Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

トチ葺きを探る(Ⅱ)-湯梨浜町安楽寺

20060826220312.jpg


 河原町の樋口神社に続き、今日は湯梨浜町の安楽寺を訪問した。なぜ安楽寺なのかというと、尾崎家の対面にあるお寺だからである。というか、安楽寺は尾崎家の菩提寺であって、尾崎家抜きには語れない浄土真宗の寺院である。建立は文化年間。

20060826220250.jpg

 今日は、某カップルが尾崎家対面にあたる安楽寺山門周辺の連続立面を実測した。わたしは写真を撮影しながら、お寺の建築をじっくり観察した。山門は和様を基調としながらも、台輪上に和様三斗の詰組をのせ、組物の大斗に皿斗をつけるなど、禅宗様および大仏様の要素を織りまぜた折衷様の建物である(近世社寺建築は大半が折衷様なんだが)。後方斜めに控える鐘楼は台輪とともに、全面扇垂木を採用しており、さらに禅宗様の色彩が強くなる。一方、本堂の軒をみると、桟瓦葺きの下地が二重軒付のトチ葺きになっていた。
 そういえば、トチ葺き下地の瓦葺きも少なくない。トチ葺きだけでも雨が漏らないのに、その上に瓦を葺くのだから、万全だ。経費の都合上、一気に瓦が葺けない場合、背面だけトチ葺きを残しておいた例も報告されている。

20060826220624.jpg

20060826220615.jpg


 今日は、カメラマンに徹した。最初に欄間の撮影をした。大工彫りで知られるオモヤのナカノマ・オモテ境の欄間と仏間の彩色彫刻欄間をF4とデジカメで撮影した。まずは、スケールなし、次にスケールをあてて撮影した。仏間彩色彫刻欄間は、みるからに古めかしく、ご主人によれば桃山時代の作という。堅田門徒の活動した時代である。さらに仏前に吊された「下げ灯籠」も彫刻欄間と同時期の作であるとのこと。六角形の笠に蕨手をつけるその姿は、三仏寺本堂の御輿を彷彿とさせた。いずれも高御座(たかみくら)系列の意匠である。オモヤの大工彫り欄間と仏間の彫刻欄間は立体的であり、拓本(乾拓)には適さないから、業者に頼んで写真測量してもらおうと思っている。

20060826220333.jpg


 安楽寺山門周辺の連続立面撮影を経て、午後からいよいよ屋根裏にのぼり、サス組と小屋組を撮影した。まず土間上の梁組の上にのぼった。恐ろしくて、足が震えた。
  「許してください、もう2度とホカノをいじめません・・・」
と懇願したのは昨秋の三角山登山以来のことである。だって、あんなに高い梁の上から、硬い堅い土間に落ちたら死んでしまうか、半身不随になるかのどちらかなんだもの。それに、煤が粉雪のように梁の上に溜まっている。ひょっとしたら、江戸時代初期以来の煤の堆積かもしれない。煤に触り、煤を跨ぎ、煤に腰掛け、写真を撮った。おかげで、衣服は真っ黒になった。スウォッチの腕時計も、緑色の数珠も、チェンマイの山間寺院で手首に巻いてもらった聖糸サイシンもすべてが真っ黒になり、高野山で買った黒檀の数珠はさらに黒味が益して闇夜の烏のようになった。

20060826223605.jpg

 なんとか死力を尽くして撮影を終え、地面に降りてきた。ハンドの水で服や肌や調査具を洗い、ホカノがもってきた作業着に着替えて、3時のおやつをいただいていたところ、調査隊長の「北から来たの」さんから容赦ない指令を頂戴した。
  「センセー、今度はイロリ間の上にもあがって撮影してください」

 生まれてくるんじゃなかった。
 こんな人生を送るはずではなかった。

 フラッシュ付きの重たいF4を首から垂らし、手にデジカメをもって、わたしは屋根裏に帰っていった。今度は天井の裏側だから危険ではないが、やはり煤の被害にあった。着替えた作業着は、また黒く汚れてしまった。帰途、コンビニに寄って、「Tシャツはありませんか」と問うたところ、「下着ならあります」との回答で、結局、作業着のまま「うどんの千代志」で夕食をとり、ミーティングをした。
 便所の鏡に映る自分の姿をみて、汚い、と思った。

20060826221044.jpg

  1. 2006/08/26(土) 23:42:37|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

尾崎家住宅第2次調査を終えて

20060826215121.jpg


 今月の22日、24日、26日と湯梨浜町尾崎家住宅において実測調査をおこないました。3日間とも多くの仲間に協力していただき、作業は著しく前進しました。天気のいい日が続き暑い日々でしたが、皆様本当にお疲れ様でした。そして夏休み中にもかかわらず参加していただき本当に有難うございます。今回の調査では、蔵8棟、欄間、オモヤと仏間の展開図、腕木の拓本、対面する安楽寺山門周辺の連続立面の実測を無事終えることができました。
 3日間お世話になった尾崎家のご夫妻にも重ねて御礼申し上げます。いつもやさしく何かと気にかけてくださり有難うございました。また、ご主人には病み上がりのところ調査に快く応じていただき本当にお世話になりました。まだまだ暑い日が続きますがお身体ご自愛ください。(調査隊長「北から来たの」)

20060826215130.jpg

↑屋根裏での架構調査。鳥のさえずりが終始聞こえた。






  1. 2006/08/26(土) 21:47:49|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

湯梨浜町尾崎家調査(Ⅲ)

20060826233840.jpg


 22日、24日と続いた尾崎家調査も本日最終日を迎えました。
先日の土蔵の補足をなんとか終わらせ、その後は主屋の二階に上がらせていただいて実測調査をおこないました。二階は納屋になっているようで、部屋の隅に置かれた蓄音機やラジオ機器が年代を感じさせます。そういった品物達の間をぬって、二人がかりで実測作業を進めました。土蔵と比べ窓があり明るいものの、この熱のこもりようは尋常ではありません。
 午後からは拓本のお手伝い・・のはずが体調を崩して休憩をはさませてしまうことに。時間も無いというのに申し訳ないことです・・

20060826233848.jpg

 この調査3回、振り返るとお昼の後は何故かかならず体調をくずしていました。ご飯がだめだったのか私が弱すぎなのか、おそらく後者です。気を取り直し、なんとか作業を終えることができました。カーボンで藁半紙をこすり、模様が綺麗にとれると感動せずにはいられません。

DSCF0002.jpg

 五時の鐘を合図に、3回続いた尾崎家調査は終了し、ご夫妻に見送られながら湯梨浜町を後にしました。今回の調査では土蔵、主屋二階と割と閉塞的な空間での作業が続いたのが印象に残っています。実測ではまだまだもたつきます、書き間違えます、わざわざ難解に描きます、努力しなければいけません。色々と。
 炎天下の外や灼熱の土蔵のなか、風のそよぐ母屋に足の着かない屋根裏まで隅から隅まで動き回った皆さん本当にお疲れ様です。(戸的tomato/デザイン学科3回生)

  1. 2006/08/26(土) 20:26:09|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search