FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

世界遺産悲喜こもごも

 昨夏のハロン湾調査で特別顧問を務めたひらちゃんから6月末にメールが入った。ハロン湾調査のデータ整理が進んでいないことを謝罪しつつ、まもなくカナダのケベックで開催される世界遺産会議に出発するとの連絡である。さすが8年間、虎ノ門と霞ヶ関で高級官僚生活を送っていただけのことはあるね。ケベックでの会議は、事実上、世界遺産の当落を決する場なのだから、かれにはがんばってもらわなければならない。
 あれから2週間ばかり時間が流れた。そして、今日の昼ころ、ハロン湾調査の副隊長を務めた同僚から携帯に短いメールが届いた。

    「ペナン・マラッカ 世界文化遺産登録となりました。めでたし」

とある。かれはマレーシア出身で、2002年の夏休みに、わたしを連れてマレーシア各地を案内してくれた。もちろんペナンとマラッカも訪れた。植民地都市の世界遺産登録をめざしている、という話をそのとき聞いた記憶もある。それが実現したのだから、ほんとうにおめでたいことだ。

 しかし、その瞬間、わたしは平泉のことが頭に浮かんだ。短いメッセージながら、ペナンとマラッカのことしか書いてないということは、平泉は「落選」したのではないか。そう直感したのである。

 猛暑の梅雨は峠を越していた。久しぶりのさわやかな空気のなかを、ビアンキは爽快に走り抜けていく。そして、大学でネットにアクセスし、直感が現実であることを知った。
 いまから8年前まで、わたしは毎年なんども岩手県に足を運んでいた。一戸町の御所野遺跡(縄文中期)の復元整備のためである。御所野の委員会で、県教委の幹部と顔をあわせた。かれらは「平泉の世界文化遺産登録」をよく話題にあげた。わたしは訊ねたものだ。

     「何をテーマにしているのですか」

と。 県の担当者(すでに故人となっている)は即答した。

     「浄土伽藍・浄土庭園です」

 わたしは、(えっ)という顔をして、こう反応した。

     「浄土伽藍・浄土庭園の本場は京都でしょ・・・?」

 平泉に「登録延期勧告」が通達されたとき、だれもが昨年の石見銀山を思い起こしたはずだ。石見銀山の延長逆転満塁サヨナラホームランに国民一同狂喜したことをだれも忘れていないだろう。しかし、柳の下に2匹めの泥鰌はいなかった。

[世界遺産悲喜こもごも]の続きを読む
  1. 2008/07/10(木) 00:42:19|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

06 | 2008/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search