FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

無伴奏チェロ組曲1-1

 久しぶりにギターのレッスンをうけてきました。ほぼ1ヶ月前、先生から「バッハのニ短調とニ長調やっといてください」と言われたわたしは、もっているクラシックギターのスコアを全部調べ、さらに1冊バッハ専用の楽譜を買ったんです。
 「ニ長調」のほうが「無伴奏チェロ組曲第1番から プレリュード」であることはすぐわかったんですが、ニ短調のほうはどの曲なんだか分からない。ニ長調のほうはあまりにも有名な曲らしく、どの楽譜集にも含まれているんです。わたしはいけないことと知りながら、タブ譜のついている斉藤松男(編)『クラシックギターのしらべ 情熱のスタンダード編』収録のスコアを選択し、この3週間ばかりずっと練習してました。これが結構難しい。ベース音のクリシェなんか連続したりして、なんで無伴奏チェロの曲にこんなベースの展開があるのだろうか、などと訝しく思いながらも、付属のCDで聞く演奏は他の練習曲を圧して素晴らしく、やる気がどんどん湧いてきて、そこそこ弾けるようになったんですね。ゆっくりでなく、結構なスピードで弾けるようになっていたのです。
 ところが、レッスンが始まったとたん、先生はおっしゃる。
  「あれ、おかしいな、編曲が違うんだな・・・、こういうベースの音は要りません。バッハがね、余計なことするなって言うと思いますよ。」
 えっ、そんなバナナ。で、もう1冊もっていた阿部保夫・阿部恭士(編)『バッハ名曲選集』に目をやられ、
  「こっちのほうがいいですよ、こちらを演りましょう!」
とのご指示。10人中9人はこのスコアでプレリュードを弾くそうです。バッハの原曲により近いから。
 というわけで、3週間練習してきた譜面ではなく、別の譜面でプレリュードに挑むことになってしまい、オタオタするばかり。編曲自体はやや簡単で、弾きやすいと言えばそうなんだけど、タブに頼りきっていたツケがまわってきて、なんか弾いた感じがしなかったな・・・
 そのあと少しカルカッシのエチュード演って、最後にニ短調のほうの指示をうけました。ニ短調もちゃんと『バッハ名曲選集』に入っていたのですが、わたしはその曲が先生のいう「ニ短調」であることをはじめて知りました。

  「クラシックで育ってないですからね、わたしたちは」

と逃げの言い訳。
 まぁ、いいや。バッハは楽しい。やりがいがあります。死ぬまで弾けそう、ハマダバダ、じゃなかった、バッハッハ!

  1. 2007/12/03(月) 03:17:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

11 | 2007/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search