FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

常忍寺本堂(Ⅱ)

 鷲峯山常忍寺(じゅうぼうざん じょうにんじ)は初代鳥取藩主池田光仲夫人の菩提寺であった芳心寺の住職によって、寛保元年(1741)に創建された日蓮宗の寺院である。創建後、正中山法華経寺の客席となり、また、幕府直触の格式をもつなど、江戸時代の鳥取藩では独自の地位を占める寺院であった(詳細は連載Ⅰ参照)。

20071030232016.jpg


 鷲峯山常忍寺本堂
         構造形式: 入母屋造本瓦葺平屋建平入
         建築年代: 文政元年(1818)再建 天保九年(1838)改築 

 常忍寺本堂は八間四方の総桜造として建立された中規模の日蓮宗本堂である。堂内の柱はいずれもミズメザクラで、正面側柱筋に尺三寸の丸柱を6本、堂内内外陣に尺五寸の丸柱を8本立てる。間口7間×奥行1間半の外陣と、間口7間×奥行4間の内陣に分かれ、内外陣とも中央間を3間、その両側に2間の余間を配す。内陣は外陣より一段高い「上段の間」として、内外陣境に無目敷居を通し、その上部には大断面の虹梁を飛ばす。中央間の虹梁のみ彫りの深い絵様を刻む。また内陣では中央間・両余間境に無目敷居を通し、その上部に絵様を刻む大断面の虹梁を飛ばす。つまり、内陣中央間の3方のみ絵様付きの虹梁で囲み仏壇を荘厳している。その中央間は奥行2間半の畳間と1間半の板間に分かれ、境に無目敷居を通すが、上部に虹梁はない。同じ位置の両余間では、虹梁を飛ばすが下部に無目敷居を通さない。また、これら余間の虹梁上には飛貫を通しており、それぞれ飛貫上の中備として蟇股を配している。

20071030233019.jpg

 外陣から内側の柱は、側面の角柱のほかはすべて丸柱で、それぞれ柱の上端には禅宗様特有の強い粽(ちまき)があり、柱上には拳鼻付の平三斗を組む。中備は菊の御紋の板蟇股だが、側面のみ実肘木付の蓑束とする。天井は、内陣中央間が折上格天井、余間・外陣は棹縁天井である。内外陣の柱・長押・組物等はすべて古色塗り、須弥壇および厨子等は輪島塗。側柱筋の柱間はすべて二枚引違いガラス障子で、正面入口のみ四枚引違いガラス障子とし、上部に絵様を刻む大断面の差鴨居を通す。
 側柱の外側は正面と両側面に幅半間の切目縁をめぐらせ、擬宝珠高欄をまわす。軒は一軒疎垂木。妻飾は蓑束立で、束と束の間に蟇股を配して虹梁を支え、その上に大瓶束を立てる。
 向拝は間口3間分を1柱間とする。向拝柱は几帳面取角柱で切石の礎石上に立てる。柱は虹梁型頭貫で繋ぎ、その中備に菊の御紋の板蟇股を2枚配する。柱頭の組物は三斗組とする。木鼻は、向拝頭貫の先端を拳鼻、海老虹梁の先端を象鼻とする。

20071030233036.jpg



[常忍寺本堂(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2007/10/30(火) 22:26:40|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2007/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search