FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ブギス寺院 -ウブド通信(Ⅲ)

ブギス寺院02本院02眺望


 街に喧噪がもどってきた。8日はサカ暦の正月2日である。
 昨日のように、奥のプールに向かおうとすると、ターバンを巻いたルームキーパーの一人が「朝食はあちらですよ」と言って、道のほうを指さした。
 空は晴れていた。朝食後、さっそくタクシーの予約をした。昨日動けなかった分を取り戻さなければならない。タクシーをまる1日キープして、キンタマーニ火山、ブギス寺院、ライステラスを一気にみてまわることにした。
 発車してまもなく、運転手が「どのようにまわりたいのか」訊いてきた。昨日のような天候になっては困るから晴れているうちに火山をみておきたいと主張したのだが、どうやら火山には昼食用のレストランが準備されているようで、運転手はブギスに先に行こうと提案した。

   It's up to you !

と答えたのだが、なにやら嫌な予感がした。

ブギス寺院01仮設祭場01

 今回のバリ視察はもちろん観光ではない。ある「見立て」に挑もうとしてここにやってきた。キンタマーニ火山を大山、ブギス寺院を大山寺、山麓の諸寺を伯耆の社寺や史跡、ライステラスを棚田や段々畑に見立てているのである。それならバリなど訪れなくとも、伯耆の国を彷徨すれば済むことではないか、とだれしも思うだろう。しかし、それではアイデアがふくらまない。バリに居て、名勝旧跡を訪れながら大山と伯耆に想いを馳せるから、凡人のイメージに閃きが加えられるのだ。つい先日のあるヒアリングでも、わたしは大法螺を吹いた。

   鳥取県の中山間地域の里山や農村集落を何にも代え難い「文化的景観」だと
   言って、保護の対象にしようと提案したってつまらない。ハロン湾というアジアの
   世界遺産を相手にしているのだから、そういうグローバルな視野をもって三徳山
   なり大山・隠岐をとらえ、その自然と文化遺産と文化的景観のすべてでもって
   勝負しない限り、世界はおろか、日本の国内予選すら勝ち抜けないだろう。

 読者諸兄には、わたしが何を言いたいのかよく分からないかもしれない。これから2年をかけて、その姿を少しずつお知らせしていくので、楽しみにお待ちいただきたい。

ブギス寺院01仮設祭場02


[ブギス寺院 -ウブド通信(Ⅲ)]の続きを読む
  1. 2008/03/09(日) 20:20:01|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

asa

02 | 2008/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search