FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

薬研堀慕情(ⅩⅡ)

古本漁り

 イスパニアの大艦隊がアルマダの海戦でエゲレス軍に大敗して壊滅したというサラの話を聞いて、舌右衛門は大きな衝撃をうけた。しかし、それはサラの生前の出来事であり、どこまで史実に近いのかは分からない。また、かりにアルマダでイスパニア艦隊が壊滅していたとしても、それから20年以上の歳月が流れているわけだから、イスパニアの軍事力が回復している可能性も十分あるだろう。
 これから先は又聞きでは駄目だと、舌右衛門は判断した。より客観的で確実な証拠を探し求める必要がある。とりあえずは古本屋を中心に書店をくまなく探索することに決めた。この本屋めぐりには、メイドの小李とミレットにも同行してもらうことにした。利蔵と伸太はマカオの街の地理には明るくなってきたけれども、もちろん語学はさっぱりできない。小李の漢語とミレットのポルトガル語は資料探しの有力な武器になる。資金は潤沢にあるのだから、本を細かく選び分ける必要などない。とりあえず、「キーワードはArmadaだ」と全員に示しはしたが、そのキーワードがみあたらなくても、関係ありそうな資料は欧文であろうと、中文であろうと、手当たり次第購入するよう指示した。買いためた本の運び屋として、利蔵と伸太はよく機能した。
 その一方で、舌右衛門は王賢尚を通じて、マカオの公立図書館と公文書館での資料閲覧の要望書を当局に提出していたのだが、予想どおり、公文書館への立ち入りは認められなかった。ただ、役人への鼻薬が効いたのか、図書館での閲覧については許可がおりた。図書館にも小李とミレットが同行し、舌右衛門を加えた3人で関係ありそうな文献を筆写していった。

 夕食後、二組に分かれて資料を整理した。読める文献は日本語訳し、ノートにペン書きしていく。舌右衛門の部屋では舌右衛門とミレットが欧文の資料を整理し、利蔵の部屋では利蔵と伸太と小李が中文の文献を整理した。ただし、伸太はしばしばひとりで夜遊びにでかけるようになった。小李はとぼけたコメディアンのような伸太をおもしろい男だとは思っていた。しかし、伸太と利蔵のどちらかを選ぶとなると利蔵がタイプらしく、利蔵と小李は次第に仲睦まじくなっていった。
 伸太にしてみれば、3人で利蔵の部屋にいても「居場所がない」という疎外感を覚えるだけ。ならば、夜遊びにでるしかない。舌右衛門もそれを咎めはしなかった。


[薬研堀慕情(ⅩⅡ)]の続きを読む
  1. 2008/04/13(日) 00:30:46|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2008/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search