FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ビアンキ出動

 4ヶ月半ぶりにビアンキで出勤した。ずっとベランダにほったらかしだから、タイヤの空気も抜けているだろうと、力をこめて指で押さえてみれば、パンパン状態。こいつはしめたものだ。ビアンキ用の重装備で田園町の宿舎をそそくさと出発した。ところが、ギアが錆びている。というか、油が切れている。チェーンの動きがぎこちない。途中の自転車屋で油をさしてもらった。300円もとられた。
 昨年は満開の桜をみながら袋川沿いを走った記憶がある。今日は散り際。先週、いよいよビアンキ出動だと意気込んでいたのに、一週間まるまる雨模様。しかるに、桜は満開だった。思いおこせば、昨年12月は初旬から降雪量が尋常ではなく、今年の4月は雨ばかり。この4ヶ月半のあいだに体重が増えた。年末のタイと3月末のスリランカのスナップ写真を見くらべれば、腹の出具合の差に仰天してしまう。
 ふだん自転車に乗っていても、体重は減らない。しかし、自転車に乗らないと、体重は増える。そのことがよく理解できた4ヶ月半であった。だから、自転車に乗るしかない。これは遺伝子との戦いである。
 今日は風が強かった。サイクリングにはきつすぎる横風で、環大道路を上るのに息が切れた。死ぬほど息が切れてしまった。



  1. 2006/04/19(水) 18:42:55|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

年度末が終わらない

 3日前、突然ブログに登場したひどい英文は、2004-2005年度科学研究費基盤研究C「大社造の起源と変容に関する歴史考古学的研究」報告書の英文要旨である。〆切のぎりぎりでようやく書き上げたものをブログにあげて、日記を一日分誤魔化そうという邪(よこしま)なねらいの産物である。
 あれから、授業の準備をして、審査論文を一篇査読し、今日は先週の「鳥取学」と「地域生活文化論」の理解度チェック・レポート(130人分×2コマ)の採点をスーパーはくとの車中でこなせば、だいたいノルマを果たせたかな、と思っていた夕暮れどき、

  「センセィ、**研究費の実績報告書、明日までにお願いします。これ以上待てません。よろしくお願いします!」

という悲痛な電話が総務課から携帯にかかってきた。

 すでに、同じような研究成果レポートをいくつも提出していて、先の科研で終わりだと安堵していたのに、まだひとつ残っていたのだ。
 3種類の書類をさきほど送信した。報告書は仮製本のものしかない。校正は2冊分、まだたっぷり残っている。

  1. 2006/04/19(水) 01:14:58|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2006/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search