FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

小鹿渓の風景と集落

三朝町の限界集落を訪ねて

 8月5日(火)。晴れ時々くもり、午前11時半、教授宅集合。まもなく、3台の車に分乗し、わたしたちは三朝に向かった。メンバーは教授のほか、某准教授、某助教、ホカノさん、ノビタさん、部長さん、黒帯くん、ガードくん、Mくん、そして私ヒラです。・・・意外に大人数。
 12時半、三朝町役場到着。まもなく、県教委のハマダバダ1号さんがあらわれました。まずは、役場のロビーで資料をいただき、本日訪れる小鹿渓地域の概要をハマダバダさんからご説明いただいた。そして、小鹿渓のいちばん奥に位置する集落「中津」へ出発。
 最初のチェックポイントは「神倉(かんのくら)」。倉は「坐(くら)」という意味を持っているそうで、集落の平面にそそりたつ冠巌(かんむりいわ)が神が降臨し坐す場所だというのが地名の意味だろう、といわれています。
 次のチェックポイントは「丹戸」集落。ここは名勝に指定されている「小鹿渓」の入口にある集落です。鉄板に覆われていますが、茅葺き民家が数棟残っています。冬には2mも雪が積もるそうで、豪雪地帯であるからでしょうか、軒を高くしています。厳密にいうと、小壁を長くとって軒を高くしているのです。民家の戸数は多くはありませんが、あちこちで作業風景がみられ、この集落が持つ生活感が伝わってきました。

20080806025059.jpg
 そして目的地、「中津」集落に到着。ここは平家の落人集落だとの伝承があり、実際、「安徳天皇陵」(←)があるのには驚きました。ちなみに近くの俵原という集落は源氏の集落だとの伝説もあり、中津と俵原では婚姻を禁じてきたそうです。ハマダバダさんのお話によると、中津は昭和30年に34世帯、人口172人という記録が残っており、平成2年に9世帯、人口21人まで減ってしまったようですが、現在ではさらに過疎が進み、おそらく5・6世帯のみとのことです。「65歳以上の人口が過半数を占める」という定義に従うならば、中津は典型的な「限界集落」とみなせるでしょう。集落では、トタンと茅がパッチワーク状態になった屋根の民家もあれば、骨組を露出させた民家、崩壊したも民家などがあり、さらにはすでに民家は消えて雑草が生い茂る旧宅地がひろい範囲にひろがっています。

  「住むことこそが家の一番の保存方法。」

ふとそんな言葉を思い出しました。
 さて、集落をぞろぞろと散策し、最後に三朝から来ていた小学生たちのキャンプ地(旧小学校分校グラウンド)の脇道の草をかき分けて入ったところで木製の鳥居を発見しました。奥に拝殿がみえます。正面からみる風情はなかなかのものでした。そこで、ガードくんが鈴をガラガラと鳴らしてなにやらお祈りしたりして・・・

・・・ところが、裏へまわってビックリ。ほ、本殿はいずこ?!
なっ、なんと拝殿の裏には、本殿の礎石 の・み ありました。ご本殿はどこに行ってしまったのでしょうか??

中津写真【左:冠巌、右上:パッチワーク屋根、右下:消えた本殿】

 教授は、これまで本殿のなくなった神社をみたことがない、と驚嘆されていました。集落の人びとにとって、神社の本殿は心のよりどころですから、それがない、ということの意味は計り知れないでしょうね。この一ヶ所の風景がなにもかもを凝縮させているようにみえたのは、わたしだけでしょうか。(ヒラ)


[小鹿渓の風景と集落]の続きを読む
  1. 2008/08/07(木) 00:15:25|
  2. 環境|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2008/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search