FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

神保町インターンシップ(Ⅰ)

 わたくし、狩人は8月4日からインターンシップで東京の文化財保存計画協会に来ております。Mr.エアポートさんと一緒のインターンシップです。2日の夜バスに乗って鳥取を出発し、3日の朝に東京に着きました。以後、私たちは南千住のホテルに滞在しています。ホテルマンのお話によりますと、バブル時代の建設ラッシュによって上京していた労働者の方がたの宿場町だったところらしいです。たしかに周りには同じようなホテルが多く、飲み屋街もあります。東京というイメージとは違い、ガラッとしていて、鳥取の銀座商店街のような趣きがあります。

 バブル時代の町のその後はどうなったのかって?
 正直、少し怖く感じています。ただこの宿にした理由は、一泊の値段が3000円以下で激安だったからです。このあたりの宿を利用する人は、国内外から来た観光客や長期主張の人などで、宿にも町にも外国の方が多いです。ともかく安く泊まれるので観光、買い物等にお金をかけられるわけです。宿泊だけが目的の人にはお勧めです。以下、これまでの活動記録です。

8月4日(月)~5日(火)  インターンシップ開始
 文化財保存計画協会は神保町の岩波書店ビル13階にオフィスを置いています。県庁や市役所のようなオフィスをイメージしていたのですが、実際には「研究室」のような雰囲気でして、とても和みやすい場所だと感じ入りました。
 今回わたしたちは、某温泉旅館の復元にあたっての1/10の構造模型作り、民家の実測調査と取りまとめをしていくということで、建造物第1室の部署のみなさまにお世話になることになりました。今週ははじめの3日間、模型作りをさせていただくことになりました。
 初日(4日)は、作成に必要な模型材料をリストアップし、購入。しかし、思ったよりも、リスト作りに時間がかかり、模型を作りはじめるころには午後3時ごろになっていました。そこから頑張って、なんとか敷地模型の制作を終えました。そうそう、昼休憩には研究室のOBチャックさんとご飯に行き、いろいろと会社の話を聞き、また積もる話をしました。
 2日目(5日)は模型制作の続きをしました。社内のみなさんに結構誉めていただき、本当にうれしかったです。エアポートさんも一緒なので順調に進んでおります。2日めのお昼には、担当部署の方に食事を誘っていただき、このあたりの大学の話、安土城・見寺の話、会社のことなどいろいろと教えてくださいました。勤務時間が終わると、会社の皆さんが歓迎会を開いていただきました。仕事の話以外にも、政治、ゴルフ、大晦日のテレなど多ジャンルの話で盛り上がっていました。この歓迎会の雰囲気もどこかゼミの打ち上げに近いものを感じるような気がしました。(狩人)



  1. 2008/08/06(水) 10:41:14|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

風鈴(Ⅱ)

風鈴01仮吊り01横

 いましがた、佐治の実家に風鈴を届けてきた。
 近江の旅でみつけたのである。彦根に「京橋夢キャッスル・ロード」という商店街があり、そこの蝋燭屋さんで売っていた。キャッスル・ロードは「お城通り」ということで、たぶん昔の大手ではないかと思えるのだが、ただそれはイメージだけで、実際は間違っているかもしれない。しかし、「大手」だと思わせる道幅と町並みを誇示している。ただし、文化財に関わる者ならば、この商店街の道幅と町並みが城下町時代のものではないことはひと目で見抜ける。だれがどうみても、これは「作られた城下の町並み」だ。たしか、国交省系の町並み整備でおこなわれた復元もどきの開発で、文化庁の建造物関係者は激怒したとか、しないとか・・・
 中国雲南の麗江(世界文化遺産)ほど悲惨ではないが、木造の歴史的建造物はどこに行ってしまったの、と少しく悲しい気分になることはなる。しかし、やはり麗江と同じように、この城下まがいの商店街は客足で賑わっている。すでに、間違いなく、彦根の「顔」ではないか。

夢京橋キャッスルロード
夢京橋キャッスルロードの町家
 お茶したお店のご主人によると、キャッスル・ロードにはさらに2店、風鈴を売る店があるというが、この商店街では火曜日を定休日とするお店が多く、他の2店は閉まっていた。だから、蝋燭屋さんで風鈴を買った。値は安くないだけあって、良い音がする。この差はなんだろう。鳥取という山陰の田舎町では、すでに土曜夜市にでても風鈴が買えないのである。風鈴を売らない理由を、店主は「空調が普及したから」と説いた。それが彦根では、あっさり買えてしまう。

 風流の意識の差とでもいうべきか。山陰という、日本のなかでは夏に比較的涼しい地にありながら、空調に頼り、風鈴を捨ててしまった人たちと、琵琶湖のほとりにあって、なお風鈴の音を楽しもうとする人たち。ふと、京都ではどうなのだろう、と思った。あの死ぬほど暑い京の町衆は、すでに風鈴を捨ててしまったのかどうか。坪庭に接する縁に、あれほど似合う夏の風物もないだろう。
 そういえば、「風鈴」のブログ記事を読んで、「風鈴なら百均にありますよ、たしか200円でした」と教えてくれた鳥取人がいた。・・・無粋の極みではありませんかね。

 佐治の家では、まず室内の鴨居に風鈴を仮吊りした。いい雰囲気だ。しかし、鐘の音は聞こえない。そこで、ばぁちゃんは扇風機をまわした。いい音がする。外は暗くなっていたが、そのあと軒先に風鈴を吊した。
 佐治では、清涼な風鈴の音が聞こえる。

風鈴03複合


  1. 2008/08/06(水) 00:00:43|
  2. 環境|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2008/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search