FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ウブド通信(エピローグ2)

 デンパサールから関空までの飛行時間は6時間半。日本時間の7時(バリ時間の6時)起床。朝食が配られた。JAL国際線の機内食は、かつてとても悲惨な時期があった。今はずいぶん持ち直している。食後、『アフターダーク』を読み終えた。いつものことだが、「落ち」はない。村上春樹の小説に答えはない。読破したのだから、そこそこおもしろく感じたのだろう。しかし、いつものことながら、なにやら不可解な読後感が残る。その前に読んだ『東京奇譚集』はもう少し分かりやすい短編集で、「落ち」のある作品も含まれていたんだが、『アフターダーク』は結構きつかった。
 関空に着陸したのは午前8時半。出国手続きは順調に進んだ。が、荷物はなかなか出てこない。そのあいだ難波OCATのバスセンターに電話して、鳥取行きのチケットを予約した。梅田発11時の便である。ようやく小型の銀色のスーツケースがでてきた。と思ったら、わたしのスーツケースではなかった。しばらく待って、こんどこそわたしのスーツケースを発見。すでにJAL716便の客はほとんど消えている。
 それからJALの荷物カウンターに行って、アラックとブレムの入ったダンボール箱をうけとった。ガムテープで厳重に固めてあり、それをカッターでほぐしたら、中のビニールバックはぼろぼろになってしまった。
 酒とスーツケースの荷札を交換し、税関も楽にパスした。急ぎリムジンバスの停車場へ。早朝でもあり、梅田行きの便はがらがらだった。梅田まで1時間あまりを要した。梅田に着いてまずは紀伊国屋に寄り、司馬遼太郎の忍者本を3冊買った。わたしのような単細胞には、やはり村上春樹よりも司馬遼太郎があっている。ただ、村上春樹の小説にはジャズの話が突然でてくるので、それを楽しみに待っている自分がいる。いずれまた読みたくなるだろう。
 鳥取行きのバス乗り場は紀伊国屋の対面にある。カウンターで、予約した切符を受け取った。喫茶店で一休みし、携帯の蓋をあけてみると、たくさんの着信履歴が残っている。登録していない電話番号ばかりで、その一つは4回繰り返してコールされていたが、無視することにした。おそらく明日のやっかいな会議のことに違いない。構うのも煩わしい。
 11時5分前、鳥取行きのバスに乗り込んだ。銀色のスーツケースは車体中央下側の荷物収納ボックスに納めたから身軽になった。そこに携帯が鳴った。おそるおそる電話にでた。

   「あのぉ、スーツケース、間違えてらっしゃいませんか?」

 仰天した。運転手に頼んでボックスをあけてもらって確かめたら、たしかに間違っている。大きさも色もそっくりのスーツケースだったが、わたしのそれではないことに気が付いた。折り返し電話した。わたしがもっているスーツケースは、吹田在住のYさんのものだという。わたしのスーツケースは関空の係員が保持している。その係員は電話口でこう言った。

   「間違えたのはそちらさんですからね、宅配料などはご負担ください。」
   「えっ、荷物のタッグを確認したのはお宅の会社でしょ?」
   「いえ、間違えてもっていったのはそちらさんですから・・・」


[ウブド通信(エピローグ2)]の続きを読む
  1. 2008/03/18(火) 00:05:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

02 | 2008/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search