FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

薬研堀慕情(ⅩⅠ)

ビフォー・アイ・ワズ・ボーン

 サラの部屋で、好物の白い発砲性ワインを飲みながら、ふたりはよく話をした。中国語が7割、英語が3割の、途切れとぎれの会話ではあったが、日増しに意思の疎通はよくなっていく。

   「どうして、こんなところで遊女をしているの?」
   「どこの国の男も同じことを訊くのね、もううんざり。なぜ知りたいの?」
   「まぁ、訊いておいてもよいかな、と思ったぐらいさ」
   「その程度の理由なら、あまり話したくないわね。だって、話し始めると、とても長くなるのよ。いろんなことがあって、複雑にこんがらがっていて、わたしの語学力ではきちんとした説明はできないわ、残念ながら。ただひとつ言えることはね、いまこうして生きているだけマシだってこと」
   「それなら、話題を変えよう。いまヨーロッパでいちばん強い国といったら、どの国なのかな?」
   「いちばん強いって、どういう意味?」
   「軍事的にさ。戦争したら、どこが強いっていう意味だよ」
   「そりゃ、わたしの国でしょうね?」
   「イギリスかい?」
   「そう」
   「どの国の人も、自分の国がいちばん強いと思っているんじゃないかい?」
   「そうかなぁ・・・、オランダはオランダのほうが強いって思ってるのかな、やっぱり」
   「日本人はみな、イスパニアが強国だと信じているんだよ」
   「イスパニアって、スペインのこと?」
   「スペインはもう落ち目ね」
   「いつごろから落ち目なの?」

 サラは話をさえぎった。どうやら話題に退屈しているらしい。

   「ねぇ、葉巻を吸わない? マスターがハバナ産の上等な葉巻を用意してくれてるのよ」

 サラはまるい缶から太い葉巻を1本取り出し、口にくわえて火を点け、口紅のついた葉巻の吸い口をそっと舌右衛門の唇におしあてた。舌右衛門はしばらく煙をくゆらせていたが、葉巻をいったんサラにかえすと、同じ質問を繰り返した。

   「だからさ、スペインが没落したのはいつごろからなんだい?」

 サラは葉巻の煙をふっと吹き出しながら、

   「ビフォー・アイ・ワズ・ボーン」

 と答えた。
  舌右衛門は眼を見開き、「ハウ・オールド・アー・ユー?」と問う。サラは、女性に年齢を訊くなんて失礼よ、という顔をしながら、
  
   「21」  

と素っ気なく答えた。

[薬研堀慕情(ⅩⅠ)]の続きを読む
  1. 2008/04/10(木) 00:19:12|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2008/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search