FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

BAHO

 今週は授業が3つもあるので、週末はその準備に追われていた。本日未明2時ころ、なんとか授業2つ分の資料を完成させ、奈良の中央郵便局から大学宛にエクスパックで発送した。そのあと、ブログのネタにすると決めていた新聞記事の縮小カラーコピーをコンビニでとって帰宅した。それから、オムニバスの講師陣に資料データを送信した。
 目覚めると、世の中は激変している。水曜日4限に迫っているオムニバス「鳥取学」の何名かの講師から「授業概要」が更新されていない旨、連絡が届いているのだ。
 そんなバナナ・・・。だって、昨年と講師は12名もだぶっているのだから、新たに「授業概要」を書いていただく必要なんてない。だから、そんな依頼は出していない。原因は学内における行き違いであって、外部の講師の方がたにはなんの責任もありません。大変ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありませんでした。
 結果は惨めなもので、資料は全部作りなおし。ワードの資料も、パワーポイントも大幅な修正を余儀なくされた。チャーと石田長生だけがBAHOなんじゃない。奴らが歌っているとおり、「おれもBAHO、おまえもBAHO、みんなBAHO」だ。だけど、なにがいちばんBAHOなのかって、担当課に届いているデータを講義の2日前になっても、まだわたしのところに転送していないことですね。黙っていたら、どうなったか。いったいいつになったら、わたしの手元に新しいデータが届いたのだろうか。繰り返すけれども、講義は明後日に迫っているんですよ。
 ともかく、この事件で半日潰れた。おかげで、なんにもやる気がなくなり、3つめの授業の準備はまだできていない。
 昨年も書いたが、授業の準備というのは大変なんです。これは手が抜けない。昨年配布した資料をそのまま、というわけにはいかない。ほとんど同じ内容の資料を使うとしても、ひととおり見直しておかないとすべってしまうんだから。高田渡みたいに即興でおもしろい話を連発できればいいが、そんな芸当がわたしにできるはずはありません(いちど14コマすべてを資料なしのアドリブでしゃべってみたいものだな)。

 ところで、深夜コンビニで縮小カラーコピーした新聞記事はどこに行ってしまったのか。探せども探せども、どこにも見あたらない。たぶん、おばあちゃんがゴミだと思って「可燃物」の袋に入れてゴミ出ししてしまったのだろう。
 それは、栃木県の某私学が、過疎の村を「第2のキャンパス」と位置づけて、学生と村人が共同で村おこしをはじめる、という報道であった。うちの研究室の場合、すでに加藤家は「第2の研究室」のようなものだが、これを集落全体にひろげるとなると大変だ。わたし一人の力ではどうにもならない。ただ、過疎地の大学なんだから、過疎の中山間地域を第2のキャンパスとする発想は決して悪くないだろう。
 だれかが動かなければ始まらない。あとは出会いだ。






  1. 2007/04/09(月) 23:15:04|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2007/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search