FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

雑魚釣りの快楽

20060824003029.jpg


 今日のスケジュールに入っていた3つの仕事を終えたので、
   「ちょっと川釣りに行ってくるわ」
と小声で宣言したところ、やっちゃん1号(野人=ホカノ=某大学院生)は、
   「あのぉ、川釣りなら、ぼくも興味あるんですけど・・・」
というので、やっちゃん2号(料理人Y.N.)も誘って3人で川畔に向かった。
 川釣りと言っても、雑魚釣りである。鮎や岩魚や山女魚を狙っているわけではない。たんなるハエの流し釣りにすぎない。子どものころ、夏休みになると、毎日のように流し釣りに出かけていた。午前中は「夏の友」をすることになっていて、自宅で勉強専念、午後になると川にでてシラハエ(オイカワ)を釣った。これが毎日の遊びであり、なによりの楽しみであった。ともかく清流と爽風に包まれ、気持ちがいい。仕掛けはものすごく単純で、竹竿にテグスを垂らし、割り箸を長さ3㎝に割って浮きとし、餌に川虫をつけて流すだけ。ポイントさえ間違わなければ、入れ食いのようにシラハエが釣れた。
 今日は、朝からまたしても水道工事が喧しく、自宅前の道路に穴をあけていた。しかし、なんとか外に出ることはできた。そのとき納屋から3本の釣り竿をスウィフトのトランクにしのばせた。一人で釣りをするつもりだったのだが、どういうわけか3本の竿を用意していたのである。

20060824003015.jpg

↑クロカワムシ(餌)の採集 ↓クロカワムシ(わかるかな?)
20060824003035.jpg

 釣りを始めるまえに、テグスと浮きとゴムと釣り針だけを買った。いまでは、流石に割り箸の浮きは使わなくなった。やっちゃん1号と2号は革靴を履いていたので、いそぎビーチサンダルを買い揃えた(まもなく川渡りで、二人とも片足分を水に流してしまったが)。
 川面で仕掛けをしてから、まずは餌となる川虫を集めた。川虫とは「川に棲む虫」の総称だが、いまネット検索したところ、わたしたちが餌として捕まえる川虫は、正式にはクロカワムシと呼称されるヒゲナガカワトビケラ科の幼虫をさすようである。やや早い浅瀬の石の裏に小石を集めて巣を作っている。蜘蛛の巣のような糸で小石を山のように固め、その内側に棲息している。9月になって水が冷たくなると、一気に川虫が姿を消す。幼虫はサナギと化し、成虫へと育っていくのである。今日も、最初はあまりに数が少ないので、すでにピークはすぎたのかもしれない、とも思ったのだが、ある浅瀬に行くと、大量の幼虫の巣がひろがっている。
 今日の収穫は12尾であった。シラハエはわずか1尾で、残りはアブラハエ(ドロハエ)ばかり。アブラハエは流れの滞留した川縁におり、シラハエは流れのある浅瀬にいる。小振りのアブラハエばかりで残念ではあったが、ともかく12尾釣れたので、夕食のおかずにすることにした。料理人はやっちゃん2号。いや、たいしたものである。12尾をまたたくまにフライに化けさせた。味も決して悪くない。マルイで買ってきた冷凍串カツの白身魚よりも美味かった。

 やっちゃん1号は、この雑魚釣りに心酔しはじめている。「雑魚釣りの会」を結成しようか、という話までもちあがった。こんど、27日から西河(♂)くんが遊びにくるらしく、一緒に釣りに行きたいと言っていた。わたしはそのころ東北出張だが、釣竿は貸してあげましょう。ただし9月も間近で、餌となる川虫が採れるかどうか、心配ではある。

20060824003043.jpg

20060824003051.jpg


  1. 2006/08/23(水) 23:58:20|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

勤労青年

 中国工業のH社長から、「勤労青年」と題するメールが写真の添付つきで送信されてきた。チャックとケンボーは非常によくやっているとのこと。ほんとかうそかはわからないが、とりあえず一安心した。なお、今回のインターンシップの研究課題名は、「家具工場における椅子製造工程調査 -高度化、システム化の可能性をさぐる研究」である。
 今日は、林業試験場で製材機械の固まりを実見した。二人の学生には、後期になってからも、トチ葺き鉄板屋根の軒付け製材のため、インターンシップと似た作業をこなしてもらうことになるかもしれない。
 期待しています!

20060823234032.jpg

  1. 2006/08/23(水) 23:40:59|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳥取県林業試験場訪問

20060824021504.jpg


 加藤家住宅の修復に関する資料を持参し、鳥取市河原町稲常にある鳥取県林業試験場へと、先生、やっちゃん1号(筆者)、やっちゃん2号の3人が赴きました。日本住宅・木材技術センター(HOWTEC)が補助する事業「茅葺き風<杉板トチ葺き鉄板被覆屋根>の開発」には、地域産材の活用が盛り込まれているからです。そこで、鳥取県木造住宅推進協議会の推薦もあり、木材についての助言をいただきにO平室長を尋ねたわけです。
 ここでは、とくに屋根につかう木材の話を伺いました。授かった助言のなかで、重要な項目をあげておきましょう。
 1)木材を湿気の多い場所で使うときは、樹種は問わないが、赤身(芯材)が適しており、これを使うべき。軒付のトチ葺き風仕上げでも、問題ない。
 2)ただし、軒付でコバを重ねる場合、平カンナ仕上げの材を重ね合わせるより、いくらかラフな仕上げとして、材と材のあいだに隙間をもたせるほうが良い。わずかな隙間から水が抜け易くなり、腐朽が起こりにくい。したがって、伝統的な方法である割板を視野にいれてみるのもいいかもしれない。

20060824021516.jpg

 もうひとつ、「材積」という用語をはじめて耳にしました。これは、工事での木材使用量(単位は㎥)を表すそうで、コストを計算するには、材積が欠かせないとのことでした。そして、材積を求める作業は、施工にはいるまでに材料調達をするためにも、できるだけ早く必要にくるとの説明をうけました。要するに、設計を急がなければならないのです。
 この後、場内の施設を見学させていただきました。秋には、試験場の機材を使わせていただき、私たちが作業をすることも可能と説明を受けました。丸太からの加工もできますとのことで、セルフビルダーには打ってつけの施設ではないかと、先生は言われていました。そして今、チャックとケンボーは、同様の施設を有する中国工業で、インターン・シップ中ですが、後期がはじまるときには、これらの工具を手なずけていることを期待しておられました。
 林業試験場でのちょっとした掘り出し物として、集成材がありました。この集成材を軒付に使うと、一見トチ葺き風にみあるではありませんか。集成材そのものを意匠に取り入れることは大変おもしろいのではないかと、先生とともに感じた次第です。(とある大学院生)

060823r2.jpg

トチ葺きの軒付に応用できそうな集成材。くすんだ茶色にみえるのが赤身。


[鳥取県林業試験場訪問]の続きを読む
  1. 2006/08/23(水) 20:32:37|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search