FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

いなばライオンズクラブ主催「学生研究成果発表会」

20070624030016.jpg

 金曜日の朝は、ひどい雨と風の天気でした。しゃんしゃん傘踊りの練習のため、朝早くから大学に行った私はずぶぬれになりました。しかし、土曜日は前日の悪夢とは一転して、とても良いお天気。絶好のお出かけ日和ですね。
 そんななか、鳥取県立図書館で鳥取いなばライオンズクラブ主催「鳥取環境大学生による研究成果発表会」が14時から2時間行われました。学生4名がそれぞれの研究の成果を発表する、というものでしたが、その中に我らが浅川研究室の岡垣くんがいました。と、いう訳で今日はその発表を聞きに、県立図書館に行ってきました。
 4名の学生のうち、岡垣くんは3番目の発表です。多くの聴衆が集まり、私だったら怖気づいてしまいそうな雰囲気の中、岡垣くんは堂々と発表を始めました。彼の発表テーマは「ローコストによる古民家修復 -加藤家住宅の実験-」です。加藤家について、学生が調査をしたことや修復をどう進めていったかなど、様々な写真や図面を用いて発表していきました。ちょっとしたユーモアも交えながら発表はどんどん進み、あっという間に20分の発表時間は過ぎました。終った後の感想として、ちょっとスライドの表示時間が短いものがあったなぁとか、早口だったなぁとか、そのくらいしか思っていませんでした。
 ところが、発表後の質疑応答の時間中に、浅川先生から
  「今日の発表はひどかったですね、あとでみっちり説教しときますから」
という衝撃のコメントが発せられました。

20070624030034.jpg

 発表会後、米子に出張する先生を見送るため鳥取駅に行き、いつもの「服部珈琲」で反省会をしました。そこで先生はピザを食べ、コーヒーを飲みながら、発表資料を叩き台に一つずつ問題点を指摘されていきました。それらの指摘の中で一番私の印象に残ったのは、聴衆が誰だったかということです。岡垣くんは多くの図面を提示しながら発表していました。そして、私も何気なくそれらを見ていました。しかし、今日の対象は一般の方々。図面(とくに伏図)を見ても分からないだろう、と言われました。また、建築や保存修復を学ぶものにとっては当たり前の用語も、一般聴衆には通用しない、とも言われました。これには彼も反省していました。この指摘は、岡垣くんが先生より言われていたことですが、彼の発表を聞いていて何の疑問を持たなかった私も、彼と同じように指摘されているようでした。自分が当たり前だと思っていることが、相手にとって当たり前だとは限らない、ということを彼も私も改めて確認させられました。(部長)

20070624030058.jpg
↑P3で「アトリエを作ろう」プロジェクトに取り組んでいる向井くんも「ビーチコーミング」について発表した。昨年度P2の成果。清々しい好演でした。

[いなばライオンズクラブ主催「学生研究成果発表会」]の続きを読む
  1. 2007/06/24(日) 01:20:40|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

05 | 2007/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search