FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

Masa@モダンタイムズ(Ⅳ)

 10分ばかり休憩があり、ダグ・スミスにバトンタッチ。身長192㎝の長身、ブロンド・ヘアーの長髪。インテリジェンスな眼鏡。爽やかを絵に描いたようなジェントルマンで、この方も、わたしと同い年でした。前にも紹介したように、2006年の全米フィンガー・ピッキング・チャンピオンです。サム・ピックを使うギタリスト。ユー・チューブでみたイメージそのままのギタリストでしたね。左手と右手を両方使うタッピングも2曲やりましたが、マサさんほど派手ではありません。非常にオーソドックスなギタリストで、たぶんクラシック・ギターの影響を受けており、バッハやシューベルトをアレンジして聞かせてくれました。
 印象に残ったのはメドレーかな。1回めは「グリーン・スリーヴス~テイク・ファイブ」、2回めは「アベ・マリア~好きにならずにいられない」。前者は「グリーン・スリーブス」をまずオーソドックスな4拍子で弾き、変則的な5拍子の「テイク・ファイブ」に移行、そのままアップテンポの5拍子で「グリーン・スリーブス」に戻るメドレー。後者は、シューベルトの「アベ・マリア」を教会音楽らしいスローバラードで弾き、そのアルペジオスタイルのままプレスリーの「好きにならずにいられない」に移行するメドレー。二つの曲がとてもよく似ているのに聴衆は驚きました。ただ、和声にもうひと工夫欲しいところですね・・・

モダンタイムス01タイムス01

 ダグ・スミスはボーカルも披露した。カントリー・フォークの楽しい唄で、フィンガーピッキングの伴奏付きだったから、ジェイムズ・テイラーの『ワン・マン・バンド』を思い起こしたんですが、当たり前のことだけれども、ダグ・スミスはジェイムズ・テイラーではなかった。カーネギー・ホールを満席にするジェイムスとモダンタイムスというバーで40人の客を相手に歌うダグの違いは何なのか。その場にいれば、両者の違いは、あまりにも歴然としている。文字で表現しよう思えばできないことはもちろんないが、やめておこう。
 ダグ・スミスのギターはマサさんほど大きく拡声されてはいなかった。アコースティック・ギター本来の音に比較的近い。しかし、それは魂を癒してくれるような音では決してなかった。ヨークの「レッティン・ゴー」との距離はあまりにも遠い。
 なぜ、アコースティック・ギタリストは生ギターの音を大切にしないのだろうか、とまたしても思い、CDを売りにきていたプー横丁のマスターに訊ねてみたところ、

   「アレックス・デ・グラッシが200~300人の会場で完全にアンプラグドの演奏をしています」

と教えてくださった。アレックス・デ・グラッシのCDは1枚ももっていない。たぶん ウインダム・ヒルのオムニバスで1~2曲聞いた程度だろう。上のライブCDを買おうかどうか・・・たぶん買わないだろうな。

エンパイア・ビル


[Masa@モダンタイムズ(Ⅳ)]の続きを読む
  1. 2008/04/26(土) 00:00:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2008/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search