FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

クア・ヴァン再訪-越南浮浪(Ⅲ)

20070826003652.jpg

 調査が始まった。昨年の小型遊覧船ではなく、昨日乗った2階建のクルーズ船と同型の大型船を貸し切り。通訳を二人連れているので、昨日より乗船者は一人多い(前日はスペインのアーティスト1名)。この大型船はスピードがある。昨年は3時間半かかったクア・ヴァン村(水上集落)まで2時間あまりで到着した。
 いまクア・ヴァンと記した。昨年のブログでは、ハン・ティエン・オン(Hang Tien Ong)村と書いている。これは、水上集落にある洞窟の名称であることが分かった。ハンは固有名称、ティエン・オンは神の名であるという。ティエン・オンは漢語起源の言葉ではないか、と思い、そう訊ねてみたのだが、「いや、ベトナムの神だ」との返事。ベトナム人は「ベトナム固有の文化」だと思っているが、じつは古い中国の伝統に因む文化要素は数限りない。ハノイ下町の商店の片隅に「商いの神様」を祀っていて、やはり「ベトナムの神」だと言っていたが、それはマカオでみた「関帝廟」とほとんど変わらないものであった。
 昨年調査し、今年も継続調査する水上集落の名称はクア・ヴァン(Cua Van)である。ヴァン(van)とは中国語の「坊」に起源するベトナム語。条坊の「坊」である。「居住エリア」とでも訳せばよいであろうか。クアが村の固有名称である。

20070826004009.jpg
↑村長の娘さん ↓村長さん宅でのご挨拶
20070826004346.jpg

 10時半すぎ、クア・ヴァン着。1年ぶりに戻ってきた。感慨一入。船に何艘も小型船が寄り集まってくる。そのなかにひときわ目立って流麗なご婦人がおり、訊けば「村長さんの娘さん」だという。彼女やその近親者の漕ぐ3艘の竹編船に乗り、村長さんの家へ。あいにく村長を務めるチョーさんは陸に出かけていて、息子さんが対応してくださった。そこに、セキュリティ委員会の役員ロックさんもあらわれた。ロックさんは某数寄屋大工見習いOBの師匠(棟梁)とよく似た風貌。
 そのミーティングで得た情報によると、村の世帯数は127。うち「パーマネント」な世帯は87だという。さらにこの村は4つの集団に分かれていて、それぞれの集団に長がいるとのこと。午前中あまった時間を利用して、ロックさんに連れられ4集団の長に挨拶してまわった。以下、各長による各集団の概要説明。
  第1グループ: 27世帯(うちパーマネント?世帯)  長:ニャットさん
  第2グループ: 33世帯(うちパーマネント27世帯) 長:ドゥックさん
  第3グループ: 30世帯(うちパーマネント23世帯)  長:チョーさん
  第4グループ: 36世帯(うちパーマネント29帯)  長:ウットさん

20070826004414.jpg

 懐かしいコミュニティ・センターを訪れ、顔馴染みの(とわたしたちが勝手に思っている)少女たちに「覚えているかい?」と訊ねるのだが、キョトン??とした顔をしている。エアポートは言うのだ。
  「チャックさん以外の記憶はないんですよ・・・」

[クア・ヴァン再訪-越南浮浪(Ⅲ)]の続きを読む
  1. 2007/08/24(金) 23:06:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2007/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search