Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

一休寺虎丘庵年輪年代報道に対する異議

 この記事は、盆休みに書こうと思っていた。というか、書いていいものかどうか迷っていて、何度も奈文研埋蔵文化財センターの古環境研究室と連絡を取り合っていた。奈文研のスタンスはいつも禁欲的で、今回もまた公表に慎重な姿勢をとっている。年輪年代データの数が3点と少なく、しかもその3材はいずれも辺材(シラタ)を残していない。心材(アカミ)だけの木材の年輪を調べても、その伐採年代を知る手がかりにならないことは、考古学・歴史学の専門家ならだれだって知っていよう。

 ことの発端は一休さんである。一休さんは応永元年(1394)、後小松天皇の皇子として正月元旦に生まれたという。6歳にして、早くも京都安国寺に出家得度した。トンチの一休さんは、この安国寺小僧時代の寓話である。実際に「一休」の号を授けられたのは応永25年(1418)のこと、千菊丸と呼ばれた皇子は25歳になっていた。
 戦乱の世であった。40代半ばから、一休宗純禅師は京の各所に庵を営んだが、しばしば居所を変えている。康正2年(1456)、とうとう京の町を逃れ、京田辺市薪にある酬恩庵に移られた。以後、晩年の四半世紀を酬恩庵に寓している。問題は、応仁の乱(1467~77)前後に、京の東山から移築されたという書院「虎丘庵」である。慈照寺(銀閣寺)東求堂を彷彿とさせる趣味のよい小振りの書院だ。
 岡村が働く「数寄屋研究所 心傳庵」の木下孝一棟梁は、一休寺(酬恩庵)のホームアーキテクトと呼ぶべき存在で、虎丘庵に人一倍の愛着を抱いておられる。岡村が大学4年次に一ヶ月修行させていただいた際、わたしは心傳庵に木下棟梁を訪ねた。2004年7月24日のことである。そのとき2時間以上お話しさせていただいたのだが、大半の話題は虎丘庵の年代に終始した。棟梁は、府教委や文化庁の技師、あるいは建築史学者の眼は節穴だと言われた。江戸時代中~後期の作とされる虎丘庵を、一休禅師ご存命時の建築だと信じて疑っていない。
 もちろん、わたしに意見を求められたのだが、江戸時代に大改修があったかもしれないけれども、移築当初の部材や様式を一部に残す可能性なきにしもあらず、という曖昧な返答しかできなかった。その後、何度お目にかかっても、同じお話をされるので、わたしは遂に奈文研の古環境研究室に連絡をとった。
 そして、2006年3月23日。古環境研究室による年輪測定調査がおこなわれた。わたしは、この日スリランカに旅立ったので、調査には参加できなかったが、1100万画素のデジタル一眼レフカメラで、床柱、仏間の脇柱、南桁、東桁の4点(いずれもヒノキ材)を撮影したという。去る8月4日、古環境研究室は一休寺を訪れ、木下棟梁に調査成果を説明した。わたしも同席するはずだったのだが、3年生のガイダンスがあり、またしても参加できなかった。わたしが加わっていれば、こんなことにはならなかったと悔やんでいる。
 さて、年輪年代測定の結果は以下のとおり。年代は最外層年輪年代を示す。
  1)床柱(1472年/心材) 2)仏間の脇柱(1552年/心材)
  3)南桁(1482年/心材) 4)東桁(不明)
 このように、標準変動グラフとの対照によって得られた最外層年輪年代は、いずれも心材(アカミ)の部分であり、辺材(シラタ)はまったく残っていない。こういう場合、常識的には、最もあたらしい仏間脇柱の年代、すなわち1552年以降に虎丘庵が建設されたという解釈が成り立つ。したがって、現在の虎丘庵は一休禅師逝去後の建物である可能性が高いことになる。ただし、移築当初の建物を部分的に残しながら、1552年以降に改修をおこなった可能性も否定できない。要するに、上の3点の年輪データだけでは、虎丘庵の建築年代について結論めいた発言はできないのである。
 だから、奈文研は慎重な姿勢を崩さなかった。今後1~2年をかけて、さらに多くの部材の年輪を測定し、もう少しデータが集成された段階で、データを公開する予定であった。ところが、8月7日に情勢が一変する。古環境研究室からのメールの一部を引用しておこう。
  「ついさきほど、京都新聞の記者から早速取材の電話がかかってまいりまして、どうも(略)年輪年代測定の話が新聞記者に流れてしまったようです。こうなってしまった以上は、三点の年代値が新聞を通して流れ出すのももう時間の問題かと思います。」
 だから、年輪年代の問題が記事になる前に、わたし(=浅川)がブログにデータを掲載し、コメントを書いてくれたほうがありがたい、という要請がそのメールに追記してあった。思わず眼を疑ったが、8日は倉吉で調査もあり、すぐには原稿にできないけれど、どうしたものか、と思案しつつ帰学したところ、はたして「虎丘庵のことが、今朝の京都新聞に掲載されました」という新しいメールが入っていた。
 「当方からは、記者発表や情報リークはしておりませんし、問い合わせに対するコメントも一切、出しておりません。(略)本来ならば、年輪年代調査の結果の公表については、今回の年輪年代調査の発起者である浅川さんや実際に調査に当たった我々、さらには一休寺さんや木下棟梁など関係者全員の意に沿うような形で、しかるべき手続を踏まえて・・・と、思っておりました。」

 京都新聞の記事は、下記のwebsiteで閲覧できる。

  http://www.kyoto-np.co.jp/index_kan.php      
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006080800046&genre=J1&area=K20

 その記事には、「木下さんの調査に伴い、奈良文化財研究所埋蔵文化財センター年代学研究室が今年、一部のヒノキ材の年輪年代測定を行った結果、床柱は1472年、仏間の脇柱は1552年と分かった」とある。あきらかに年輪年代学を悪用した所見である。心材の最外層年代を伐採年代とする初歩的な認識のミスだが、これでは、今回の調査によって虎丘庵の建築年代が一休禅師の時代に遡ることがあきらかになったことになってしまうではないか。
 わたしは木下棟梁と奈文研古環境研究室のあいだに入って、この仕事を推進する役割を務めてきた。古環境研究室は一休寺の建築全体に視野をひろげた年輪測定をおこないたいという希望をもっていて、それが虎丘庵の年代解明にも貢献することはあきらかだから、今後の展開を楽しみにしていたのだが、いきなり勇み足の報道がなされ、正直、呆然としている。
 なにより古環境研究室の皆様に大変なご迷惑をおかけしたことを、衷心よりお詫び申し上げます。



  1. 2006/08/08(火) 23:59:05|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

倉吉打吹アーケード商店街の調査(Ⅰ)

 今日は院生1人、4年生3人、3年生1人の5人で倉吉の白壁土蔵群のすぐ近くにある打吹アーケード商店街へ調査に向かいました(浅川ゼミとしては珍しく、男子が1名しかいません)。今、卒業研究の基礎調査のために商店街に並ぶ建物一軒一軒をデータベース化する作業をしています。今日は保全度、景観貢献度、建物の用途、建築様式、建築物の外観・形態について調査しました。

アーケード街調査中


倉吉アーケード街に到着し、2組に分かれて調査開始。建物総数の約半分を終えたところで、お昼にになり、近くのお蕎麦屋さんへ行きました。お蕎麦はとってもおいしかったです。食べ終えると、お店の人が今日は暑い中お疲れ様と飴をくださり、その優しさがありがたいものでした。そして、調査再開。アーケード街の北面・南面にある建物、約40棟を調査し終え、そこで先生と落ち合いました。

高田酒造さんにて


 アーケード街を歩いていると、こんどは高田酒造の奥様に呼び止められました。「お疲れさま」と声をかけられ、お茶とお菓子をご馳走になりました。造酒屋本宅の店内に招かれ、一同驚きました。内部には大きな梁が飛び、天窓から光が差しこんでいます。伝統的な日本建築の室内空間がとてもきれいで心が癒されました。
 最後に、「サダルチョーク」という玉川沿いの喫茶店で、調査したすべてのデータをチェックしあいました。とくに「保存度」と「景観貢献度」は個人個人の主観差がどうしても出てしまいます。これを、みんなで議論しながら、先生にチェックしていただきました。
 今日は暑く、調査は大変でしたが、商店街の人達の優しさがありがたい一日となりました。(4回生Y.A.卒計担当)



  1. 2006/08/08(火) 23:38:38|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

加藤家住宅のホームページ: フィールドサイト第1号

 ご紹介が遅れてしまったけれど、先月25日の第2回マスコミ公開&発表会にあわせて、加藤家住宅専用のホームページ

   http//katohkejutaku.web.fc2.com/

をたちあげている。ホカノが指導し、前期プロジェクト研究1&3の「情報発信班」が制作したものだ。「情報発信班」に配属された男子2名は、米子出身の同級生(小学校以来)で、一人は情報システム学科、もう一人は環境政策学科であった。一人が情報システム学科だということで、WEBには強いだろうと判断したのが、じつはまずかった。かれはシステム学科2年生であるにも拘わらず、WEB制作の経験がなく、片方の政策学科2年生に至っては、モノづくりがしたくて「古民家のリサイクル」班を選んだのに、なんでWEBを作らなきゃなんないの、とブログに訴えてきた。
 それからホカノは苦しんだ。先生に叱られ、下級生から突き上げられ、女子からはシカトされ、得意の「困った、困った、どうしよう」というポーズの連続であったが、それでも、なんとか25日の発表会に間に合わせたのだから、たいしたものだと誉めてあげたい。ただし、米子出身の2年男子2名の満足度が低かったのは残念きわまりない。古材バンク班の不満度に比べれば、少しはマシだったのかもしれないが、希望通りの活動をさせてあげられなかったことについては、ひらにお詫びするしかありません。
 加藤家住宅のホームページは、昨年、キム・ドク(別名タイガー戸口)が一人で作った研究室のホームページほど凝っているわけではないけれど、必要な情報をきちんと納めている。これから、さらに改善・更新していきたい。

 注目すべきは、居住者O城くんのブログ「倭文(しとり)日記」

   http://blog59.fc2.com/shitorinisshi/

である。これから、かれが体験する「居住」と「修復」の記録がここに刻まれる。どんなに短い文章でもいいから、毎日書いてほしい。毎日、書くから日記なんだよ。2行でも3行でもいいから、ともかく書いて眠りについてほしい。塵も積もれば山となる。このブログの積み重ねが、居住者の卒業研究の源泉となるだろう。読者の皆様からのコメントをお待ちしております。

 このホームページを立ち上げたことによって、加藤家は浅川研究室の「分室」的な存在となった。調査研究活動の拠点を大学=研究室におくのではなく、調査地におく初めての試みである。調査地に拠点を設け、そこから情報を発信し、公開する。わたしは、こういう調査拠点をフィールド・サイトと呼んでいる。加藤家住宅は、浅川研究室のフィールド・サイト第1号になった。今後、2号、3号と増やしていければいいが、それを実現するためには、OBたちとの連携が不可欠となるであろう。

 なお、加藤家住宅に対するご質問、ご意見については、下記のメールメールアドレスでも受け付けております。

   katoh_info@yahoo.co.jp

 



 
 
 
  1. 2006/08/08(火) 03:37:39|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search