FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第1回「限界集落」アンソロポロジー

 10月2日(木)からプロジェクト研究2&4(1・2年演習)がはじまりました。前期のプロジェクト研究1&3は、1・2年ともに人間形成科目ですから、共通のテーマ(今年度は「魔法の山」)で良かったのですが、後期は1年のP2が人間形成科目(3学科合同)、2年のP4が専門科目(環境デザイン学科のみ)なので、テーマは別々に設定しなければなりません。昨年の「歩け、あるけ、アルケオロジー」もじつは1年のテーマで、2年は別のテーマだったのです。
 今年は、以下のような二つのテーマを設定しました。

   P2: 「限界集落」アンソロポロジー
   P4: 「建築と都市の歴史」応用編

 P2は環境政策学科4名、P4は環境デザイン学科4名の編成です。本日はガイダンスのみなので、学生諸君のブログへの投稿は来週から。今回は、シラバス掲載の授業概要を転載しておきます。

P2: 「限界集落」アンソロポロジー
 「限界集落」とは「集落人口の50%以上を65歳以上の高齢者が構成する集落」と定義されています。2006年の調査によると、全国で 7,878もの限界集落が存在し、そのうち423の集落が今後10年以内に廃村化する恐れがあると言われています。鳥取県は全国有数の過疎地であり、中山間地域を中心に過疎と高齢化が進んでいます。県内にどれだけ「限界集落」が存在するのか、その実数は把握できていませんが、相当数の集落が「限界集落」化しつつあるのは間違いありません。鳥取にとって、過疎はなにより重要な社会問題です。その一方で、山間地域の限界集落には豊かな自然環境や文化的景観(里山、民家など)が残っており、訪問者の心をいやしてくれます。それは都会で失われた日本の原風景と言えるものです。
 このプロジェクトでは、「限界集落」の暮らしや環境を現地での体験に基づいて学ぼうとするものです。場合によっては、ムラの民家に合宿するかもしれません。清流の水で米を炊き、イロリで魚を焼いたりして、限界集落の生活を肌で感じながら、その再生のあり方をみんなで考えてみませんか。
 ちなみに、アンソロポロジーとは「人類学」という意味です。

P4: 「建築と都市の歴史」応用編
 前期の必修授業「建築と都市の歴史」、お疲れさまでした。みなさん、とても熱心に受講してくれました。期末試験の平均点もほぼ70点に達し、教師として嬉しく思っています。後期のプロジェクト研究4は「建築と都市の歴史」の応用編です。前期はただ授業を聞きレポートを書くだけでしたが、後期は大学の近くにある名建築・町並み・名勝庭園・城跡などを実際に見学しながら、日本建築・都市・庭園の理解を深めようと思います。また、簡単な木造建築の模型(1/20)を制作し、日本の木造建築構造の基礎を学びましょう。いずれも、頭だけでなく、身体を通して建築の理解を深めようというレッスン(演習)です。「建築と都市の歴史」講義に興味を抱いた学生諸君は、ぜひとも、このプロジェクトに参加してください。

チェスト!!

[第1回「限界集落」アンソロポロジー]の続きを読む
  1. 2008/10/02(木) 23:35:51|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2008/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search