FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

下之郷の垂木

20071017001812.jpg

 15日、滋賀県守山市の下之郷遺跡第1回整備部会に出席してきた。会議でどんな話をしたか言えないけれど、環濠の展示方法に議論が集中した。
 わたしなんか呼ばなきゃいいんだ。アバンギャルドにしてデストロイヤーですからね。おそらく事務局は、また相当ひっくりかえっていることだろう。でもですね、地方自治体の予算というのは、ほんとうにシビアですね。あれだけシビアななかで無理な整備をして、結果として、それが失敗してしまうと大変なことになるから、わたしとしては助け船を出したつもりなんです。
 どこもかしこもお金がない。夢がない。希望がない・・・

 さて、現場ではよいものを見せていただいた。発掘調査中の環濠に木材が多数堆積していたのだが、そのなかに垂木を発見した。細い垂木だ。たぶん材種はスギ。先端の彫み方は青谷上寺地の垂木と似ているが、やや異なる。青谷よりもさらに細い垂木であり、常識的には小型高床倉庫の部材であろう。
 垂木らしき材はもう1本ある。その材は上の垂木材と少し離れた位置で直交するように横たわり、トレンチの壁にくい込んでいる。これが結構長い。でも、細い。ひょっとしたら、上の垂木とくっついたりして??

 というわけで、みなさん。みなさん、ってだれに呼びかけているのか、分かってくれないかな?
 この秋の目玉は「垂木」です。

20071017001828.jpg
↑↓わたしの言っている材がどれかわかりますか?
20071017001836.jpg



  1. 2007/10/16(火) 23:17:19|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2007/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search