FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

安土城見寺再建学生コンペ(Ⅱ)

三人衆04説明会

  安土城は国の特別史跡である。特別史跡内に建物を「復元」するのは、われらが平城宮跡の先例にみるように恐るべきことであり、容易におこなわれるべきものであるはずがない。いくら住持の意向が「復元」に向かっているとしても、国が血税をもって史跡を維持管理しているからには、住持の思い通りになるはずもなく、ましてや国際的な遺跡整備のクライテリアに照らすならば、証拠が十分でない復元は決して容認されないのである。だから、腰がひけた。そもそも、地元の鳥取城にさえあまり近寄らぬようにしているのは、市民および市長の「復元熱」が強いからであり、大極殿の復元から逃走してきたわたしとしては、鳥取城の「調査」は指導しても、「復元」は決して指導しない、というスタンスを7年間貫いてきている。
 見寺の復元に関わるのかどうか、まだ分からない。しかし、とりあえず車2台を出して5名で説明会に駆けつけた。それはなにより「友情」のためだった。おかげで美味い酒が飲めた。楽しい会話もできた。学生たちには悪いが、わたしのいちばんの目的はそこにあったのだ。もちろん学生たちをどう動かすか、について考えていないわけではない。新聞社の取材に対しては、こう答えた。

    「学生が自主的にやりたいというなら、やってもらうが、決して強制はしない。
    コンペが義務になっては何の意味もないから。」

 そして、学生たちには、こう言っている。

    「これはゲームだ。絵図が残っているのだから、おおよその復元はどのチーム
    も似たりよったりになるだろう。しかし、復元のガチンコ勝負となれば、絶対的に
    優位にたっているチームもいる。はっきり言って、うちは有利な立場にない。
    しかし、かりにガチンコ勝負して勝ったとしても、建物が建つわけでもない。
    それほど、特別史跡内の復元事業は甘いものでない。ならば、遊ぶしかない
    ではないか。どのように遊ぶかは、おいおい決めればよい。」

三人衆01
↑↓帽子の有無に注目!
三人衆03懇親会


[安土城見寺再建学生コンペ(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2008/03/31(月) 15:00:06|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

安土城見寺再建学生コンペ(Ⅰ)

そう見寺01本堂跡02全景


 桜のつぼみが徐々に色濃くなり、春の足音が一歩一歩近づいて来るのを感じる。別れの三月、始まりの四月。チャック、けんボー、トマトさんやハルさんが卒業して一週間、新生ASALABが徐々に動き始めた。ついに我われ5期生が舵取り役となる。先輩方の握っていた舵は大きく重たい。しかしながら1期生から今まで培われた航路と残された財産は、我われに更なる向上と冒険心を掻き立たせる。
29日、ASALABは新しい航海に出た。

P1160827.jpg


  「それは建造物が被りうる最も完璧な破壊……壊れた物の誤った説明を伴う破壊である。」

 ジョン・ラスキン『建築の七灯』の一文が頭の中を駆けめぐった。ここでいう「それ」とは「復原」 のことである。昨年後期の「建築の保存と修復」講義で、K.E.ラールセン『Architectural Preservation In Japan』(1994)を通して日本建築の保存修復について学ぶなか、このラスキンの言葉を耳にした。遺跡や建造物の「復原」など、おこなうべきものではない、というのがラスキンの主張であり、その考え方は「ベニス憲章」(1964)として結実し、世界的な文化遺産保護のスタンダードになっている。

そう見寺01本堂跡01説明01

 今年度初の研究室活動の切り出しとなったのは『見寺再建学生コンペ』のための事前説明会への参加である。昨日29日に現地説明会があり、近江に向け車を走らせた。

 「見寺」は、安土城内にある臨済宗妙心寺派の寺院である。天正年間の安土城築城に伴い、織田信長は甲賀など近郷から堂塔などを移築して、見寺を創建した。150余年前に本堂と付属の庫裡や書院が焼失してしまい、現在はそれらの基壇と礎石、および仁王門と三重塔のみが残る。仁王門および三重塔は中世和様に則り、禅宗様の要素は仁王門の拳鼻を例外としてみうけられない。また、5間四方の本堂も、礎石配列をみる限り、禅宗様の仏殿ではなく、天台系の内陣・礼堂造りに復原できよう。そもそも臨済宗ならば、境内の主要堂宇は「仏殿」と呼ぶはずだが、見寺では「本堂」と呼んでいる。ところが、驚いたことに、近江名所図絵をみると、その本堂は「法堂(はっとう)」のような2階建に描かれていて、内側に2名の人物(あるいは木偶)が描かれている。天台系の山寺を移築し、本堂のみは法堂風に造り替えたということであろうか。

近江名所図絵01
↑↓近江名所図絵
近江名所図絵02部分01

近江名所図絵03解説


[安土城見寺再建学生コンペ(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2008/03/31(月) 00:38:22|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

02 | 2008/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search