FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

薬研堀慕情(Ⅱ)

紫陽花の散る庭

 七月に入って梅雨もあがり、蝉の声がかまびすしくなってきた。
 舌右衛門は城下の屋敷で、作事方清水多久左右衛門の訪問をうけた。小さな池に臨む書院の縁で、花の散った紫陽花をみつめながら、二人は砂丘西瓜をかじり、語らっていた。西瓜の種は庭にむかってプッと吹き飛ばす。

   「多久左、天球丸の普請のほうは如何じゃ?」
   「はっ、あのように急峻な崖に新たな郭を造成するのは至難の仕事、石工の上月棟梁もご苦労されております。進捗はかばかしいとは申せませぬ。」
   「・・・さようか。岡村の出番もまだ先になるの。」
   「高堂でございますか。あやつは大工町で材の加工に精を出しておりまする。」
   「早く京で学んだ腕をみせてもらいたいものじゃ。」

 そこに電信が鳴った。

   「・・・かっ、髪を染めたと・・・・」

 多久左は笑みを浮かべながら、しばらくして「鮎殿でございますか」と訊ねた。

   「なぜ分かる?」
   「伸太がそのような話をしておりました。」
   「あやつ、忍びの者とも思えんほど口が軽いのう。解雇するか」

 ごほん、という音が縁の欅板をかすかにふるわせた。

   「このまえ、高堂、伸太とともに蛍で飲んだのですが、そのとき伸太が話題に出したのでございます。」
   「あの居酒屋は安くて美味いからの。それにしても、口が軽いわ、あの下忍・・・」
   「じつは、ひさもそのとき同席しておりました」
   「そう言えば、ひさ殿は蛍の大蒜の唐揚げが好物じゃったのぉ」
   「豚肉と白菜の酒蒸しも好物にございます」
   「ひさ殿は息災か?」
   「はい、元気にしております。が、口喧嘩が絶えませぬ」
   「はは、仲のよい証拠じゃ。いったい何の喧嘩じゃ?」
   「殿は倭文の奥様とは喧嘩なさいませぬか?」

 舌右衛門の本宅は城下郊外の倭文にあった。倭文に住んでも良いのだが、歩けば城まで一刻もかかるので、城下に別宅を設けていた。

   「仲はよいぞ。ただし、あれには病いの気があっての、心配しておる。」
   「さようでございますか。」
   「倭文にはよくお帰りになるのですか?」
   「十日に一度というところかな」
   「奥様は我儘ではございませぬか?」
   「我儘なのはわしじゃ。あれは辛抱強い。ひさは我儘か?」
   「・・・でないとは申せません」
   「おまえがやさしすぎるのではないか?」
   「男と女は難しうございますれば」
   「分かったようなことを申すでない」

  [薬研堀慕情(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2008/03/30(日) 20:00:36|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

02 | 2008/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search