FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

雑魚釣りの快楽(Ⅴ)

川

 お待たせしました。全国25万人を超えたザコツリストのみなさん、大好きな8月になり、いつもの川辺に戻ってきましたよ。
 今年は梅雨のあがりが早かったからか、川の水量が少なくて、水温がたぶん上がっており、岸辺のすぐ近くでクロカワムシがたくさん獲れた。いつもは餌集めで結構苦労するのだが、この日は浅瀬で石をめくれば必ず川虫の巣があり、すぐに20匹ばかりの餌が集まった。
 そうそう、そういえば、もうひとつ優れものをゲットした。ビーチサンダルがみあたらないので、旧国道53号線の「リーバー」で買おうとしたのだが、そこでサンダルの横に「ビーチシューズ」なる商品を発見。これは川釣りには最適ですね。これまで何足、ビーサンを川に流したことか。ビーチシューズは川底の石にも滑らないし、水にも流されない。余分にもう1足買っておいてもよかったぐらいだな。
 この日は、ときどき雷はなったが夕立はなし。午後3時から6時過ぎまで、川風に吹かれながら、極楽の時間を過ごしましたね。近くの岸辺で子ども連れの若夫婦がいて、奥さんのほうが声をかけてきた。お馴染みの問いかけである。

   「なに釣ってるんですか?」
   「雑魚ですよ、ハエとか、ウグイとか」
   「アユじゃないんですか?」
   「アユを釣るとね、遊漁料8,000円とられますからね」
   「アユ釣りと他の釣りで区別はつくんですか」
   「アユは餌では釣れないんですよ。こういう餌の流し釣りでは、
   アユは釣れません」

 彼女は千葉の出身で、「お嫁さんになってこちらに来たんです」という。小さなお子さんを二人釣れていて、途中から旦那さんも会話に加わった。

   「釣りデビューしたいんですよ」

と、その若夫婦は言う。もちろん、雑魚釣りを薦めたりはしない。

ビーチシューズ 道具 さかな

 わたしは「釣り」という遊びにこだわっているわけではない。ハエが釣りたいわけでもなく、ハエが食べたいわけでもない。ただ、子どものころ、夏になると毎日川遊びをしていた、その世界に一年に1度か2度戻りたいだけなのだ。そこに戻ると、懐かしい風景に包まれるだけでなく、夏の猛暑からものがれられる。大袈裟だと思われるだろうが、ふと、母の胎内に戻っていくような錯覚をおぼえる。わたしは、この、年に一度か二度の川釣りのために故郷に戻ってきたのではないか、と思うことすらある。
 おもしろいことに、兵庫にいる兄が同じことを言うのだ。定年よりも早く職場を辞めて故郷に戻り、民家を買ってリフォームし、川釣りをして暮らすんだ、と。わたしは、いつでも「辞めとけ」と兄を諭す。故郷は遠きにありて思うもので、実際はそんなに良いところじゃない、必ず幻滅するから、と。この日、釣りを終えて、兄の家に寄った。一時退院していた母を見舞うためだ。兄に釣った雑魚をみせて、「要らない?」と訊いたら、「要らない」と言われた。兄もハエが食べたいわけではないのだ。
 深夜、奈良に戻り、フライにして食べた。この日の収穫は、シラハエ4尾、チンカー4尾、ウグイ1尾、アブラハエ16尾だったのだが、俎板に並べたところ、チンカーが1尾消えていた。小さいチンカーだったので網の目をくぐって逃げたのだろう。チンカーというのはドッカーの小さいやつでしてね、因幡以外の人にはわからんでしょうが、よそではゴリというのかな? ともかく、ハゼの仲間だからなかなか美味いんです。
 夫婦でフライをつまんでいたところ、デブがあらわれた。大きなアブラハエを1尾やったらよく食べた。そして、すぐに寝てしまった。

美代子とデブ デブ01さかな デブ02寝る



  1. 2008/08/13(水) 00:01:50|
  2. 環境|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

asa

07 | 2008/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search