Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

御所野の女郎花

20060829032611.jpg

 まるまる半日かけて、御所野遺跡にやってきた。ストーンサークル外周域の掘立柱建物2棟の着工が間近に迫っており、最終の調整をするためである。今回、一戸町は復元設計から施工に至る工程をすべて町自前でおこなうことにしており、設計業者にも施工業者にも仕事を発注していない。設計は町の建築担当技師、施工はある1名の大工さんが担当する。
 今日は基礎、地盤面、排水、ケツンニ(アイヌ型三脚)構造、栗樹皮葺き屋根、芝棟の細部について話を詰めた。おそらくこれで問題はないであろう。数年前に建てた3棟よりも質は高くなるはずである。
 午前中は長時間電車に揺られた影響で、列車をおりても、宇宙遊泳しているような感覚がとまらなかった。要するに、体調が芳しくなく、梅干やキムチのような、体を引き締める食べ物が欲しくなった。だから、いつもの蕎麦屋ではなく、懐かしい大衆食堂のホルモン鍋定食を所望した。平成8年、御所野西区で多数の焼失住居跡(縄文中期末)が発見され、研究所のブッラクベア(現文化庁)とともに調査に来ていたころ、しょっちゅう通った大衆食堂の味で、この店のラーメンも上手いが、ホルモン鍋は疲れた体力を補ってくれる。生姜とニンニクが効いた甘辛のタレに食欲が反応するのである。今日も、これを食べて、体力は回復し、午後の現地指導では元気を取り戻した。

20060829032848.jpg

↑掘立柱建物の樹皮(栗)葺き屋根[現状] ↓新たに準備した葺き材と蔓
20060829032819.jpg

 御所野には「おみなえし」が咲き乱れていた。遠目からは菜の花のようにみえるが、近くにみると、その花びらはさらに繊細である。山野に自生する多年草で、夏から秋にかけて黄色の小花を傘状につける。万葉集に「秋の七草」の一つと詠まれる。
 おみなえしは、平安時代の半ばころから漢字で「女郎花」と表記するようになった。べつに「遊女」や「花魁」に見立てているわけではなく、女を「おみな」、男を「おとこ」と呼んで、それぞれ「女郎」「男郎」の漢語をあてただけのことである。要するに、現代語の「おんな」は「おみな」の転訛というわけだ。そして、「おみなえし」とは「女飯(おんなめし)」のことで、粒々の花を粟飯(あわめし)に見立てたとする説が有力とされる。遺跡の片隅には、白い花をつけた「男郎花(おとこえし)」も咲いていた。オミナエシ科の白い花で、形はおみなえしにそっくり。白い飯は「男飯」だというわけか。

20060829032922.jpg


 それから、駒木家の土蔵を訪問した。
 東北や北海道を訪れると、瓦屋根の住宅が少ないことに驚かされる。民家は葦葺きだが、一般的な建物には鉄板葺きが圧倒的に多い。これは、こけら葺きが現代的に変化した姿である。それが証拠に鉄板をめくると、一面にこけら葺きの屋根面が残っている。
 駒木家の土蔵は、二戸前の超大型であったが、すでにこけらを覆う鉄板葺きの鞘屋根ががたがたに崩壊し、雨水が土壁を削り、内側の小舞を露出させていた。しかし、内部の木構造部分に損傷はなく、その木柄の太さに目をみはった。ケヤキの棟持柱が2階にまで立ち上がっている。1辺が尺2寸はあろうかという面取りの角柱で、この柱に1階では大引が差し込まれ、2階では棟木がのる。この大引と棟木の成(丈)は尺5寸はあるだろうか。松の太径木である。こういうシンプルで力強い構造をもつ大型の土蔵は、西日本ではあまりお目にかからない。かつて、秋田県の近代化遺産調査でみたいくつかの藩蔵・酒蔵の構造とよく似ていた。

20060829033911.jpg


[御所野の女郎花]の続きを読む
  1. 2006/08/28(月) 23:05:25|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チャックとケンボーのインターンシップ日記⑥

 前日の夜のうちに朝ごはんのサンドイッチを作っておいたので、朝はいつもより30分長く寝ようと目覚ましを6時30分にセットしたのにもかかわらず6時に起きてしまった朝はなんとも言えない悔しさがある。同じく占いが3位だったのも中途半端で悔しい2週目。
 午前中はひたすら下地研磨をした。塗装された椅子の毛羽立ちをサンドペーパーで磨く。ケンボーはこの手の作業が苦手らしく表情が曇りがちだったが、自分は得意分野なのか特に苦もなくやっていた。従業員さんがとても親切に研磨の仕方を教えてくれたからだと思う。ありがとうございました。
 午後はすっかり僕らの仕事として定着した圧密杉材の印鑑の研磨をした。実は前々回磨いた印鑑に不備があったらしい。全部僕らの責任というわけではないらしいが、インターンシップでお世話になっている手前、こういう事態は起こってはいけない。なので、いつもにも増してしっかりと磨いたら今度は時間がかかりすぎてしまい、まとめの時間が短くなってしまった。何事もバランスよくこなさなければと感じた。

20060828221101.jpg


 ここで今日の教訓→自分が作った物が世に出る嬉しさと怖さを知る。自分の頭の中から出てきた商品や文章などが、世の大勢の人に触れられ認められ高く評価されることはとても嬉しい。実際に自分もブログの文章などをほめられると嬉しいものである。しかし、それは同時に否定(批判)される怖さも併せ持つ。否定されることとは極端に言えば世界との断絶である。今回の印鑑の不備が自分にそれを教えてくれた。世の中はそんなに甘くはないのである。ものづくりには自分で最高の出来だと思ったものを自ら全否定し、落ち度がないかを確かめる勇気がいると思った。(チャック)


  1. 2006/08/28(月) 22:05:41|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スウェーデン式サウンディング試験 -加藤家住宅の地耐力検査

 本日、加藤家住宅の地盤状態を把握するため、「スウェーデン式サウンディング試験(通称:SS試験)」をAM9:30~PM12:30の時間帯でおこなった。SS試験とは、スウェーデンの国有鉄道が採用している試験であり、日本の戸建住宅における地盤調査はほとんどこの方式を採用しているようだ。

060828sst01.jpg

↑試験装置の全景

 SS試験では、先端がスクリュー状になった「ロッド」と呼ばれる鉄製の棒を任意の位置に回転させながら潜行させて地盤の情報を得る。また、知り得る地盤の情報は、地質とN値である。N値とは、地盤の固さを表す数値であり、ロッドが180度回転する間にどれだけ地中に入ったかという数値をもとに算出される。

 加藤家住宅のSS試験では、オモヤの北面で2ヶ所、南面で2ヶ所の計4箇所でおこなわれた。ちなみに1ヶの試験に所要する時間はおよそ30分である。試験者の方の話によると、通例でのロッド潜行値はおよそ6mだそうが、加藤家住宅で検査したところ、北面1ヶ所、南面ヶ所で7m近くまで達していた。地質に関しても、ロッドを抜き取る際に粘性の土が付着しているのが確認できた。

 それらの検査結果は3~4日後に届けられる予定である。詳しい検査結果については、後日お伝えしていくつもりである。

 最後に、レーザーレベルを用いて各試験箇所の地表面の高さを計測し、今回のSS試験を終了した。(O1号)

060828sst02.jpg

↑レーザーレベルによる地表面高の計測



  1. 2006/08/28(月) 18:01:19|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サンライズ出雲にて

20060828222730.jpg

 いま「サンライズ出雲」のシングル(B寝台)で原稿を書いている。深夜10時前、郡家(こうげ)から「スーパーいなば」に乗車、上郡(かみごおり)でサンライズに乗り換え、さきほど姫路をすぎたところだ。
 話題の新しい寝台列車に乗ったのは、寝台列車が好きだからではない。飛行機が高すぎる。鳥取-東京の全日空便は片道28,500円もするのだ。サンライズのB寝台は約25,000円だから、わずか3,500円しか違わないことになるが、寝台車なのだから、宿泊費が要らない。モノレール代も要らない。だから、13,000~15,000円の差額が生まれる。それにサンライズには「ソロ」と呼ばれるもっと安価な寝台もある。残念ながら、ソロのチケットは売り切れていた。サンライズのシングルはカプセル・ホテルのように快適な部屋である。
 サンライズは早朝7時に東京に着くが、目的地は岩手県一戸町だから、東京で「はやて」に乗り換える。帰りは仙台からで、こちらは伊丹まで飛行機を使おうと思ったのだが、運賃を調べるとやはり高くて、29,500円もする。だから、帰りも飛行機を諦めた。「はやて」から「のぞみ」に乗り換えると、約21,000円なのだ。というわけで、この2~3日間、ずっと列車に乗ることになってしまった。
 暇つぶしの道具はもちろん用意している。マイケル・クライトンの『恐怖の存在』(上)(下)をカバンの隅にしのばせておいた。『ジュラシック・パーク』や『ディスクロージャー』でお馴染みの大ベストセラー作家が、今回は環境問題に取り組んで、壮大な小説に仕上げている。なにより注目すべきは、「地球温暖化は錯覚にすぎない」という懐疑的な前提で、主役となるのは「環境テロリスト」たち。お色気もたっぷり散りばめている。
 寝台列車と新幹線の中で、(上)(下)を全巻読み切れればしめたものだ。

20060828222741.jpg

20060828222752.jpg



  1. 2006/08/28(月) 00:05:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search