FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

津山城東のカバチーノ

20060916112521.jpg


 中国縦貫道を西行しながら、高校訪問をした。
 某工業高校で嬉しい情報を頂戴した。指定校推薦で環境デザイン学科に2名送ってくださるという。いずれも建築科の生徒だそうで、進路担当の先生まで建築科であった。話が弾んだ。これ以上の相性はない。このように、工業系の実業高校では、本学環境デザイン学科に並々ならぬ関心を示してくださる。今年から一般入試に導入される「2科目&3科目」併用試験についても、工業高校は期待を寄せている。本学の3科目試験では、英語が必修となっているのだが、工業高校では必ずしも英語が得意でない学生が多いため、必修科目のない2科目自由選択の試験を歓迎しているのだ。
 一方、普通高校はなかなかしんどい。とりわけ進学校では、国公立大学の入学者数が学校評価の決め手になるため、地方私学がいまのところ眼中にない。AO入試や推薦入試で、生徒が受験勉強をやめてしまうことに対して警戒感をもっている。だから、普通高校の高校訪問はもう少し時期を遅らせるほうがよいと思った。センター入試から一般入試にかけての併願の対象になるよう、適切な時期に訪問し、大学の利点をアピールすべきではないだろうか。

20060916112503.jpg

↑↑津山東高校旧本館(重文) ↑塔状の建物と長い塀は工場と駐車場を隠す修景 ↓美術館と町家
20060916112456.jpg

 本日最後の訪問地が津山。奈文研に入所直後、町並みや近世社寺の調査で何度も訪れた懐かしい城下町である。鳥取市まで車で約1時間半の距離だから、本学への入学者も少なくない。島根県東部とともに、県外有数の入学生集中地域の一つと言える。すでに入試広報課の職員も何度か高校訪問しているが、教員としても学科の特色をアピールすべき最重要地域の一つである。その任を終え、町並み調査に携わった城東地区を散策した。城東地区は、調査後、市の「町並み保存地区」に指定され、修理・修景が進んでいる。レストラン・喫茶店や土産物店も数を増した。
 陽の沈むころ、わたしたちは「ビオトープ 香葉」という喫茶店に入った。大正~戦前頃の木造建築をリフォームしたお店である。「香葉」と書いて、カバと読む。店内にはカバのイラストを散りばめている。そこで、カバチーノというコーヒを飲んだ。カプチーノのウィンナコーヒもどき。ちょっと甘いが、まぁいける。バナナジュースは、アイスクリームのようにねっとりしてヘルシィ。氷ぜんざいは、白玉を6個のせたあっさり味の金時かき氷。注文したデザートと飲み物はみな美味しかった。
 ただ、客が少ない。それだけが心配だった。

20060916112438.jpg

↑「香葉」の内装

[津山城東のカバチーノ]の続きを読む
  1. 2006/09/15(金) 23:56:00|
  2. 建築|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

家伝書の再撮影 -尾崎家住宅補足調査(Ⅰ)

 暑かった夏も終わりに近づき秋の風を感じながら、本日湯梨浜町尾崎家住宅にて家伝書の撮影をおこないました。前回の調査で撮影したものの中に手ぶれのはげしいものがあり、再度ぶれないように方法をかえて撮影をおこなうことが今回の目的でした。撮影方法については鳥取市教育委員会文化財課の佐々木さんにご指導いただき大変感謝しております。
 また尾崎家と対面する安楽寺にて住職さんの協力のもとに本堂内部の見学と山門・鐘楼の平面実測もおこないました。
 今回の調査で家伝書の撮影に立ち会っていただいた湯梨浜町教育委員会の宮川さんに厚くお礼申し上げます。お忙しい中ありがとうございました。そして最後に、度重なる調査にも快く応じてくださりお世話になっている尾崎家のご夫妻にも感謝いたします。(環境デザイン学科4年 北から来たの)

DSCF0067.jpg

↑撮影準備中

DSCF0064.jpg

↑安楽寺鐘楼の実測風景



  1. 2006/09/15(金) 17:09:40|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

教えてください、ベトナム寺廟の樹と記号

20060915112337.jpg


 ハロン湾水上集落で調査した寺Den Cau Vangで教えられたことなのだが、ベトナムの寺廟では、境内に必ずある樹を植えるという。大きな葉をもつその樹木はたしかに、水上集落のお寺の脇に植えられていた。それともう一つ、狛犬(焼物の獅子)の乗る基台の正面にある記号が書かれていた。それと似た記号は、かつて中国江南(長江下流域)の民家調査でもよく見た。門や窓の意匠に多用されており、細かく実測した経験もある。それらの記号は、一般的に「福」「禄」「寿」「喜」など吉祥をアピールする漢字を抽象化したものなのだが、水上集落の寺でみた記号がどの漢字にあたるのかわからない。通訳のハオさんは、英語で「フォーエバー」を意味する記号だと述べたが、漢字そのものを示すことはできなかった。「フォーエバー」と最も意味が近いのは「寿」だが、字形が違いすぎる。ただ、民衆道教における「寿老人」と係わりの深い「亀」と似ているように見えなくもないが、たぶん別の漢字であろうと思う。
 そうこうしているうちに、ハノイの文廟(孔子廟)で、おなじ樹木とよく似た記号を発見した。記号は正門(南門)初層の壁、大きな葉をもつ樹木は太成門の脇で確認した。
 この樹木と記号について、どなたかご教示いただけませんか?

20060915112419.jpg

↑↑水上集落の寺に植えられた樹 ↑↓文廟太成門脇の樹
20060915112440.jpg


20060915112759.jpg

↑文廟の正門 ↓同左、壁の記号。
20060915112814.jpg

↓水上集落の寺、狛犬基台に示された記号
20060915112321.jpg



[教えてください、ベトナム寺廟の樹と記号]の続きを読む
  1. 2006/09/15(金) 11:22:07|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

08 | 2006/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search