FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

湯たんぽ

 昨年10月の引っ越しの際、押し入れの奥から湯たんぽがでてきて、どうしようかと迷ったものだから、

  「これ、捨てちゃおうか?」

と患者に訊いたところ、彼女はぼっとした表情で、

  「もってたら」

と答えた。理由は言わないのだけれど。

 11月に初冠雪があり、あわててストーブをもち出した。アトリエのストーブはファンヒーターではない。古典的な照射型のストーブで、ホィッスル・ケットル(笛吹薬罐)を上にのせる。このエコなお湯で中国茶を楽しんでいる。コップに茶葉を入れて熱湯を注ぐのだ。茶葉をふうふう除けながら茶を啜る。大陸の人はみなこうしてお茶を飲む。1杯めよりも2杯め、3杯めが美味しい。こうした飲み方では、直火で沸騰した100℃のお湯が最適。自動湯わかし器の湯はちと温いでござるよ。
 
 寒い冬の深夜、家に帰ってあかりを灯す。まずアトリエのストーブに火をつけ、笛吹薬罐をのせる。それから、隣の畳部屋(居間兼寝室)の石油ファンヒータのスイッチを押す。スイッチを押すと、気温が表示される。最近、2~5℃ですね。ここから温度がなかなか上がらない。これが木造建築の最大の欠点だとしばしば思う。マンションが羨ましい。夜だと8℃前後までしか上がらないのだから。薄ら寒いけれど、ヒーターの前に陣取り、しばし余暇を過ごす、必ずギターを抱えながらね。
 しばらくすると、アトリエの薬罐が笛を吹き始める。深夜に中国茶は飲みません(眠れなくなるから)。お湯はたっぷり湯たんぽに注ぎ込む。そして、湯たんぽを布団の中へ。ストーブのスイッチがオフになったのを確認してから、ぽかぽか布団に潜り込む。引っ越しでみつかった古い湯たんぽは、見事わたしの日常生活に定着してしまったのである。エコでしょ。さすが環境大の教員だわね、なんていい気になってたら、今年は湯たんぽがブームだって新聞に書いてあるじゃないの。
 たとえば、昨年12月10日のブログに朝日新聞の1面を転載しているのだが、そこに「湯たんぽ・綿入れ 見直そう」という宣伝見出しがみえますね。なんだ、みんな湯たんぽしてるんだ・・・おれひとりのエコじゃないんだ・・・って、ちょっぴり残念だった。

[湯たんぽ]の続きを読む
  1. 2008/01/25(金) 02:17:20|
  2. リサイクル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

12 | 2008/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search