした。今日は平成17年度第2回史跡鳥取藩主池田家墓所保存整備検討委員会。まずは現地視察からスタートした。プレハブのなかで接合されつつある光仲墓玉垣の石柱、ビニールハウスのなかで組み立てられつつある金三郎墓の玉垣。前者は木造建築の解体修理手法の応用、後者はベニス憲章にいうところのアナステローシスに近い復元手法である。破損、断裂した石材の接着には雇いホゾのステンレスピンとエポキシ樹脂を併用しており、さらに鋼管を使う隅柱もあり、一部では石材を穿孔することになるから、古材を傷めていることにもあるが、いまおこなっているのは外科手術であって、こうしない限り、大量の骨折は完治しない。

20060316013024.jpg


 現場の修復状況は順調でよかったのだが、県庁に戻ってからの会議は結構もめた。なかなか楽しい揉め方だった。
 ひと言でいうならば、玉垣・門の構造補強と景観的適合性のバランスの問題である。石の玉垣は放置しておけば必ず毀損・倒壊を招く。じっさい、大半の墓碑を囲む玉垣は毀損もしくは倒壊している。だから、構造補強が必要になるのだが、その構造補強がおおがかりになると、墓所の景観に不調和をもたらす。ではいったいどのあたりに着地点を求めるべきか。ここで議論が分かれた。
 保存修復の理念的立場の上で左右を眺める場合、わたしの座標は最もラディカルな「新左翼」に位置している。「復元」反対、「現状保存」支持、「徹底した古材の再利用」、「構造補強材の外部露出」などなど、委員のなかでは最も西欧理念に近い信条をもって発言してきた。しかし、今日は違った。それは学科最優秀論文賞を受賞したピエールが、その卒論で玉垣に附属する唐門の構造補強について、景観的に最も影響の少ない代替案を提出したことに端を発する。従来の鉄骨補強柱、唐破風の掴み手などのない補強案で、じつにスマートなのだが、最大の欠点は古材にT字形鉄骨プレートをうける溝をほりこまなければならない点であり、また構造力学的な強度が保証されるかどうかにも疑問が残った。しかし、くりかえすけれども、ピエールの案は景観上の違和感が最もすくないアイデアであり、委員の約半数から支持を集めているようにみえた。

20060316013031.jpg


 一人だけ特異な持論を展開する委員がいた。
  「古材はすべて収蔵庫に保管し、新材で玉垣・門を建設する」
というアイデアだが、これについては、わたしが反論した。
  「玉垣を<式年造替>するんなら結構ですがね・・・」
 玉垣新調派が誤解しているのは、玉垣を新しくすると構造補強が必要ないと思っているところである。古材を再利用して玉垣を組みなおそうと、新しい材料で玉垣を建設しようと、どちらにしても、時間が経てば、玉垣は自壊してしまう。だから構造補強が必要不可欠になり、それを拒否するならば、選択のオプションは<式年造替>しかないのである。ただし、新造や<式年造替>は、「材料のオーセンティシティ」を喪失させ、大量の廃棄物を生みだすという致命的な欠陥をもっている。木造の建築が風雨にさらされながら、古材を再利用し続けているわけだから、況わんや石材をや、だと思うのだが、なぜ劣化をそれほど怖がるのだろうか。
 それにしても、愉快な委員会だった。いろんな意見がでて決着はつかないのだけれども、でて来る議論が文化財修復の本質に直結しているので、人の意見を聞いていても楽しいし、それを論駁すべく瞬時に自分の論理を考え出す楽しみがあった。勝ち負けはないのだけれども。

[構造補強か景観か-池田家墓所整備検討委員会]の続きを読む
  1. 2006/03/15(水) 23:31:27|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

旧加藤家住宅のTV撮影

20060316002810.jpg


 旧加藤家住宅の登録文化財申請が許可される見通しがたち、記者クラブに資料が流れた関係で、某国営放送局が急遽撮影を申し出てきた。昨日とは打って変わって天気は快晴、明日からは雨模様だそうで、撮影は今日しかないと判断したようだ。それで、立て続けに電話取材をうけていたのだが、少し心配になったので現地に行ってみた。久しぶりの加藤家である。マスコミの関心は、もちろん鳥取市3件目の登録文化財成立であるが、学生たちがまもなくこの空き家に住み始めることにも注目している。ただ、一部の家具を運んだだけで、まだ住んでいるわけではないので、住み込み活動については4月以降の取材にずらしていただくことにした。
 ちなみに放映は17日(金)午後6時10分から7時のあいだ。NHKのニュースです。

20060316002823.jpg

[旧加藤家住宅のTV撮影]の続きを読む
  1. 2006/03/15(水) 23:30:28|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

さらば、模型・・・

利蔵です。
本日、富山に向けて私の卒業制作”打出の居住地”で製作した竪穴住居の復元模型が旅立ちました。どうか、運搬中に壊れませんように・・・。
やっと長かった卒業研究から開放されたような、物悲しいような、複雑な心境です。思えば、3年後期から復元に関わってきましたが、その成果となる模型は私の手元にはいつもありません。前回(2005/7/26参照)、今回とも旅立ちを見送りました。研究のデータは残りますが、形として手元に残らないのはやっぱり少々さみしいものです。しかし、これらの模型はどちらも展示される予定らしく私の関わったものが人目に触れるのは、少し恥かしいですが大変ありがたく思っています。
今回の研究でも、浅川先生や富山市埋蔵文化財センターの方々には大変お世話になり通しでした。本当にご迷惑をおかけしました。私自身も、あと数日で卒業し、旅立っていく身なので報告書編集の手伝いなどで少なからず恩返ししていきたいと思います。

DSCF00061.jpg

[さらば、模型・・・]の続きを読む
  1. 2006/03/15(水) 19:58:06|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

02 | 2006/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search