FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

荒海周航-越南浮浪(Ⅶ)

20070901023346.jpg

 ベトナムに入国してちょうど1週間が過ぎた。本日も雨。海が荒れた。
 昨日でクア・ヴァン村の調査が終了し、本日はハロン湾からハノイへの移動日。しかし、朝からハノイに向かうのはもったいない。隊長や副隊長が思案され、本日はハロン湾に点在する他の水上集落を訪問することになった。ハロン湾遺産管理局のハンさん(女性通訳)からも「クア・ヴァンよりも商業や観光の影響を受けていない良い水上集落がある」と言われ、いくつかの集落をご紹介いただいた。というわけで、今日もまた雨天のなか、ハロン湾にくりだした。ただし、通訳のハンさんとファムさんは都合が合わず、また昨日までのった大型の遊覧船もすでに予約済みのため、別の船(やや小型)で我々だけで出航。英語が伝わらない船長さんとのやりとりに苦戦し、さらにハルさんと某大学院生とわたしの3名は波の荒れ狂うハロン湾外洋近くで船酔いに陥った(ゲロゲロはなかったが、大食らいで有名な院生が昼食をまったく食べないのには驚いた・・・)。
 紹介された集落はホアクオン(Hoa Cuong)村、コンタオ(Cong Tau)村、ヴォンヴィエン(Vong Vieng)村、コンダム(Cong Dam)村で、ひとつ目の村はハロン湾の西の端、2つ目の村は南の端、3つ目の村は湾の中間地点、4つ目の村は東の端にある。4つ目の村は一番影響を受けてない集落らしいのだが、港から片道6時間もかかるため時間の都合上あきらめ、残りの3集落を訪れた。

01HoaCuong.jpg

 ホアクオン(北緯20度52分26.6秒 東経107度01分54.4秒): 約35世帯。村には筏住居が点在。大きな養魚層が付いた筏住居が1棟、中央に陣取っている(↑)。

20070901023431.jpg

 コンタオ(北緯20度45分41.6秒 東経107度07分43.2秒): 約25世帯。外観上2グループに分かれており、両側の島に沿って平行に並んでいる。最南端にあり大陸から一番はなれた集落である。ほぼ全ての筏住居に養魚槽がありサイズも大きい。漁船の数も非常に多い(↑)。お寺がある。

20070901023443.jpg

 ヴォンヴィエン(北緯20度50分09.4秒 東経107度09分47.5秒): 約80世帯。昨年の調査でも訪れた集落。クアヴァンと似た奥まった地形で、外観上いくつかのグループに分かれている。養魚層付きの筏住居と付いてない筏住居はおよそ半々。あまり観光地化していない。村全体が非常に穏やかな雰囲気(↑)。昨年に比べ住居数が減った印象をもった。

 我々が調査してきたクアヴァンは、他の水上集落の中では最も歴史があり、130世帯と世帯数も多い。しかし、ここ数年で観光地化が急速に進み、家船から筏住居への住み替えが激しく、ここ1年足らずのあいだに陸上がりした世帯も少なくない。遺産管理局のハンさんは、「クアヴァンではなく、あまり観光地化していない水上集落を調査地として選んだほうが良かったのでは?」と指摘された。たしかにクアヴァンは文化変容の激しい集落であるかもしれないが、そういう集落を調査することで、ハロン湾の他の集落の近未来的な変容を予測することが可能であり、なによりこの村での調査を通して多くの人々と出会い、ふれあったことは私の中で大変貴重な経験となった。
 あまり観光地化していない小規模の集落については、来年以降の楽しみにとっておこう。(エアポート)

20070901032826.jpg
↑ハロン・ドリームまで別れの挨拶にかけつけたハオさん(遺産管理局)を交えての記念撮影



[荒海周航-越南浮浪(Ⅶ)]の続きを読む
  1. 2007/08/28(火) 23:04:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チャック&部長@東京インターンシップ(Ⅱ)

20070829001739.jpg

 インターンシップ二日目。昨日緊張した疲れもあるせいか、少し起きるのが遅くなってしまい、9時頃にあわてて宿泊先を出ました。それでも徒歩で十分間に合うって素晴らしいですね。会社前に着くと、すでにチャックさんの姿が。なんと昨日より10分早く出たら、30分も待つことになったそうです。東京って不思議だなって思いました。
 そして会社内へ入り、早速今日の実習内容に取り組みました。今日はまず、昨日のCAD図面修正の続きです。昨日は悪戦苦闘しましたが、今日は思ったよりも順調に進めることができました。きっと、何処をどう直していけば早いかというのが、少しずつ理解できてきたからでしょう。昨日は1つの図の修正しかできなかったけど、今日は4つもできました。まだ詳細が残っていますが、明日の午前中には終らせたいと思います!
 そして今日は図面を書くだけでなく、午後4時頃にKZさんとチャックさんと私でお茶の水に模型材料を買いに行きました。その道中、KZさんのご配慮で湯島聖堂とニコライ堂に見学に連れて行っていただきました。湯島聖堂では現在、お世話になっている会社の設計・管理の下、修復工事がおこなわれています。その修復工事の現場を見学させていただきました。担当のYさんに詳しく説明していただき、とても良い体験になりました。また、時間があるときにどんな様子だったかを、詳しく書きたいと思います。(部長)

20070828234843.jpg
↑江戸時代からある階段(左)と孔子の銅像(右)

 ニコライ堂は訪れた時間が遅く、もう閉まっていたので中を見ることはできませんでした。休みの日にでも見に行けたら良いなぁ、と思います。見学の合間に模型材料もしっかり購入して、会社に帰りました。
 模型材料も購入したので、早く模型製作をしたいなと思います。そのためにも明日は、図面を早く仕上げるぞ!と気合を入れて頑張ります。(部長)

20070829001305.jpg
↑KZさんと模型材料を持つ部長


[チャック&部長@東京インターンシップ(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2007/08/28(火) 22:08:11|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2007/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search