FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

学祭パフォーマンス

20071006174123.jpg

 わたしの学祭、初めての学祭はあっさり終わってしまいました。わたしが参加したコーナーは「バンド・コンクール」というイベントだそうです。集合は午後1時。すでに会場にいるチャックに待機してもらい、ギターや椅子などを預けました。わたしは奥の駐車場に車をとめて再び会場に。
 ソロ2組を含む参加バンド?は6組。どういう基準で順番を決めたのか知らないけれど、わたしは2番目ということを昨日告知されていました。トップバッターは女性のソロ。キーボード1台の弾語りで、曲目は「アメイジング・グレイス」。一人あたりの持ち時間は20分なんです。だから、3~4曲演れるはずなんで、こちら悠然と構えていたら、トップの女性は1曲だけでステージを降りてしまった。
 わたしはただちにステージに。慣れないラインをつけて試奏すると、モニターの音が凄く大きく聞こえたので、「音を小さく、とくにベースを小さくして」と指示しました。で、まわりにいる顔見知りの学生に何度か確認すると「OK」のサイン。MCをしたのかどうか、よく覚えてませんね。ほとんどいきなり弾き始めました。

20071006174412.jpg

 とりあえず曲目から紹介しておきます。

   1.ビートルズ・イン・G(インストルメンタル)
   2.メドレー「スウィート・メモリー」~「少年時代」(インストルメンタル)
   3.サンデーモーニング・オーバーキャスト(インストルメンタル)

 1のビートルズ・イン・Gは、Gキーで演奏するビートルズのメドレー。「ロング・アンド・ワインディング・ロード」~「イエスタデイ」~「ヘイ・ジュード」というビートルズの代表的なバラードを3曲並べました。関口祐二さんと南澤大介さんのアレンジをごっちゃまぜにして、さらにわたしがかなり味付けしたものです。今回はビートルズを指慣らしの曲に選んだのだけど、しょっぱなの「ロング・アンド・ワインディング・ロード」では、やはりまた指が動かなかった。どうなることかと思いましたが、いちばん簡単な「イエスタデイ」でやや持ち直し、「ヘイ・ジュード」はまぁまぁの出来だったのではないでしょうかね。とりあえずストップはなし。
 2のメドレー「スウィート・メモリー」~「少年時代」は前回(六弦倶楽部第3回練習会)で指慣らしに使った曲。今回は2曲目にもってきたので、少々落ち着きを取り戻しており、前回よりも良い出来だったのではないかと思います。ミスしなかったわけではないけれども、ストップはなし。
 3の「サンデーモーニング・オーバーキャスト」のころには結構調子がでてきて、快調に飛ばしていたんですが、最後の最後、コーダ(coda)の部分に入り損ねてしまい、どうして終わろうか考えながら演奏し続けていたんですが、結局一番聞かせどころのエンディングで一度ストップしてしまった。あと2小節で終わりだったのに。コーダに入り損ねたことが心理的に影響していたんですね・・・

20071006175230.jpg


  [学祭パフォーマンス]の続きを読む
  1. 2007/10/07(日) 00:28:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

引っ越し、そしてリハーサル

20071006161817.jpg

 とうとう田園町とおさらばの日が来てしまいました。金曜日、学祭の準備もしくは授業がある以外の学生は9時に田園町集合。リーダー格のチャックのほか、左SHは倉吉から馳せ参じ、なんとかかんとか某院生も遅刻せず、どういうわけかノビタは前夜から泊まり込みでして、わたしを含む総勢5名の引っ越し体制でスタートしました。
 9時前にはクロネコさんの2トントラックも到着。積み込みが始まりました。当初の予定では田園町-寺町の往復は2トントラックで1回、余った荷物を自家用車で運ぶ予定だったんですが、2トントラックというのは思ったより小さく、交渉の末、2回往復していただきました。2回往復してから、わたしと院生は寺町新居の片付けに入りましたが、田園町の後始末は大変のようで、チャック、ノビタ、左SHは何往復もすることに。まことに申し訳ないことです。

20071006161914.jpg

 ちなみに、佐治の実家に戻っていた患者も4時すぎに合流して、キッチンの片付けなど始めました。そうそう、授業を受けていたケンぼーも手伝いに来てくれましたね。みんな、ありがとう!
 さてさて、翌日に迫った学祭パフォーマンスのリーハーサルが午後6時~7時のあいだで一人8分と決められていて、ノビタの車で大学に連れていってもらいました。ところが、リハーサルがなかなか始まらない。やっと始まって、交渉の末、2番目をゲットしたんですが、1番目のグループが延々終わらない。たぶん30分以上音あわせしていたと思います。わたしのほうはと言えば、事務局がやってきて耳元でささやくのです。
  「8分の予定でしたが、もう少し縮めてください」
 あらら・・・やっとリハが回ってきて、突貫工事したHeadwayにラインを繋ぎ、ミキサーの指示通り、音だしをしていたんですが、あっというまに「はい、これぐらいで」。前のグループのあの長さはいったい何なんだ、と思ってしまいましたが、1番目のグループが基準になるから長いんだそうです。

20071006162012.jpg

 で、田園町経由で寺町にトンボ帰りして、学生たちと食事にでかけました。最初は「焼肉」と思っていたんですが、近くに良い店がないので、割烹「匠」に変更。某院生は「匠」は8時半で閉店ですから、と強く主張するので、ご主人の携帯に電話して確認したところ、閉店は10時だから「どうぞ、どうぞ、待っております」とのこと。院生はこういうガセネタの流すのが得意でして、ひょっとすると、どうしても焼肉が食べたかったのかもしれませんね。
 でも、ほんとうにまる1日、みんなよく働いてくれました。寺町のほうが片づくまでかなり時間がかかりそうなので、またよろしくお願いします。

20071006162136.jpg




  1. 2007/10/06(土) 02:12:28|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歩け、あるけ、アルケオロジー

 木曜日から後期のプロジェクト研究(1・2年の演習)が始まった。昨年度前期から今年度前期まで3期にわたって続けてきた「古民家のリサイクル」シリーズは一旦休止(3年生は継続します)。今期からは以下の新しいプロジェクトが始動しました。テーマおよびシラバスの抜粋を以下に示します。

       歩け、あるけ、アルケオロジー
         -弥生の暮らしをたずねて-

  大学の裏山に「邪馬台国」の遺跡が眠っているのを知っていますか? というのは真っ赤なウソですが、鳥取県は弥生時代遺跡の宝庫です。このプロジェクト研究では、青谷上寺地遺跡、妻木晩田遺跡など日本有数の弥生時代遺跡をたずね歩きながら、古代の暮らしに想いを馳せようとするものです。大学に近い遺跡を訪問し、弥生人の暮らしのいろいろな側面、たとえば衣・食・住について想像をめぐらせてみましょう。古代の人びとはどんなファッションをしていたのか、どんな食べ物を食べていたのか、どんな住まいに住んでいたのか、各自の研究テーマを掘り下げてください。
 ちなみに「アルケオロジー」とは「考古学」のことです。

 このプロジェクトには1年生5名、2年生2名が配属されました。もちろん浅川研究室の3・4年生も全面的にバックアップします。県の「知の財産」事業に貢献できるような斬新で愉快な研究が展開できれば、と願っているところです。

 これから1ヶ月の活動は以下のとおりです。この時期を準備期間として、各メンバーの研究テーマを定めていく予定です。

 10月4日(木): オリエンテーション
 10月11日(木): 鳥取県埋蔵文化財センター訪問
   「弥生時代の衣食住」と題する講演をお願いしています。もちろん施設も見学。
 10月18日(木): 青谷上寺地遺跡発掘現場・展示館 視察
 10月25日(木): 鳥取県埋蔵文化財センター秋里分室訪問
    青谷上寺地遺跡で出土した極上の遺物と建築部材を視察

  1. 2007/10/05(金) 16:14:27|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ギザギザハートの子守歌。

 Lablogのノビタファンの皆様、お元気ですか?

  ノビタです。

 忘れた頃にひょっこり養生、いや登場。お待たせしました。

 ところで、今日の朝、浅川先生が田園町の家から大学に向かおうと車に乗りかけたとき、見覚えのあるものが、べシャッっとフロントガラスに貼られていたそうです。
 そうです、また自宅の門前で駐禁違反のシールを貼られてしまったのです。昨夜、帰宅後、先生は門前に車をとめて、家に荷物を運び込み、そのままギターを弾き始め、疲れたので眠ったことが原因です。

 駐車違反のシールをみた先生は「鬱」症状に陥りました。

チェッカーズが代弁するなら「そんなにオレが悪いのか。」

…お後がよろしいようで。

20071006162550.jpg



  1. 2007/10/05(金) 00:11:10|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジョー・パスの衝撃

 セゴビアの演奏をネットで見た後、よせばいいのに、ジョー・パスのDVDを見てしまった。ベトナムで安く仕入れてきた大量のDVDがほったらかしのまんまだったもので、どれから手をつけようか悩んだんだが、“The Genius of Joe Pass”に決めてパソコンに挿入し、ヘッドフォンをつけてその映像をみた。いや、これも凄い。ただの音源として聴くジョー・パスよりも、映像でみるジョーパスのほうがはるかに凄みがある。かれの『ヴァーチュオーゾ』シリーズはもちろん何枚かもっている。技術が高いのはよくわかるんだけれども、リスニング音楽としてはもう一つで、そんなに好みではなかったのだが、ライブの映像には目を見張った。ソロのジャズ・ギターという分野では、前人未踏ではないか。

20071001171408.jpg

 よくよく考えてみると、ジャズ・ギターのソロ専門家というのは、ジョー・パス以外にいないのではなかろうか(「いや、いる」というのなら教えてください→渡辺香津美レベルでは受け付けませんよ)。たしかジョー・パスはドラッグ中毒のため長期服役していて、その間ひたすらソロ・ギターの腕を磨いたんだよね。おもしろいのはパスの演奏姿勢。上下の写真にみるとおり、パスは椅子に坐ってソロ・ギターの演奏をしている。ギターの角度はクラシック・ギターのそれに近いが、足踏台を使っていない。足踏台を使わないかわりに、ギターにストラップを付けて、ストラップでギターの角度を調整している。立ち姿勢のための小道具(ストラップ)を坐り姿勢でも使っているわけだ。もう一つ注目したいのは指。パスはピックを使わない。爪も使わない。指の腹を使う4フィンガー。つまり、わたしとまったく同じ奏法である。この点からみれば、ジョー・パスの奏法はアコースティック・ギターに応用しやすいはずだ。
 といっても、難度は高い。高すぎる。技術はもちろん、和声も複雑で、「代理コードの代理」みたいなコードをいっぱい使うらしい。教則本もたくさん出ているので、最近一度買おうとしたのだが、たぶんついていけないだろう思って断念した。

20071001171356.jpg

 それにしても、心配になるのはジョー・パスの後継者と呼べるギタリストがジャズ界にあらわれていないこと。クラシックの世界だって、かつてギターは伴奏楽器にすぎなかったはずだが、ある時期、だれか知らないけれども、ソロ・ギターの技術を飛躍的に高めた人物がいて、それから長い時間をかけて今のような素晴らしい音楽レベルを確立していったんだろう、とわたしは勝手に推測している。ジャズの世界では、ジョー・パスがその「だれか」なのではないか。ジョー・パスが亡くなったら、かれの技術を継承するギタリストがいなくなるとすれば、それはとても淋しいことだ。直系の弟子を何人か育てるまで成仏してもらっては困る。ジョー・パス直系の一門が独特の坐り方、ギターの角度、指の腹で弾くフィンガリングの伝統を受け継ぎ、ジャズギター・ソロのレベルを大きく高めてほしいものだ。そうすれば、いつかクラシック・ギターとはひと味違ったソロ・ギターの芸術分野が確立できるであろう。


  1. 2007/10/04(木) 00:00:56|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

セゴビアの衝撃

 六弦倶楽部の第3回練習会(大山)でご一緒させていただいた松江のSさんからメールを頂戴した。わたしのブログ「ミュートの技巧」を読んだ感想だとのことですが、いきなり「山陰ギターコンクールに出場されるとの事、すばらしいですね」とありまして、いや、困ったな・・・「シニア」ならなんとかなるとは思いますが、「一般」の部に出場するとなれば、F.ソル「魔笛の主題による変奏曲第4、第5変奏」が弾けるようになって、さらにテープ審査をパスしなきゃいけないんですから、出場できる保証はまったくないありません。
 ところが、Sさんはすでにこの曲が弾けるのだそうです。恐縮ですが、メールの文章を一部引用させていただきます。

   実はこの曲は私が大山の練習会で当初予定していた曲です。
   クラギでは、定番中の定番ですね。鉄弦で第5変奏をやるのが
   どうしても難しくてあきらめました(左手の人差し指が擦れて
   切れそうになります)。まあー、たとえ、選曲していたとしても、
   あの状態では、イントロ、第1変奏すら難しかったでしょうが・・

 じつは天理楽器でギター工事を依頼する際、ついでにソルの変奏曲についても店長に訊いてみたのですが、店長はやはり「あぁ、定番ですね」とコメントし、この曲を含むクラッシックギター楽譜集をみせてくれました。しかし、その楽譜はタブ譜付きだったので買いませんでした。タブがあると楽だけど、いつまでもタブに頼っていてはいけないと、いちおう思っているんです。エチュードを練習する楽しみもタブなしのところにありまして、タブなしの譜面から和音や運指を考えるのがとてもおもしろいんですよ。それにしても、楽譜をみる限り、これは難しい曲だと直感しました。サンバーストといい勝負じゃないだろうか。このレベルがクラシックの「定番」なんだ・・・
 
 さてさて、楽譜を買わなくてよかった。Sさんはわたしがこの曲を知らないことを心配されたのでしょう、pdfを添付され、さらにセゴビアが演奏する動画サイトをお教えくださいました。で、見たんです。エライことですよ。こんな曲、よう弾かんわ。それにしても、セゴビアの貫禄は凄いもんです。曲の最初から最後までポーカーフェイス。表情がまったく変わらない。名人とはこういうものですね。難しいところでも表情ひとつ変えず、腕の動きもスローハンドで、大袈裟なアクションはまったくない。ところが、演奏のスピードはもの凄く速い。
 Sさんは「万難を排して鳥取での第4回練習会に駆けつけますので、できましたら、その席でこの曲をご披露ください」とメールを結んでらっしゃいます。わたしは無理だとお答えしました。とりあえず、カルカッシのエチュードが終わらないことには、他の曲に移れません。エチュードが終わるのがたぶん11月でして、六弦倶楽部の第4回練習会は11月中旬の週末になりそうなので、とても間に合いませんね。そもそも、こんな難しい曲が来年の5月までに弾けるようになるものかどうか・・・


  1. 2007/10/03(水) 00:08:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宴の後の廻り道

20071001144620.jpg

 この日曜日、昼の12時から某助教の結婚祝賀会が京都であったんです。明治42年(1909)に竣工した煉瓦造のホテル「長楽園」での宴。日本(新郎)と台湾(新婦)の賓客が入り交じった国際色豊かな祝宴でした。しかし、それにしても、昼間からシャンパン、ビール、ワインを飲むとまわりが早いですね。酔っぱらいました。ひどいもんでした。
 2時すぎに四条河原町から京阪に乗ったんです。めざすは丹波橋。丹波橋で近鉄に乗り換えれば奈良に帰れる。で、やってきた電車に乗りました。各駅停車だが、まぁいいか、酔っぱらってるし、のんびり坐って帰ろう、てなもんです。

20071001144451.jpg

 しばらくして様子がおかしい。駅の看板をみると「出町柳」と書いてある。帰路と逆方向に北上してしまったんですね。急いで下車したところ、下りの特急が待っている。これは運が良い。また坐れた。調子よく電車は走っていくのですが、やっぱりまたおかしいんですね。気がついたら、楠葉の駅。丹波橋を過ぎてしまって、大阪府に入っているではありませんか、急ぎ下車して、また反対側のプラットフォームへ。なんとか丹波橋まで戻り、近鉄に移動。ちゃんと奈良行きの急行に乗りました。こんどは立ちん棒です。で、ようやく平城ニュータウンに着きました。高の原駅で下車したんですね。それでトイレに入って、改札を出ようとしたところ、またおかしい。いつもの高の原ではない。ここはどこだ。プラットフォームに降りて確認すると、「新祝園(しんほうその)」と書いてあるではないか。一つ前の駅で降りてしまっていたのです。そこからまた各停に乗りました。高の原に着いたら、午後4時半。

20071001144734.jpg


[宴の後の廻り道]の続きを読む
  1. 2007/10/02(火) 00:39:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ギターのない夜

 ようやく学祭の案内が携帯メールに届いた。

  「本番まで1週間を切りました。そこで各イベントの詳細(時間の確認・進行・
   内容など)を説明したいとおもいます。」

 わたしはもちろんソロなのだが、実行委員会の区分けでは「バンド」という範疇になっていて、打ち合わせの日時は10月1日(月)17:00~17:20と指示されている。
 駄目だぁ・・・そのころは鳥取に向かって移動中ではないだろうか。で、まだどういう会場で演るのか、一人あたりの持ち時間はどれくらいなのか、知らされていない。
 ハルさんによると、「バンド」は予選と本選の2段階あって、予選で好評を博した演者だけが本戦に進めるとのこと。しかも、困ったことに、予選が室内で、本戦は野外のメイン・ステージだというのです。ところが、チャックだったか、エアポートだったか忘れたけれども、両方野外だというヤツもいるんだな。なにぶん第3回練習会では、野外であったのにアンプラグドでギター弾いて失敗したから、今回はラインを使おうと決めているんだけど、室内の予選が教室ならアンプラグでも構わないんですよね。
 というわけで、今でもどのギターで臨むか悩んでいるんです。ライン付きならエレガットしかなく、ライン無しならフォークギターにしたい。ところがエレガットとフォークではネックの太さがまったく違うので、運指に影響がでるんですね。もう使うギターを決めてかからないといけない。困ってしまったわたしは決断しました。奈良においているHeadway(フォークギター)にプラグをつけることにしたんです。いまHeadwayを買った天理楽器が突貫工事をしてるところ。Headwayは小さいけれども、とても良く鳴るギターなので、工事さえ終われば、ラインの有無に拘わらず本番で使えるでしょう・・・??
 おかげで、昨夜からギターがないのね。淋しい。1家に1台じゃなくて、わたしの場合、1部屋に1台の人だから、いつでも弦がつまびけるはずなんですが、2日間もギターがないんです。ほんとせつない。せっかくヨークの別の作品を練習し始めたところだったのに・・・喜んでいるのは患者です。いつも夜になると、
  「はい、もう弦緩めようね!」
なんちゃって、最近はわたしに黙って勝手に弦を緩めてしまうんですから。でも、こうしておくほうがギターのメンテにはいいんですけどね。

 京都で結婚祝賀会があるので、代わりに次女が天理楽器までHeadwayを取りにいってくれるはずなんだけど、ちょっと心配だな。ちゃんと戻ってるだろうか。戻ってないと、また今夜もギターなし。ヤだ、ヤだ・・・なにより工事が終わってくれないと、大学に持って帰れないぞ。
 大丈夫かな、ほんと。


[ギターのない夜]の続きを読む
  1. 2007/10/01(月) 00:00:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ

asa

09 | 2007/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search