FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

2007シンポ 2日め速報!

20071202050803.jpg

 シンポジウム2日めも午前は快晴。しかし、天気予報では降水確率70%とのことで、まず最初に記念撮影してしまおう、ということになりました(↑)。今日の参加者も20名あまりでして、2日間では29名の参加者があり、計9名のスタッフが裏方を支えました。
 今日は昨日に比べると寒く、予報どおり午後に雨が降ってきていっそう寒くなり、おまけにイロリの炭が切れてしまいました。こんなに寒いのに、エアポートは自分の彼女のためだけにストーブを1個確保するという悪行をはたらき、ひんしゅくを買ったのであります。
 午前の第3セッションは飯塚さん(松江市教育委員会)と川畑さん(守山市教育委員会)の発表。守山市の下之郷遺跡は2度訪れましたが、感銘を受けるほどの印象をもたなかったのですが、パワーポイントをみて「いい遺跡だな」と思いました。鳥大の高田さんから、下之郷の推定「壁立円形平地住居」は平地式の伏屋とみたほうがよいというコメントがあり、わたしもその意見を支持しました。おそらく登呂のタイプの平地住居でしょう。下之郷のロングハウスについては、山陰の長棟建物が桁行方向に長くなったものという漠然としたイメージをもっていたのですが、梁間は1間でその柱間は3.6~3.8メートルであり、高床の可能性を否定できないだろうと思うに至りました。

20071202050814.jpg

20071202051019.jpg

 第4セッションはいよいよ「浅川研究室の復元研究」。先発はケンぼー。まずは、この2ヶ月間苦労して制作してきた1/20模型の現物をみていただきながら説明。その後、パワーポイントでスピーチしました。模型については、指導教員のわたしが言うのもなんですが、なかなかよく出来ている。模型に対する愛着を感じられる作品になってきてますが、これから断面図を2面仕上げて再度作りなおすんです。でも、模型作りが楽しいというんだから、この作業は安心してみていられますね。

20071202050822.jpg
↓智頭枕田遺跡の2本柱住居(縄文後期)
20071202051647.jpg
↓下味野童子山遺跡の松菊里型住居(弥生中期)
20071202051703.jpg

↓倉吉市クズマ遺跡の隅入住居(古墳時代後期)
20071202051715.jpg

[2007シンポ 2日め速報!]の続きを読む
  1. 2007/12/02(日) 05:06:43|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

11 | 2007/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search