Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

倉吉打吹アーケード商店街の調査(Ⅲ)

 倉吉アーケード調査3日目、8月10日の話です。この日は予定していた調査日程の最終日となります。なので、これから盆休み期間に入り、調査の再開は18日になります。

 人員は先生を含めて、院生1名、4年生3名、3年生3名の計8名が参加しました。この日の予定は、総仕上げとして連続立面図のデータ取りに当て、①写真撮影、②アーケード街の中で代表的町家の詳細な立面と矩計の実測、③建物の間口幅の実測としていました。

 連続立面図は、基本的に写真から書き起こす方法のとるため、写真撮影と間口幅を抑えれば、CADを使い、撮影した写真を調整しながら作図していけるのではなかろうかと、考えて準備しておりましたが、少し浅はかだったようです。先生には、建築を学ぶ者としては、高さが必要だと、また、準備していた方法よりも理解しやすく、効率の良い方法があると指摘されました。やはり、私自身の詰めの甘さが露呈してしまいました。

 高田酒造(国有形登録文化財)など3件の詳細な立面と矩計の実測をしています。学生は実測に丸1日を掛け、私に至っては、頭をかきむしりながら矩計に悪戦苦闘していましたが、先生に至っては、アーケード街中の写真を撮り終えてから矩計を実測し始めたにもかかわらず、学生たちより早く書き上げられ、ただただ感服いたしました。

 ということでして、調査風景を撮影し損ねてしまいのせる画像がありません。盆明け始めての調査は、腕木の拓本を採取などをする予定です。(とある大学院生)

FL020031.jpg

高田酒造の軒先部分

FL020036.jpg

深谷家住宅の軒先部分
  1. 2006/08/10(木) 23:40:07|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

実測に震える手

 すこし腕がふるえた。久しぶりにサッカーの試合に出るようなものなんだ。
  「自分は通用するんだろうか?」
そういう気持ちで、ボールに触る。時間がたつにつれ、勘が戻ってきて、いいプレーができる場合もあれば、時間とともに体力を消耗し、何もできなくなることだってある。
 今日は実測をした。自ら実測したのだ。久しぶりのことである。奈良にいたころは、明けても暮れても実測ばかり。建造物か遺跡か、どちらかを実測していた。どちらの調査でも、身につけている作業着は同じだった。その作業着は、いまも大切に保管している。というよりも、いまでもしばしば調査にもって行く。
 倉吉アーケード街調査の3日め。わたしは、F4でアナログの連続写真を撮っていった。午後から時間が空いたので、淀瀬家の矩計(かなばかり)を採ることにしたのだ。自分で実測するのは、いつ以来であろうか。国内ではたぶん2002年、おなじ倉吉の小川酒造本宅の矩計を採って以来のような気がする。海外では、2003年のカンボジア・トンレサップ湖での家船・筏住居を実測したのが最後かも。
 こうして、わたしが自ら実測するのは、今年の4年生諸君のレベルが1・2期生のレベルに達していないことに一因があることを知ってほしい。でも、楽しかった。ほんとに、楽しくて、熱中してしまった。今日は、ひとつだけこだわりをもった。それは3色ボールペンを使わないこと。鉛筆だけの矩計図を採るのが目標で、これがまた楽しかった。不安な気持ちで臨んだゲームで、思いの外いいプレーができたときの心境に似ている。点が取れたのではなくて、いいゲームメークができたときの喜びに近い。



  1. 2006/08/10(木) 19:56:51|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search