FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ダウン・バイ・ザ・リバー -南粤逍遙(Ⅷ)

20071230224052.jpg

 27日はホテルで朝食をとり、部屋に戻って25日のブログ「中山大学人類学系」を書きました。アップしたら12時すぎ。チェックアウトの時間です。ホテルは珠江の畔にあります。わたしはガイドさんに荷物をあずけ、ひとり珠江を見に行きました。大きな鉄橋の上から川の流れを眺めると、船がほとんど浮かんでいない。
 わたしの記憶では、2000年と2001年の春に連続して広州を訪れていて、そのときは「魚欄」周辺にたくさんのモーター付き板船が停泊していたんです。「魚欄」というのは魚の卸問屋です。板船は家船ではなくて漁船なんですが、長期間の漁にたえるため居住性能を備えている。漁民たちは陸上の市街地に住宅をもってはいるのだけれども、やや大きめのモーター付き板船で眠ることもしばしばあるという。若い漁民がそう語ってました。ほかにも、いろんな船が珠江に浮かんでいましたよ。

20071230224230.jpg

 ところが、写真にみるように、珠江から船は消えてしまっています。一時的に消えてしまったのか、絶対数が減ってしまったのか、よくわからないですがね。今回、桂林の漓江(珠江の支流)、広州の珠江を訪れたんですが、かつてみることのできた「家船」や「筏住居」はもう存在しない、と判断したほうがよさそうですね。ということは、ベトナムのハロン湾やカンボジアのトンレサップ湖でおこなってきたような水上居住の調査研究は、すでに中国では遂行し難いということでしょうね。
 この事実を知ったことは重要です。その一方で、広州の中山大学と華南理工大学、桂林の広西師範大学の先生方と交流できました。みな素晴らしい先生方ばかりでした。こういう先生方となんとか面白いテーマを共有して新しいプロジェクトを進められないものか。まだこれから練っていかなければならないんですが、いま「都市人類学」と「イスラム」というキーワードが漠然と頭に浮かんだり消えたり・・・という毎日です。

20071230224346.jpg

[ダウン・バイ・ザ・リバー -南粤逍遙(Ⅷ)]の続きを読む
  1. 2007/12/30(日) 21:44:10|
  2. 文化史・民族学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

沙湾の町並み -南粤逍遙(Ⅶ)

20071230030010.jpg

 26日の昼前に沙湾に着いた。まずは沙湾文化センターを表敬訪問。Kさんとは旧知の女性専門員に応対していただいた。広州には、町並みを保存して広州らしい風景と文化を残そうとする鎮(町)が10ヶ所あるそうで、沙湾はその代表的なエリアであり、この文化センターが行政的に管轄している。沙湾は町並みだけでなく、言語・文化においても、広州の伝統を強く継承している。Kさんからは地下鉄のなかで、

  「沙湾では北京語が通じませんから。今でも広東語しか使ってません。」

と教えられていた。はたして、文化センターで「標準語を使いましょう。そうすればみんなコミュニケーションできるんですよ!」という貼り紙を発見。

20071230030653.jpg
↑何氏宗廟「留耕堂」(左)と道観「玉虚宮」(中央) ↓留耕堂の小屋組
20071230030717.jpg

 古い街の入口で行商のおばさんたちが野菜や魚を売っていた。そしていきなり「観音頭」の民家を発見。Kさんは、こういう妻壁のデザインを「広東特有」な要素だと聞かされていたそうだが、「観音頭」は「馬頭墻」と並ぶ江南民家の象徴的な妻壁デザインであり、おそらく江南から嶺南へ伝播してきたものだろう。
 沙湾地区で最も多い宗族は何氏。姓が「何(ホー)」の一族である。その何氏の宗廟「留耕堂」(広東省文物保護単位)をまずは訪れた。四合院形式の3進(3ブロック)タイプ。小屋組は華北の抬梁式を広東風に派手にしてもので、挿肘木(さしひじき)を多用している。南方の穿斗式構法でないのは不自然にみえるが、寺廟・宮殿建築では壁付き(あるいは壁内)部分だけ穿斗式にして中間部はすべて抬梁式にするのが一般的だ。ベトナム北部の寺廟の構法と似ていないとは言えないが、決定的に異なるのは登り梁をまったく用いていないこと。ベトナム建築には登り梁の技術がよく残っていて、そこに中国南部の穿斗式構法が重層的に被ってきているのだが、広州や福建の漢族建築には登り梁らしき材が一切存在しない。登り梁を使うのは、おもにタイ系(チワン・トン語族系)の少数民族であり、登り梁の短縮形が大仏様の遊離尾垂木であるとみるわたしの仮説が正しいならば、重源(と陳和卿)はどこでその登り梁をみたのだろうか。宋代の福建には、まだ登り梁が残っていたのだろうか。

20071230031059.jpg

 文化センターのレストランで昼食を食べた。わたしはワンタン麺。なかなか美味しい。ビールも少しだけ飲んだ。ちと酔っぱらったので、文化センターで休ませていただいていたところに、沙湾の郷土史に詳しいご老人があらわれた。いきなり「北京語は話せませんよ」と言われたのだが、某准教授は広東語が母国語であり、Kさんも広州滞在3年あまりで沙湾地区で調査経験もあるから広東語もそこそこ分かるらしい。要するに、わたしだけさっぱり聞き取れないわけで、午後からこのご老人が案内してくださったのだが、わたしは建築の観察に集中した。

20071230031144.jpg


[沙湾の町並み -南粤逍遙(Ⅶ)]の続きを読む
  1. 2007/12/30(日) 02:05:04|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

11 | 2007/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search