FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

国境景観の連続と断絶-越南浮浪エピローグ(Ⅱ)

20070904025853.jpg

 ハノイからハロン湾に向かう道すがら、ど派手な高層住宅が軒を連ねる。バルコニーやペディメントにコロニアル様式の細部がこれでもかと使われており、色彩も原色を多用して華々しい。なんと表現したらよいのだろうか、ロココというか、キッチュというか、あまり誉められた作品とはいえない建築が窓外を過ぎ去っていく。
 いずれも農村住宅、つまり農家である。ベトナムは共産主義の国だから、土地は国有。したがって、個人所有の土地は存在しない。ただ、土地の借用権(使用権)は存在する。農村では、もちろん宅地はひろい。日本の地主農家のような途方もない広さではないけれども、極限まで高密度化しているハノイ下町の都市住宅の敷地に比べればはるかに大きい。そこに3階建、まれに4階建の住まいを建てる。前述のように、様式建築の細部をこれみよがしにひけらかすキッチュな装飾をもつ住まいを建てるのである(↑↓)。

20070904190738.jpg

 はじめてベトナムを訪れた調査メンバーは、不思議な顔をして、この建物をみつめている。

  「都市住宅をモデルとしているんだろ。ああいう高層住宅に住みたいという願望のあらわれさ・・・」

 と、わたしは持論を披露した。反論する者はだれもいない。

20070904185804.jpg

 ハノイはベトナム戦争の空爆被害を免れたフランス植民地時代の建築が今も数多く残っている。それは大型の公共建築や銀行に限らない。一般庶民の住宅も、ネオ・クラシッズムからアールデコあたりの匂いをぷんぷん漂わせている(↑)。低くて2階建、高ければ3階以上になるものもある。こちらなかなか品のある意匠だと思うのだが、ハノイではこういう植民地建築を取り壊す方向で町の再開発が進みつつある。
 この植民地建築としての高密度高層住宅が農民たちの憧れであったのだろう。これを再現したい。農村の敷地に再現したい、と思うから、様式建築まがいの過剰装飾をもつ高層住宅が田園地帯に軒を連ねるわけだ。

20070904185833.jpg
↑ランソンの都市景観

[国境景観の連続と断絶-越南浮浪エピローグ(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2007/09/04(火) 19:45:09|
  2. 建築|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

チャック&部長@東京インターンシップ(Ⅵ)

 今日はインターンシップ6日目。新たにインターンシップの学生さんが2名増えました。1人は私と同じ3年生で、今日から2週間。もう1人は大学院生で12月まで3ヶ月間もインターンシップおこなうそうです。
 さて、今日の作業は先週金曜日からチャックさんと作り始めた模型作成の続き。加工する線を描いていたので、スムーズに作業を始めることができました。よく分からない部分も、KZさんに質問する前にチャックさんと相談して、図面を見ながら検討していきました。そして今日の終わりごろには構造体は完成して、屋根の部分を残すのみとなりました。明日の午前中には終らせようと思います。
 そして今日は作業が終ったあとに、インターンシップの学生と社員さん数名を交えて、Y社長さんの特別講義がおこなわれました。タイトルは「世界遺産と地域遺産 ~文化遺産を地域(まち)づくりの核に~」。講義内容とスライドに書いてあることを必死にメモしながらでしたが、大変興味深く聞くことができました。講義の後、社内で歓迎会をひらいていただき、いろんな方の話を聞くことができました。お忙しい中、ありがとうございました。
 あと残り4日となってしまったインターンシップ。今まではするべき作業に集中してそれだけをおこなっていました。しかし、残り時間は実習作業だけでなく、もっと他の部署の社員さん達とコミュニケーションをとったり、知識を広げていったりといろいろなことに使っていきたいと思います。(部長)


  1. 2007/09/03(月) 23:24:41|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国境を跨ぐ-越南浮浪エピローグ(Ⅰ)

 まだ「けんびき」症状が続いている。横になっている時間がとても長い。

P1130960.jpg

 今回のベトナム調査で、どうしても書いておきたかったのは、国境を越えて中国本土の地を踏んだことである。5年ぶりのことなんだ。かつて、「浅川と言えば中国」というイメージが定着していた時代?があった。いまも少しだけ「中国」の仕事がまわってくるんだが、たいてい断ることにしている。
  「中国はもう引退しましたんで・・・」

 もともと中国が好きなわけではない。2年も留学した人間が言う科白ではないかもしれないが、本心なんだから仕方ない。中国を学びたかったわけでもなければ、中国が好きなわけでもない(なぜ中国に行ったのか、その理由を話すと長くなるので割愛するが)。

20070902194618.jpg

 中国との交流を進めていた奈良の研究所を辞めてから、一度しか中国を訪れていない。あれは2002年の夏だった。A放送のクルーズとともに1週間ばかり雲南の北部をまわった。昨年末にはマカオ(澳門)で調査をおこなった。澳門はすでに中国に返還されてしまったけれども、文化的には中国と一線を画する地域である。
 というわけで、中国大陸側の中国領土に降り立ったのは5年ぶりになる。国境の町、凭祥(ピンシャン)は綺麗なところだった。ここにいう「綺麗」については、「衛生的」という意味に読み替えていただいてかまわない。わたしが中国に留学し、それ以降、毎年何回か訪問していた中国の田舎町は汚かった。都会も汚かった。つまり「非衛生的」で、肝炎の温床のような場所がいくらでもあった。
 ところが、その一方で、古い町並みは良く残っていた。いまはそれが消え失せている。ここ10年ばかりの開発の嵐が街を変えてしまった。衛生的で現代的にはなったけれども、町並みは崩壊してしまった。まもなく北京オリンピックだ。北京だけ集中して大改造しているわけにはいかないのだろう。世界中の人びとがあつまる大イベントなのだから、国境の町はとくに重要なのかもしれない。

P1140029.jpg



[国境を跨ぐ-越南浮浪エピローグ(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2007/09/02(日) 18:42:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

けんびき(Ⅲ)

 久しぶりに因幡方言の登場です。「けんびき」ですね、過度のけんびき。10日間の海外フィールドワークがこんなに堪えるなんて。ベトナムで購入したCDやDVD、留守中に届いたCDを聴くのを楽しみにしてたんですが、そういう気力すら湧いてきませんから。

 昨日早朝5時半、ベトナム航空便は関西国際空港に着陸した。膨大な荷物を抱えていたので税関が心配だったが、「ベトナムとの学術交流です」の一言で検査なし。良かった。みられるとヤバイものがないわけではなかったりして(冗談ですよ)。
 そして、6時半過ぎには解散した。わたしは7時20分のリムジンで奈良に向かった。鳥取の4人組は難波経由で鳥取へ。特別顧問のひらちゃんは、なんと京都で開催される研究会へ。体力あるよね。
 8時半には近鉄学園前に到着。そのままタクシーで帰宅した。患者と患者の母親が出迎えてくれて、少し休んでから、朝食をとった。雨が降ってきた。疲れていたけれども、患者を近隣の福祉センターまで送っていった。すでに病院でのリハビリは終わり、福祉センターでの週2~3回のリハビリに変わっているのである。
 それから爆睡。起きたら午後3時。夕食を食べて、また爆睡。深夜からアップされていないブログを3本あげた(エアポート2本+ハルさん1本)。そこで、完全にグロッキー。
 今日、目覚めても体が重い。猛烈に重い(体重で重いのではないです)。肩も凝っている。血圧も高い。まずは肩に膏薬を貼った。薬も飲んだ。体調はあまり上向きにならないが、意地で30日のブログ「プルメリア」を書きあげ、アップした。今回のベトナム調査については、まだ書きたいことがいろいろあるのだが、しばらくネタを暖めておくしかない(というか、書くだけの体力がもうなくなっている)。
 明日はもう鳥取に移動です。運転して帰んなきゃいけない(貯まったCDを聴くチャンスではあるが)。大丈夫だろうか・・・??
 
 ただ、昨日は触りもしなかったギターを今日はしばらく弾いた。やっぱり自分のギターはよく鳴ります。考えてみれば、某練習会が9日に迫っているではないか。
 チョトロクさん、できるだけ参加する方向で日程を調整中です。帰鳥後、スケジュールを詰めますので、正式なお返事はもうしばらくお待ち下さい。


  1. 2007/09/01(土) 23:53:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ

asa

08 | 2007/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search