FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『漢長安城桂宮』の出版

20070919181721.jpg

 7年前まで在籍した奈文研から、ごらんの報告書が送られてきた(↑)。奈文研は、とうとう国立博物館とも合併し、「独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所」という正式名称に変わったらしい。
 わたしが在籍したころは、奈良国立文化財研究と言った。中国で出版された漢長安城桂宮の発掘調査報告書には、その古い機関名が使われている。まずは書籍データからお知らせしておこう。

  中国社会科学院考古研究所・日本奈良国立文化財研究所(編著)
   『漢長安城桂宮 1996-2001年考古発掘報告』
    発行: 文物出版社(北京市東直門内北小街2号楼)
    発行年月: 2007年1月
    ISBN: 978-7-5010-1997-7
    定価: 320元

 奈文研が「日中古代都城の比較研究」をテーマに中国社会科学院考古学研究所と研究協定を結んだのは1991年に遡る。わたしが入所して4年めのこと。まだ30代前半であり、あまりお役には立てなかった。この第1次5ヶ年計画では、おもに人事交流をおこなっていた。協定は1996年に延長された。この第2次5ヶ年計画の協定署名が漢長安城共同発掘調査の始まりである。
 発掘調査した桂宮は、武帝の造営した後宮。漢の長安城は、都市というよりも宮城群といったほうがよく、しかも未央宮以外の諸宮はみな后妃と女官の城であった。ひらたく言えば、大奥である。大奥がいくつもあって、それらは皇帝が執政する未央宮と空中廊下(「複道」または「閣道」という)でつながれていた。かくして美女の群れに囲まれ、多くの中国の皇帝は早死にしていったのである。
 桂宮の発掘調査は1997年11月に始まり、2001年5月に終わった。わたしは日本側の窓口を務めていた。現場で発掘調査に携わるのは、わたしより若い研究員たちばかりで、報告書を読むと、かれらの名前がきちんと記されている。わたしは年に3度も北京や西安に通い、中国側との交渉の席につき続けたのだが、どこにも名前が載っていない。

[『漢長安城桂宮』の出版]の続きを読む
  1. 2007/09/20(木) 00:18:03|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

08 | 2007/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search