FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

薬師堂差し替え材の判定-地域支援(Ⅱ)

屋根裏の相合い傘

P1120200.jpg

 昨日に続き、某院生とともに笹尾神社薬師堂で支援活動に参加した。薬師堂の茅下ろし作業は1日・2日の両日おこなわれ、佐治町の三つの村が交替々々で作業を分担している。昨日のブログで理解していただけると思うが、佐治町の方々は互いがとても協力的で、今日も朝早くから50名近くの町民が境内に参集しておられた。聞くところ、昨日は60名近くも集まったらしい。つまり、両日で延べ100名以上の町民が修復活動に参加したわけだ。鳥取市文化財課のSさんによると、2日かけて屋根の茅を下ろす予定だったのだが、佐治町の方々の見事なチームワークにより、作業は昨日でほぼ片づいてしまっていた。我々が現場に到着した時にはすでにすべての茅が下ろされ、町のみなさんは小屋裏の掃除をしておられた。なので、午前中はSさんに薬師堂の現状や今後の修復予定を説明していただいた。

P1120213.jpg

 我々の作業は午後から本格化した。軒まわりや野地板などの現状調査である。薬師堂に棟札は残っておらず、当初の建立年代は不詳であるが、虹梁の絵様をみると、18世紀後期~19世紀初の様式を示している。安政2年(1855年)、薬師堂は他地から笹尾神社の境内に移築された。したがって、少なくとも152年以上前から現位置にあった建物だと言うことはできる。いままでに何度か茅の葺き替えや改修が繰り返されたようだが、雨漏りや虫害により茅負・化粧板・垂木の劣化を何ヶ所か確認できる。地元側としては、今回の修復で軒まわりをほぼ新材に交換したいようだ。一方、市は、指定文化財としてふさわしい修復を進めようとしている。「材料のオーセンティシティー」を尊重し、当初材・中古材をできるだけ残したいのである。そこで、現状を把握するため、午後からはどの部材のどの部位がどのように破損しているかを、西尾工務店の大工さんと一緒に調査した。
 たしかに新材に交換してしまえば、見栄えは良くなるかもしれない。しかし、それをやりすぎると、文化財としての価値を失いかねない。加藤家住宅の修復のときも池田住研の大工さんに「この材は残すのか?交換するのか?」と何度も尋ねられた。その度、返答に窮してしまい毎度教授の判断を仰いだ。完全に破損していたり、継いだことで構造的に非常に弱くなるのであれば交換しても良いと思う。その一方で、大スパンの材の数箇所が部分的に破損していたりしている場合、「材料のオーセンティシティー」を重視すると、ツギハギまみれの材になってしまう。こうなると極端に見栄えが悪くなってしまうのではないかと考えてしまった。今日のこの調査で、改めてオーセンティシティーを考慮して材の差し替えを判断するのは大変難しいことだと身をもって感じた。

P1120219.jpg

 ところで、午前中の薬師堂の案内では、茅が降ろされてむき出しとなった小屋組の内側に入った。初めて仏堂の小屋組を内側から観察し、茅葺民家との違いを超間近で確認することができた。それにしても小屋裏はおもしろい。古民家もそうだが、小屋裏(屋根裏)は不思議な世界である。加藤家住宅では謎のお札や自在鉤が置いてあった。また、とある地域の民家の屋根裏には、子宝や豊作を願って男性のソレを象徴した彫物が棟木にぶら下がっていたりする(加藤家住宅にはなかったなぁ)。薬師堂の屋根裏では、貫や小屋束など所かまわず「相合い傘」の落描きがしてあった。棟木付近の貫にまで描いてある。お昼の時間に、あるおじいさんが「よく子供のころにこのお堂の屋根裏によじ登ってはみんなで遊んでましたわい」と話してくださった。尋ねると「相合い傘」の思い出もあるとか。それにしてもたくさん描いてあった。傘の下の名前を見ていくと中には同じ名前で別の相手の名前があったり、片方の名前が二重線で消されているものあったり…いやぁ、薬師堂の屋根裏は男女関係の歴史を知る資料の宝庫ですね。(Mr.エアポート)

P1120167.jpg
↑中央の横向きの矢印がウワサの傘 これは相手の名前がないけど…躊躇したのかなぁ


[薬師堂差し替え材の判定-地域支援(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2007/06/03(日) 21:49:21|
  2. 地域支援|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

薬師堂の茅下ろし-地域支援(Ⅰ)

20070602195912.jpg


愛車でいずれまた
 佐治町の笹尾神社薬師堂(鳥取市指定文化財)の茅葺屋根が傷み、修復が必要になったため、鳥取市文化財課のSさんから支援要請がきた。今週の土・日で、茅を下ろすという行程が決まっていたため、初日をチャック&けんボー、二日目を某大学院生&Mr.エアポートが担当することになった。
 本日、朝の八時半、学校に集合し、佐治へと出発した。じつは僕は五分ほど遅刻していたんですけど・・・・・
 九時過ぎに到着した頃には、村の皆さんは既に作業を開始していた。あとで聞くと、朝の八時から作業を開始したのだという!!なんと僕が起きた時間ではないですか!!しかし、この辺りは静かで、川のせせらぎが聞こえるとても雰囲気のよい場所で、しかも、楽しそうな道がそこかしこにありました。公用車の後部座席から景色を眺めながら、「あぁ、自分の車で走るとどんなに気分がいいんだろう!?」なんてことばかり考えていました。

20070602195930.jpg

 作業内容は、屋根から束ねて落とされてくる茅を所定の位置へ運搬する作業がメインでしたが、僕たち二名はしばしばサボって写真をパシャパシャを撮っていました。ていうか、僕たち、「いかなくてもよかったんじゃ?」と思ってしまうくらい人がたくさんいて、みるみるうちに、薬師堂の小屋組があらわになっていくじゃないですか!!
 でも、こんな作業を体験するのはなかなかないことなので、楽しみながら、汗かきながら、がんばったんですけど、昼になる頃には、髪の毛はごわごわ、目の周りは黒くなるはで、終始、土埃との格闘でした。
 皆さん、大変かわいがってくだたっさって、飽きることのない一日でした。改修作業は十月頃の終わるらしいので、愛車Todayをかって、ドライブがてらまた訪れたいと思う今日この頃でした。
 では、明日、某大学院生&Mr.エアポート、がんばってくださいな。(けんボー)

20070602195944.jpg


佐治のエーデルワイス
 正午になると、村中にエーデルワイスが流れる。佐治の風と曲が心地よい疲労感とお昼ご飯をいっそう良いものにしてくれる。朝9時から始まった作業は午後4時まで続いたが、とくにきついこともなく、みんなで働く楽しさを感じた1日だった。我々は時々休憩を挟み、さらには村の人たちからお菓子とお茶の接待を受けながら、茅撤去のお手伝いをさせていただいた。おおまかな順序としては、村の人4・5人が横一列に並び、屋根のてっぺんから順に茅を抜く。それをすぐ下で受け、準備してあった藁縄で適度な大きさでしばり、回収、茅置き場へと運んでいく。とくに示し合わせたわけではないのに、役割がきちんと分担され、黙々と作業は進む。経験に裏打ちされた無駄のない動きに、若輩者はひたすら動き回ることでしか対抗できなかった。(チャック)

20070602195956.jpg




[薬師堂の茅下ろし-地域支援(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2007/06/02(土) 19:56:15|
  2. 地域支援|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

居眠りブルース

 今日はしくじった。
 3・4年ゼミでの3年デザイン演習の発表がなかなか良かったので、気分よく16講義室を出ていった。ローソンのおにぎりを2個食べただけだったわたしは、お腹が空いてしまっていて、自ずと足がレストランに向かうのであった。午後のゼミでは、左SH(サイドハーフ)も「加藤家欄間の修復」に関する発表をしたので、その内容をブログにアップさせるつもりでいたのだが、すっかり失念したまま、わたしは「西山」でハンバーグ・セットをたいらげ、そこで読んだ新聞でキリンカップの対モンテネグロ戦が7時から日本海TVで放映されることを知った。もちろん宿舎に直帰である。
 なにせ、鳥取で日本代表の試合を観戦できるのは珍しいことだ。代表の試合はなかば朝日放送の独占状態にあり、鳥取と島根では代表試合の半数は地上波で放送されないのだから、こういう日にはさっさと家に帰るべきなのである。

20070602192534.jpg

 帰宅後、少し時間があったので、チェット・アトキンスのDVDをみながらキックオフを待っていた。というか、チェットのプレーに魅入っていた。かれはセミアコ・ピッキングの専門家と思われがちだが、DVDの映像をみるかぎり、エレガットのほうが演奏に凄みがある。フラメンコ・ギターのような技術でポップスの名曲を爽快に弾きこなしてしまうもんだから、目が点になってしまった。とくに「星条旗よ永遠なれ!」のソロは圧巻というほかない。チエットはクラシック・ギターを学んでいたのではないだろうか。でなければ、ガットギターをああいう高等テクニックで弾きこなせないだろうと思うんだけど・・・感心するのは、すばらしくハイレベルの技術をもっているのに、それをひけらかす感じがしないこと。紳士然とした渋い表情で、淡々と明るく、難しい曲を弾きこなす。天才というか、超人というか。
 一方、セミアコをもってのエレキ・バンドの演奏で驚いたのは、わずか1曲だけなんだけど、ラリー・カールトンをバックに従えている場面。カールトンはとても嬉しそうな笑みを浮かべてサイドギターを弾いていた(少しだけリードもとった)。まるで親子のようなムードが漂っている。
 いつだったか、好きなギタリストを3人あげるとすれば、ジム・ホールとパット・メセニーと・・・とかなんとか書いた記憶があるけれども、わたしはこの前言を撤回します。たしかにジム・ホールは外せない。しかし、パット・メセニーは悩むところだ?? 演奏を聞いた時間からすれば、パット・メセニーよりもラリー・カールトンのほうがはるかに長いからね。クルセイダーズ時代からのファンなんだから。『夜の彷徨』はスコアももっていましたよ。チェットもホールもカールトンも、演奏で使う音は決して多くない。ジャコ風に言うならば「音の選択」が的確だから、限られた音しか使わないわけで、そのため曲によって演奏の質がまったく変わり、何度聞いても飽きないんじゃないだろうか。対して、早引き系のギタリストは、音をいっぱい使うから迫力はあるけれども、じつは余計な音がたくさん含まれていて、それは、アドリブするときの手癖の繰り返しだったりして、だから違う曲をやっても結局おんなじで、すぐに飽きてしまうんだな・・・

20070602193233.jpg

 オシムも、こういう良質の音楽家とどこか似ている。余計な動きを嫌う。単純でスピーディなサッカーをかれは指向している。昨夜の試合では、中村憲剛がさんざん叱られていた。シュートを狙いたがる中村に対して、オシムはフリーな選手にパスを出すよう指示していた。パスも1タッチか2タッチまでですよ。だらだらもってちゃいけません。ドリブル突破は、ここぞというときに取っておかないとね・・・
 なんて、偉そうなことを書き連ねているけれど、じつは昨夜のゲームの肝心なところをわたしはみていない。満腹になってしまったばかりに、ゲームが始まって20分もしたらすやすや眠りに落ちてしまった。2点取った場面を見逃してしまったのである。そう言えば、先週の授業内レポートには、「肝心なところで眠ってしまいまして」という言い訳が散見された。デザイン演習〆切直後の授業だったからである。
 それにしても、なかなかよいエクスキューズの言葉だね。
  
   肝心なところで眠ってしまいまして・・・


  1. 2007/06/01(金) 23:26:21|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ

asa

05 | 2007/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search