FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

聖誕澳門(Ⅱ)

20061230011313.jpg
↑聖ポール教会跡 ↓セナド広場
20061230011149.jpg


 マカオ(Makau)は中国語で「澳門」と書く。その音声は北京語ではアオメン、広東語ではオウムンであり、いずれも「マカオ」に結びつかない。通説に従うならば、マカオの語源は「媽閣」(マーコ)であろうという。マカオ半島西南隅の岬に「媽閣山」がそびえ、その西麓に「媽閣廟」が境内を構える。埋め立て地のないころ、廟は波打ち際の山裾に位置していた。媽閣廟の主祭神は「媽祖」(マーソ)である。媽祖は阿媽(アーマー)とも呼ばれる。媽祖=阿媽は福建・広東周辺の漁民に信仰される「海の神様」。媽(マー)がオンナヘンの漢字であることから、日本でいう「海女」(アマ)に近い概念であろうことは容易に想像される。ならば、「媽祖」は海女の祖先と推定してよいであろう。
 マカオは古くは「阿媽港」とも記され、長崎などの日本人はこれを「天川」(アマカワ)と呼んでいた。「阿媽」(アマ)=天(アマ)=海女(アマ)という図式がここで成立する。どうして、こういう漢字の違いが発生したのか、というと、それは一つに日本で「媽」を「マ」と音読できないことによるであろう。日本語における「媽」の音声は「モ」もしくは「ボ」である。だから、媽閣はモカク(ボカク)、阿媽はアモ(アボ)と読まなければ間違いということになる。ちなみに注意したいのは、中国音の「マ」、日本音の「モ」「ボ」はいずれも「母」の含意があり、漢字としての「媽」は「姆」に通じる。

20061230011510.jpg
↑媽閣廟の石牌坊 ↓弘仁殿の天后元君
20061230011549.jpg

 マカオ半島の西南隅には、かつて海人たちが拠点とした媽閣(マーコ)と呼ばれるエリアが存在した。かれらは明朝初期(14世紀後半)に福建からこの地にやってきたと言われる。媽閣はかれらの居住域でもあり、媽祖をまつる祭祀域でもあったことだろう。それが、いまのような派手な寺廟的境内を構えるのは19世紀以降と言われる。媽閣廟は仏教や道教の要素を含む複合的な寺院構成をとる。正殿たる「天后廟」のほか、「正覚禅林」と「弘仁殿」には「天后元君」が祭られる。「天后元君」とは、海神(媽祖)の道教的な表現にほかならない。このほか、最上段に「観音閣」を設ける。「観音」はいうまでもなく仏教の観世音菩薩の略称だが、東南中国ではきわめて世俗的な民間信仰の対象であり、女性の化身ともみなされる。コロアネ島の聖フランシスコ・ザビエル教会では、聖母マリア像も「観音」として描かれている(↓)。

20061230012036.jpg

 以上みたように、マカオとはどうやら「媽閣」の訛音であり、それは海人たちの拠点であって、かれらの祖先としての「媽祖」を共同で祭祀する領域を意味していたようだ。この文化のひろがりは広い。日本列島から東南中国・東南アジアの沿海にひろがる文化と言ってもおかしくない。だから、わたしたちが今夏調査したハロン湾の水上居民の信仰とも通じる。一方、海人はしばしば海賊に変身する。1513年、ジョルジェ・アルヴァレというポルトガル人が中国南部に上陸し、その後、「海賊の退治」に貢献して明朝より貿易が認められるようになり、マカオは貿易の中継基地としておおいに栄えた。ここにいう「海賊」こそが、マカオの先住民としての「媽閣」を含んだ海民たちであったのかもしれない。

20061230012204.jpg

 今日のもうひとつの収穫は「石敢当」であった。これは2001年2月にはじめて来澳した際、しっかり確認していたものである。世界遺産として知られる聖ポール教会堂跡からセナド広場へ至る三叉路の屈折点に祭られる。詳しく記すと、大三巴街と賣草地街と高尾巷が交わる広場(ラルゴ)の端にその石敢当は祭られている。沖縄でみる石敢当よりも派手な小祠で、かつて福建・広東方面ではどんな町や村でもみることができたに違いない。通説では「魔除け」の装置であり、日本の「賽の神」と同様、隣接する領域の結節点=境界に設けられる。ただ、マカオでは、まだこの小路でしか石敢当を発見していない。

20061230012152.jpg


 *連載「聖誕澳門」は以下のサイトでご覧いただけます。
   聖誕澳門(Ⅰ)
   聖誕澳門(Ⅱ)
   聖誕澳門(Ⅲ)
   聖誕澳門(Ⅳ)
   聖誕澳門(Ⅴ)






  1. 2006/12/26(火) 23:13:56|
  2. 文化史・民族学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

尾崎家住宅の報告書にむけて(Ⅰ)

 現在、尾崎家住宅の報告書に向けてやっちゃん1号、北からキタノ、ハル、戸的の4名で活動しています。本日から大学は冬休みに入り、ひっそりとした構内でこれからの作業について話し合いをおこないました。現在まで尾崎家住宅の当初景観復原CG作成においてどの建物が当初からあったのかということを決定しきれずにいました。家傳書の中に「蔵数ヶ所」という表現で書かれているのですが、どの蔵が当初からのものであるかはっきりと分からず、今までに決まりつつあったそれらの蔵を本日は決定し、長屋門、旧味噌蔵・薪小屋、オモヤ、ブツマ、米蔵、南蔵、土蔵を景観復原CG作成の対象としました。また、敷地内にある国指定名勝「松甫園」の庭をCG化する際に参考となる庭の詳細な資料が見つかり、早速現状の植栽と照らし合わせながら、とりあえず規模の大きい樹種などの位置関係を確認しました。

20061227215916.jpg
↑尾崎家住宅主屋普請期復原配置図


  1. 2006/12/26(火) 22:40:02|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

asa

11 | 2006/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search