FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

チャックの青谷問答記(Ⅲ)

発掘調査の現場から

20070911203850.jpg

 現在、青谷上寺地遺跡では第9次発掘調査がおこなわれている。目的は「遺跡が最も栄えた弥生時代後期(約1800年前)に、中心域南側を区画したと考えられる溝(SD33)の検出」である。その現場に、今日もお邪魔させていただいた。
 以前来た時よりも掘削が進み、出土する土器片なども数が増えている。前回同様、Mさんに現状を説明していただいた。階段状だった断面は、一部丸味を帯びている。これは雨と乾燥によって段にヒビが入り崩れてしまったためである。発掘面からは意図的に廃棄?された可能性のある土器溜りが2箇所発見された。どちらも溝の山になっているところにあると推測される。

20070911203639.jpg

 少し見にくいが、Y-Y'ではY’→Yへと緩やかに傾斜している。本来の発掘調査であれば水平に掘るのだが、溝の内と外の景観を把握するための調査なので、遺構に忠実に掘っている。この傾斜は、中心域は他の水田地域などよりも高い位置にあったと物語っている。溝からは建築部材と思われる木材の端々が顔を出していた。これらは取り出されるまでの間、乾燥から守るためシートなどで保護される。

20070911203656.jpg

 全体が姿を見せるのはまだ先のことだが、今後がとても楽しみだ。ちょこまかと写真を撮らせていただき、私は現場を後にした。

20070911203705.jpg

 Mさん、丁寧に説明していただきありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

ここで少しだけ宣伝を。
 鳥取県埋蔵文化財センターでは、鳥取市秋里でおこなっている青谷上寺地遺跡の調査研究機能の一部を鳥取市役所青谷町総合支所の2階に移転することとし、平成19年11月1日の「鳥取県埋蔵文化財センター青谷調査室」の開設を目指して、現在その準備を進めております。当室の開設を記念して講演会を実施しますので是非ご参加ください(チラシ抜粋)。
 詳しくは以下のページをご参照ください。
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=68724

 もちろん私は参加応募しましたよ。(チャック)


[チャックの青谷問答記(Ⅲ)]の続きを読む
  1. 2007/09/11(火) 21:12:55|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サンデーモーニング・オーバーキャスト(Ⅰ)

20070911052756.jpg

 チョトロクさん、またしてもお世話になりました。大山(↑)の清々しい環境のなかで、まる一日音楽を楽しませていただき、ありがとうございます。今回、自分のデジカメに良い写真が少なかったので、六弦倶楽部のサイトから数枚転載させていただきました(解像度は下げております)。ご容赦ください。読者の皆様も、まずは六弦倶楽部のサイトhttp://blog.livedoor.jp/chotoroku1090/をご覧になってください。

20070911053314.jpg

 9日、六弦倶楽部の第3回練習会が大山の某別荘ウッドデッキをステージに開催された。会場は大山の大成池を囲むように建ち並ぶ別荘の一つ(↑)。六弦倶楽部代表のチョトロクさんのコネクションでお借りできたらしい。一部の有志は別荘に前泊して、明け方までギターを弾き、音楽について語らったとか。今回は家族連れが3組あった。じつはわたしもその一人。この夏休み、患者とどこにも出かけていなかったので、お誘い申し上げたところ、彼女は悩んだ。ずっと悩んでいるので、わたしが勝手にホテルの予約も済ませてしまい、なかば強引に連れてきてしまった。2度めの退院後、はじめての御国入である。それとですね、じつはわたくし、鳥取の宿舎を今月中に引っ越すことになっており、新しい借家をみたいという彼女の要望もあったのです。

20070911054607.jpg

 集合は午前11時。米子駅前から会場まで30分あまりで到着した。チョトロクさんや月太郎さんはすでに準備を終えている。いつものことながら大変ですね。頭が下がります。
 前夜から雨が降り、天候が心配された。明け方はまさにサンデー・モーニング・オーバーキャスト(日曜日の朝の曇り空)。しかし、わたしたちが会場に着くころには晴れ間が覗くようになり、大山がその雄姿をあらわした。以後、曇ったり、晴れたり・・・
 まもなくバーベキューが始まった。そして、くじ引き(↑)。わたしは9組中9番があたった。そのとき「あれっ、トリか」と覚悟を決めたのだが、遅れて1組やってこられて、結局、最後から2番目となった。「浴衣でフォーク」の会でマンドリンの伴奏させていただいたMOさんは7番目。今回も1曲フラマンでお付き合いすることになっていて、これは良い順番だと思った。とりあえずフラマンで場慣れして、ソロに臨む。一安心、と思っていたのだが・・・

20070911053609.jpg

 昼すぎから練習会が始まった。前回、わたしと同じぐらいアガッてしまったチョトロクさんは3番目で快調にインスト3曲をこなした(↑)。5人終わって休憩。休憩中に、MOさんと簡単に音あわせした。曲は2ヶ月前に加藤家でさんざん練習した「僕の胸でおやすみ」だから、2回ほどあわせたらすぐに感がもどった。 
 後半開始。トップバッターは今回から参加されたSさん。なんと鳥取西高校の5年先輩で、現在の職業もご同業の方です(松江在住)。いや、ものすごくアガっていらっしゃいました。前回のわたしを思い起こしましたが、あれだけ緊張しているなか、オベーションで「アルハンブラの想い出」を弾き通されたのは素晴らしい。今回演奏されたインストの曲で最も難しいのは「アルハンブラの想い出」だと思います。アルハンブラをマスターしようと思うなら、半年ぐらいかかるでしょうね。いつか挑戦します、わたしも。

20070911055005.jpg

 MOさんは休憩後2番目に登場。その1曲めに「僕の胸でおやすみ」の伴奏をした。「僕の胸でおやすみ」は先月急逝された部下のNさんに捧げる追悼の曲(Nさんは「古ハウス」の一員として浴衣フォークの会で一緒に演奏した)。
 ほんとに不思議なんですが、フラット・マンドリンではまったくアガらない。フラマンと相性がいいのかな。ほかに弾ける人がいないから気楽なのかもしれない。というよりも、やはり2人以上の演奏だと気楽なんだろうな。ソロ、というのは、異常な世界なんですね。音楽はグループで演るもんだ、とつくづく思う。ミスなしではなかったけれども、ストップはしなかった。順調な滑りだしをさせていただいた。このままソロに移れるならいちばん良かったのだが・・・

20070911055101.jpg

[サンデーモーニング・オーバーキャスト(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2007/09/11(火) 05:06:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

08 | 2007/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search