FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『世界の住まいにみる 工匠たちの技と知恵』刊行!

 太田邦夫先生の最新作『世界の住まいにみる 工匠たちの技と知恵』が出版元の学芸出版社から送られてきた。送られてきたのは1ヶ月近く前のことであったが、奈良を離れている時間が長く、今日までここに紹介することができなかった。まずは、太田先生と学芸出版社に感謝したい。

20071126022025.jpg

 本書の構成と図書情報は以下のとおり。

世界の住まいにみる 工匠たちの技と知恵

   まえがき
  1.床が横に動く住まい
  2.浮上する高床の住まい
  3.地震帯になぜ井楼組が残っているのか
  4.鼠返しの効用
  5.木を縦・横に使うハイブリッドな構法
  6.棟持柱はなぜ消えたか
  7.ピロティは杭なのか、柱なのか
  8.渡りあごは強かった
  9.双倉と「1+1=3」の空間
  10.反り棟の住まい
  11.屋根の勾配をどうやって決めるか
  12.屋根の形と街並みのデザイン
   あとがき

図書情報: 
  発行年月   2007年10月30日
  著 者     太田 邦夫
  発行所     学芸出版社
  サイズ     A5版・175ページ
  ISBN    978-4-7615-2415-9

 いずれの章も刺激的なタイトルばかりで、多くの建築分野と関係している。建築と係わり生活している学生・社会人にとっては必読の書であり、また、建築を専門としない一般読者にもぜひご一読いただきたい著書である。文体は平易で、とても読みやすい。


[『世界の住まいにみる 工匠たちの技と知恵』刊行!]の続きを読む
  1. 2007/11/26(月) 01:25:31|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

10 | 2007/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search